+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


ついに魔王ブルーレイ化

放送から5年。
ついに、というかやっと?ブルーレイ発売が決定したようですね。

大野さんの主演作品のDVD・Blu-rayの中では、
特典映像のボリュームが一番多いので、もしレンタルでしかご覧になってない方には、オススメの逸品です!

【amazon】
魔王 Blu-ray BOX
発売予定日:2013年7月12日

【楽天ブックス】

【セブンネットショッピング】
スポンサーサイト


魔王 写真館

川崎市高津区役所の写真パネル展と、古いですが、この夏の赤坂サカスに設置されていた「赤い部屋」の画像です。

台本はクリックで拡大していただくと、かろうじて文字が読めると思います。
撮影風景は、拡大してよく見ると、左側に領様の後姿が。




続きはこちら >>


魔王 千秋楽

今さらですか、大野さんのラジオ、9月22日オンエア分です。
録音を消去してしまうので、気になる話題は文字に残しておこうと思います。
ドラマ「流星の絆」の話題から。





主演は我らが二宮和也です。
そしてなんと、ドラマの主題歌を僕ら嵐が歌うことが決定いたしました!!

(その前のドラマが)魔王ですよ。
お疲れ様でした!ってことでね、終わりましたけどもね。
いやぁ~ほんとに。三ヵ月半ですか。

突っ走りましたねぇ、いろんなことを。
24時間テレビとか、ライブとか重ねつつ、いろいろやりながらドラマ出演。

まぁ~、でもほんっとにね、人生で一番忙しかったですね。んふふ。
初めてでしたね、あんなに忙しかったのは。
なんとかね、終わりましてね、最終回も。
その時間10時、ちゃんと見れまして。
なんかわかんないけど、泣いてしまいましてね、わたくし。

内容とかよりも、なんかもう、なんだろう、3ヵ月半の集大成みたいな感じで、
「お疲れっ」って感じで泣いてました。
っていうか僕だけ たぶん違う涙だろうと思いますけどね。ええ。

でもこれから毎週金曜10時は、ニノの顔が見れますので、みなさん楽しみにしていてください!

以上、大野智でした。







泣いちゃったそうですよ。舞台千秋楽の時のような、達成感の涙でしょうか。

撮影はクランクアップしても、その後に編集があって、オンエアされて初めて作品として成り立つわけですしね。
最終回オンエア日には、番宣という大事なお仕事もあるし。

そうそう、その番宣の中で、大野さんのクランクアップの様子も見れました。
プロデューサーさん?にハグされながら、頭をなでなでされてました。
今年28歳、チェホンマンと同い年、ロナウジーニョが一個上。
愛されてますねo(^-^)o
しおりちゃんもわざわざ駆けつけてくれて!
しおりちゃんとのハグは、おにいちゃんらしく、とってもスマートにリードしてました。

話、それましたが、オンエアを見て実感したんでしょうね。

そして斗真くんに
「ありがとう」
「あなたでよかった」
 
…なんですね。




魔王に出逢えてよかった!視聴者も含めて、みんながそう思える作品でよかった!

ではでは、間もなく成田から台北に向けて飛び立ちます。
大野さんのソロ曲は変えてくるのかな、どうかな。
楽しんで来ますo(^∇^o)(o^∇^)o


魔王 最終話

ついに最終回を迎えてしまいました。

前半、一気に芹沢家が崩壊へ。
救いは、家族がお互いを思いあう愛情を再確認できたこと。それが余計に悲しくもあるけれど。
私はやはり芹沢父を責めることはできない。
11年前の事件、政治家でもあり実業家としてトップに立つ父が、息子を守る最善策として「正当防衛によって無罪」を打ち立てたのもわかる気がする。それを立証できる権力を持っていれのであれば尚更。
それによって自分の立場だけではなく、息子の一生も傷つけずに守ることができるわけだし。
名誉を汚され犬死になってしまった少年、大切な息子を失い失意のまま亡くなった母、その様子を目の当たりにひとりぼっちで人生を捻じ曲げられてしまった青年の一家のことまで気が回らないのも、親として自分の息子を守ろうとした故だったのも理解できなくはない。

兄嫁と葛西の関係のまとめ方は、最終回で収めるのはちょっと尺足らずだったかな。
葛西くんが純愛だったのはちょっと意外だったけど、遊び半分だった麻里さんが改心したのは、
葛西くんが殺人犯の汚名を着せられても自分を守ろうとしてくれた為、と納得。でも家を出て姿を消すのかと思ったら、「オイオイ一緒に住むのかよ!?」って感じでした。
私自身は麻里をちょっと許せないんですが(汗)、でも領が、自分がしおりに返してあげることができなかった愛情と幸せを、10話からしきりに葛西が麻里を思う気持ちに託そうとしているので、許すことにします(結局は悲劇に終わってしまったけど)


そして、しおりと領。
領が会うのは最後にしたはずだったのに、何としても領を止めようと、ことあるごとに現れるしおり。


背中にしがみついて止めようとするしおりに言われて、空を見上げる領・・・・

私は、もうこのドラマに身を任せようと思っているので、韓国版オリジナルも見ていないし、視聴者の方々のラスト予想とかもあまり関心をもたないようにしていました。

自分ながらに、
・領の目的は、芹沢を殺すことではなく友雄を目の前にした彼を苦しめること
・友雄の人生はとうに捨ててしまって、もはや将来を生きる気は無いこと

という解釈はしていました。
でもでも、どこかに救いはあるのかもしれない。
しおりのこの行動は領にとって救いになるのか・・・?


続きはこちら >>


第7話&生放送ファンミ

テレビ画面の内側でも外側でも、みんな感情入り込んで
ダダ泣きの第7話。


前回6話ラストで、池端の転落を見届け証拠を握りつぶした領。
7話冒頭では、赤い部屋で、ひさびさマーキーを取り出し、池端の写真に×を。
以前のニヤリほどではなく、微かに歪む領の口元。
凄みがあります。犠牲者も3人目、この儀式も堂に入ってきました。

池端死亡事件について、ホテルの役員室に集合している芹沢一家の中に、またまた領の姿が。
ここで、今回も芹沢父から心の痛いヒトコトが直人に投げつけられる。
「彼はうちの顧問弁護士だ。部外者はおまえのほうだ!」
キツイなぁ。
でもそのやりとりを淡々とした表情で聞いている領の胸のうちにはいったいどんな思いが・・・・?

そして7話のクライマックス、領と姉との病室のシーン。

またまたファン目線丸出しの見解ですがお許しを。

病室にまさかの直人が現れ、CD-Rがデッキに挿入される瞬間。
苦しげな表情で目を閉じる領、唇を噛み締めるのではなく、逆に唇がうっすら開くのが印象的。
CMまたぎで、こちらまで息が止まるかと思いました。


姉はCD-Rが送られてきた理由を知らないと言い、直人は音楽が録音されていたことに疑念を抱きながらもそれ以上、踏み込めない。

私が姉だったら「取材のときに、“病室で音楽を聴くのが楽しみ”という雑談から、謝礼に送ってくれた。」位の言い訳をするなぁ。
直人も、引き下がるのは詰めが甘いって思ってしまうのだけれど。

でも、そうなんだ・・・・
テレビを見ていてそう思うのは、視聴者が「雨野=友雄=領」であることがわかっているから。
姉が把握しているのは「領⇒友雄」
直人が把握しているのは「雨野=友雄」
姉は、事件の容疑者である雨野の存在を知らないし、直人は「友雄=領」に気づいていない。
だから、腑に落ちなくてもそれ以上の先へは踏み込めない。

姉と領の涙のシーン。
圧巻でしたね。

大野さんは、泣きのテクニックとか“魅せる”ための芝居ではなく、本当に役の感情に入り込んで自然と涙が溢れている。
その姿を見ていると、ややこしいこと抜きで、こちらも自然と役の気持ちを汲み取ることができる。

舞台などでは毎回、多い時は1日2公演も演じているのだから凄いことだと思います。
「幕末蛮風」の記者会見でも
「ふだん、あまり感情を表に出さないから、演じた後は腑抜けになる」って言ってましたね。

私は韓流ドラマは、恋愛モノを3本見たことがあるだけなんですが、
その3本とも
「失明or盲目」「他人への成りすましによるすれ違い」がキーになっていました。
確かにドラマチックな要素ではあるんですが。

だから病室のシーンもベタッちゃぁベタなんですけど、
優香さんと大野さんの熱演で、そんなことまったく気にならないほど、胸に迫るシーンでした。

最後、すべてをわかった上で、あえて姉と弟を演じたまま別れる二人がせつないです。
友雄の人生が復讐のためだけにあるものでなければ・・・
ただ親友の病気の姉を元気付けるために領になりすましたのであれば・・・
すべてがわかった後でも二人の関係は続いたろうに。

でも復讐計画に姉をこれ以上巻き込むわけには行かない。
6話の感想で、領は相手を脅したりすかしたりする場合でも、絶対声を荒げたりしない、と書きましたが、
そんな領が、姉を守るために、「二度と姉に近づくな!」と直人に対して初めて感情をあらわにします。
領のその動揺によって、逆に疑われるかもしれないのに・・・
でも、その気迫に押されて前に出れなくなってしまう直人。

「ときどきわからなくなる。自分が誰で何故生きているのか。大切な人を欺いてまで・・・」
迷いを見せる領だけど、この言い方が無機質なので、私はまだこの時点では領の心は基本的に魔王が占領しているのかな・・・と思いました。

でも事務所に戻った領を待っていたのは、
偽りの誕生日を祝ってくれる、サプライズパーティー。

本来なら喜ぶはずの、そらちゃんからの無邪気なプレゼントを見て、苦悩ととまどいの表情を浮かべる領の様子を見て、自分が拒絶されたのではなく、心に闇を抱えていることに気づくしおり。


人の闇の部分を操り、復讐計画を完璧に遂行してきたはずの領の
予想もしていなかった計画外の出来事。
その復讐計画に絡め取られながらも、
孤独な自分に信頼や愛情を寄せてくれる人々。

今まで、触れたら切れるくらいにピーンと張り詰めていた糸が、姉との別れによって弛んでいたところへ、しおりからの告白によって、ついに切れてしまい、
思わず抱きしめた肩にすがって涙を流す領。
ここは単に恋愛感情だけではなく、いろいろ凝縮された領の思いによる涙だと思います。


このへんのところ、大野さん自身が
15日の生放送、『魔王ファンミーティング』でも、ちょっと触れてます。




続きはこちら >>


魔王第6話

やはり、池端の揺さぶりに動じるような領じゃありませんでしたね。
池端の送りつけてきた赤封筒とカードを利用して新たな復讐計画に乗り出す領。

ついに自分からこの連続殺人の1連の輪の中に身を投じて、直人に直接揺さぶりをかけ始めます。
すべての事件に領がかかわっていることに、疑問を感じ始めながらも、まだ領の正体を見破ることができない直人。

1話から通して、直人は心の奥に過去の罪をずっと引きずっていて、それ故に現在の事件に対しても一生懸命、真っ直ぐに向かいすぎて、見るべきところを見失っていたり冷静さを欠いたりしてしまう。

2話あたりで、しおりによるカードの読解や、領本人からもアドバイスを受けているのに・・・。

事件に進展があったと連絡を受けると、必ず同僚を置き去りにしてひとりで駆けつけてしまうところにも弱点が。
6話最後に池端に会いに行くにも捜査仲間と連携していれば、転落事故を阻止できたかもしれないのに。

今回も、更なる犠牲者を出したくない、父親を巻き込ませたくない一心なんですね。

私もこの事件の元凶は、11年前、直人の父親が事件をもみ消したのはともかく、直人に反省と謝罪の機会を与えなかったことだと思っていました。

でも6話の芹沢父の
「私が背負っているものの、守るべきものの大きさをお前は知っているのか」
という台詞もズシンと来ました。

中学生の直人がヤンチャしてたのも、父に反抗しながらもどこか愛情や救いを求めてのことだと思うし、父親も、息子は大事でもそれよりも優先させなければならないものを抱えているわけだし、せつないですね。




心配して事務所に訪ねて来たしおりを拒絶して、閉めたドアを背に、しおりを回想しながら感情があふれ出しそうになるシーン。
ここ、胸が締め付けられるのか、呼吸困難が起こってるような表情。
普通、こういうようなシーンの表情って、ある程度決まったパターンがあるような気がするんですが、それとは違っていて独創的だなぁって思いました。
大野さんが言うように、演技に正解はないですけれど。


そしてファン目線丸出しで言わせてください。


ドアノブを握り締めて感情を抑える表情より、「僕に人を愛する資格なんて」という台詞より、
その前の、思わずドアノブを握ってしまって、そこで必死で思いとどまった背中の演技にぐっと来てしまったのです。


一瞬のシーンですが、背中にすべての感情が凝縮されているように見えました。
・・・・なんかね、舞台経験が非常に生きてるなぁ・・・と。




弁護士事務所で、お姉さんからの電話を受けるシーンの領。
とても嬉しそうでにこやかでした。
5話の病院での面会シーンでは互いに複雑な表情を見せながら、どこかぎこちなかったので、この電話を受けるシーンでの笑顔が意外でしたが、7話での姉弟の絆の説明みたいになっているんですね。

池端が姉に接触していることを知り、取引きに応じる領。
表情は厳しくても、相手に対してはどんな時でも、声を荒げたり脅したりすかしたりしないんですね。



そして後半の池端との取引は圧巻でした。
大隅の手下の「ボスは変わったんだよ」にはゾクッときました。
天使の顔にして、大隅までも操る恐ろしい領。


青い画面の中、黒手袋でボイスレコーダーを受け取り、転落現場を仰ぎ見、その視線を虫の息の池端に冷淡に落とす。
最高潮超ハードボイルド!!
しびれました。





魔王第5話

今さらながら第5話の感想です。
すでにテレビではストーリーが先まで進んじゃってるので、
ひたすら領様についての語りになっちゃってます。


しおりや、そらちゃん、そしてお姉さんの登場により、
第1話の頃に比べて、領の魔王の時の表情と天使(人間らしい感情を表したときの)表情のふり幅が大きくなってきましたね。


お姉さんのお見舞いで、花束を手渡してそっと離した手を、お姉さんが握り締めるシーンにちょっぴりドキッとしました。そういうシーンじゃないのに・・・

領様は手がきれいですが、どこまでも身なりがキチッとしていて、カフスボタンなんですね。

車の中で、領と友雄の写真に語りかける。
「お姉さん元気だったよ、領」鼻(の穴)と唇だけのカット。
TimeコンDVDの「song for me」も鼻と唇だけの正面アップがあったけど、こちらは斜めのアングル。表情アップが多い魔王ですが、 まったくどこまでアップなんでしょう。でもそれさえもキレイと思ってしまう・・・


第1話以来のシャワーシーン、来ましたね!
1話の時の、まさに今、11年の積年の想いをはらさんとする復讐開始に奮起する魔王浴びと違って、苦しみの表情で迷いを洗い流すようなシーンでした。
7/26の王様のブランチで、唐突にこのシャワーシーンのメイキングが映った時は、ブルーの照明の演出やカット割が入っていなかったので、上半身のリアルシャワーになってました。うつむき状態から髪をばさっと顔を上げるところ、かっこよかったです。
横向きでしたが、あばらがうっすら浮き上がってました。
そういえば、このブランチの時のステラさんの占いで「大野さんは釣りをすることによって自分を浄化している」って言ってました。

いつも身なりをキチッとしている領様の、シャワー後のハラリと額に落ちた髪と、ボタンを開けたままラフに羽織ったシャツ姿はセクシーです。
しおりから電話で呼び出されて、カフェの扉を開けて入ってくる領の、慌てているけど、これまた乱れていない姿。

そらちゃんが泣きながら「捕まえて・・・」と繰り返すシーンは大人顔負けの演技にびっくりします。

そらちゃんの訴えに動揺する領の表情がいいんですが、特に、しおりが
「違うよ、そらちゃん。お兄さんが守ってくれたんだから」
と、そらちゃんを慰めているシーンで、横顔の領の唇が細かく震えているところにもすごく動揺が現れています。
芸が細かいなぁって思います。


「もう、止められないんだ・・・」
ここは、何度もリピしてしまいます。
領が硬い言い回しの台詞ではなく、あまり出すことの無い、心の奥にしまい込んでいる想いを絞り出した感じです。

芹沢からしおりにかかってきた携帯にでてしまうシーンには、思わず、ニヤリとしてしまいました!
「やるなぁ。もっと言ってやれ」ってちょっと思ったりして。
でも、言ってることは嘘ではないですもんね。


今回、魔王の怖かったセリフ。

「知らないことで救われることもあるのですよ、それでも知りたいですか?」

山野と背中合わせのシーンもぞくぞくしました。余談ですが、オーバーラップで山野と領の顔が向かい合わせに並べられて映る時、2人の鼻の下の長さが全然違う(笑)。


芹沢父が、友雄や池端など複数の人間から恨みと憎しみを買いつつ
「元気に長生きしろ」と言われるのも、
おまえの勝手に楽には死なせないぞ、と念じられていているようで怖い。


私は、領(友雄)は、正体がバレない完全犯罪で関係者を皆殺しにするのが目的ではなくて、
芹沢に、その正体と復讐であることを知らしめたうえで、「犯行」が立証できず手も足も出せない苦痛を与えたいのだという見解でみています。

バーのシーンでの芹沢とのやり取りとか、病院から送っていった時に、おもわずしおりを呼び止めるところとか。
芹沢が「雨野真実」の正体に気づけば、新たなる殺人を起こす必要がないと思うので、
しおりが、犯人を止めてあげたいと思っている気持ちを知った今は、領自身も芹沢にも早く気づいて欲しいんじゃないかな。

でも気づかれないまま、領自身が用意した復讐のシナリオはそれらのコマとなる人間の情念によって、着実に進んでいってしまいますね。

第5話の終わりで、池端に領と友雄の事故話をつきつけられても、意外と狼狽する様子は見て取れなかった領。

第6話の感想へ続く。



折り返し地点

ψどんだけ魔王なんだよψ20080811032029


ってなわけで、↑ローソンで予約していた『魔王キーホルダー』受け取ってきました。
ボタンを押すと、ライトの中に「魔王」が浮かびます。

ドラマ「魔王」もあっという間に折り返し地点。
終わってしまうことを考えると、早くも淋しくなるけれど、残りの夏を
「もっと魔王になります!」
ってことでメいっぱい楽しもうと思います。

先週はPV解禁や着うたDLも始まりましたね。
早速、携帯をカスタマイズしました。
待ち受けはTBS携帯サイトより「魔王FLASH時計」
魔王からの迷惑メールの着信は「truthサビ」
TBS携帯サイトからの魔王メルマガの着信は「魔王メインテーマ/澤野弘之氏」
さぁ、どっからでもかかってこい。
・・・はじめは、迷惑メールも「時々、できるときでいいよ」なんて殊勝なことを思っていたのですが、
今では毎週金曜日、am10:14に携帯をじっと見つめる自分がいます。
こうなったら最終話まで!お願いします。

先週は「ぴあ」と「Wink UP」を買いました。
「Wink UP」はちょっと迷ったんだけど、表紙が斗真くんとの魔王2ショットだったので、
今後はもう見ることはできないレア物だと思って。
「ぴあ」は写真も魔王バージョン・・・と言っても、衣装のスーツではなくオシャレなブラックスーツに超Coolな表情とポーズ。
そして何よりテキストに読み応えがあります。
大野さんの言葉、あまりにシンプル過ぎてそのまんまを受け取ると誤解されかねない。
そんな言葉の裏側や、その言葉に表された彼の信念を、いつもながらちゃんと文字に起こしてくれているのがいいですね。
いささか、飛躍しすぎな考察もありますが(笑)

だけどなんだかんだ言われても、貶められるより、好きな人が褒められている記事を読むほうが、楽しいに決まってる。


続きはこちら >>


魔王第4話

今週は、いつものように落ち着いてリピする時間が少なかったですが、
5話放送前に、とりあえず4話の感想をちょこっと。


4話は、最初から最後まで見ている間、ずっとドキドキしっぱなしでした。
なんだろ、今回のこのドキドキは。

1話は、大野さんの演技はどんなだろ?のドキドキ。
2話・3話は、“領”の表情にドキドキ。
4話は、新たな人を巻き込んで、次の地獄の門がいつまた開いてしまうのか・・・というドキドキ。

完全に『ドラマ魔王』の世界観に引きずり込まれました。


今回、とくに山野がよかった。
第3話も衝撃的な登場でしたが(第1話から登場はしてますが)、今回の演技は響きました。
最近私は、その役者さんの佇まいみたいなところで、響いてくるものがあると、台詞やシーンに関係なく自然に涙ぐんじゃうんです。
第1話で、領につれられて捜査会議室に現れたきたろうさんを見たときがそうでした。
第4話では、夜、暗い会社で一人パソコンに向かう山野を芹沢が訪ねて真相を聞きだそうとするところ。
いつも事件解決に向けて真っ直ぐに猛進する芹沢だけど、昔、自分を苛めていた人間から、あんなに不躾に腕を掴まれてかかってこられたら、精神的にも拒絶するに決まってる。
山野の悲痛な様子が泣けました。

それと高校時代の領を演じている河野くんも上手ですね。
とくに、芹沢父に宣戦布告とも思える言葉を告げに行った時。
現在の領である大野さんの演技に、忠実に演じているように見えました。
ああやって11年の間に復讐を目標に今の領ができたということに違和感ないですもの。
河野くんのブログに、実際に大野さんに会って、「スタッフにいい人だって聞いてたけど、本当にすごくいい人だった」って嬉しいことが書いてありました。

第4話で引き込まれた領の表情。

石本の葬儀に姿を現して、親友を亡くした芹沢を慰めるシーン。
「大切な人を失う辛さ、私にもわかります」と目の奥に悲しみと憂いを湛えて見つめるところ。
もちろん自分の経験をふまえて言っているのだろうけど、その瞳の奥には慰めのような責めのような、なにか裏もあるようで、それを受ける芹沢の戸惑ったような表情もよかったです。

空ちゃんに絵本を読み聞かせるところ。よかったです
やさしくて落ち着いていて。
そして、しおりと目が合い、照れくさそうに目線を反らすところ。このへんはまさに天使の時。

あと、自分の事務所に戻るために階段を上がっているところ。
復讐計画がうまく運んでいて、うふふ顔でした。2話でバザーに向かう時と同じ。
翳りの無いうふふ顔なところが、やっぱり怖い。表情とは違って悪魔な時。

予告での驚き顔も気になります。
今まで、わずかな動揺は見せても、ここまでの驚きの表情は見せたことがなかった領に何が!?
倒れてきたしおりちゃんを受け止めたシーンもドキッとしました。

赤い封筒、宅急便で届くものと、宛名が直接に書いてあるものとは、差出人が違うのか?
デーモン閣下、私は第4話の冒頭に、芹沢の車に惹かれそうになったギターを持った人だと思ったけど、違うのかな?でもそうだとしても正体は明かさなそうですね。

まもなく第5話、始まります!!








魔王第3話

視聴者のストーリー予測を惑わせたり裏切ったりする巧みな映像トリックや予告の編集には
深くを考えずに、あっさりハマってみますが、
領様の表情には、かぶりつきで必要以上を読み取ろうとする。
今回もそんなファン目線丸出しでいきます。


第1話の頃に比べて、魔王さん、風格出てきましたね~。
とくに後半からラストにかけて、しおりの能力を利用し、芹沢が過去の記憶へ誘導され堕ちていくのを、
あたかもすべての世界を操っているかのように丘の上の墓地から下界を見下ろしている様子は圧巻でした。


冒頭の空ちゃんを保護するシーンは、第2話のラストシーンと一緒でしたが、違うカットになってましたね。
このドラマ、カット割が丁寧で細かいって噂です。

第2話で私がお邪魔させてもらったシーンが放映されたんですが、OAシーンは5分弱くらい。
でもそのシーンの撮影に6~7時間かけて撮っていました。

空ちゃんに話しかけるシーン。
ほんとにもう、やさしかったり怖かったり・・・
空ちゃんを牽制するような目には、息を呑んでしまいます。
空ちゃんが行方不明になったのには、いったいどんな仕掛けがあるのでしょう。
空ママを弁護するときは、とてもやさしい声色でしたね。


図書館の前で、芹沢と対峙し
「人生これからという時に、命を奪われるとは、さぞかし無念だったでしょう・・・」
と強烈な皮肉を。
領にしてみれば、弟の人生を奪っておきながら居酒屋の夢を語るなんてことは、許しえないことなんでしょう。

そして図書館の前で、しおりを振り返ったときの悲しみの表情。
第1話の、家族を失って復讐だけに生きることを決めた時の、悲しみの表情とはまた違って見えます。

でも3話では、まだ、しおりに対する恋心に戸惑うというところまでは行ってなかった気がします。
しおりが自分の心に悪魔が棲んでいて利用されている、という告白に、少し人間らしさを見せるも、領自身の中に棲まわせている悪魔を排除する意思は押し込めていたようです。
でも空ママの
「正当防衛で無罪になっても、人を殺したと言う事実は消えない」
という言葉には大きく動揺していました。
領は「正当防衛で無罪が証明されれば、人の命を奪っていても過去を無かったことにして、のうのうと生きている連中」
という思いが、11年間秘めた復讐心の原動力になっていたと思うんですね。
ところが、そうではない思いで苦悩を抱く人が目の前にいた・・・ということに衝撃を受けていたように見えました。

苦しむしおりや空ママを利用しているという現実に、今後、領の心境にどのような変化が見られるのか、
過去と向き合うことになった芹沢はどうなるのか、それでも次の復讐計画も淡々と遂行されるんだろうか。

今週発売のTV誌などでも、大野さん自身が今後、領が人間くさくなっていくようなことを語っているので、展開が楽しみです。
前半とは違って、感情ダダ漏れのシーンを見ることもできるのでしょうか。
4話には個性的な新キャラも登場しますね。
とくにメガネ記者くんの鼻ヒコヒコには、わくわくしちゃったけど、ピースサインは得体の知れない恐ろしさでした。




【おまけ】

領さんのファッションアイテム。
オーダーメードであろうスーツは、体に馴染んでいて、とてもスマートでかっこいいです。
でも、傘とカバン、大野さんの体に対して大きすぎじゃね?
警察署前で、傘を持って立っているとき、うちのブラウン管テレビでは、手に持っている傘の柄だということが画面ギリギリで見づらかったので、
あまりにも手の高さが中途半端なあまり、領様が手押し車を押しているのかと思っちゃいました。
すごく上質な傘とカバンだってことはわかるんですけどね。

それと領様のハンカチは、やはりピチーっとしてますね~。
四つ角もキチンとそろってます。
私がアイロンかけると、バイヤス方向に伸びちゃって、絶対4つ角が合わないんだよなぁ・・・・


PS.魔王さんから迷惑メール届きましたね。
もぉ~、大野さん、かわいすぎっ





Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad