+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


歌のおにいさんが終わって

『歌のおにいさん』最終回からだいぶたってしまいました

ほんの1年半前は連ドラなんて想像も付かなくて、
せめて『世にも奇妙な物語』みたいなオムニバス形式の中の1本でいいから、
ドラマを観てみたいなぁ、と思っていました。

でも『魔王』で、連ドラの楽しみを知ってしまいました。
『魔王』が終わったあとは、いつかまた(1年以上先)ドラマがあるに違いない、とは思っていました。

でも『歌のおにいさん』で、次回作がすぐある楽しみを知ってしまいました。
たった1年半でこんなに贅沢に慣れすぎてはいけない、いけない。
寂しいけど、いまはガマン。まだまだいくらでもお楽しみは、満載ですから。
(でも歌おにが終わって、アラシちゃんもしばらくお休みなのは、ちょっと痛い)


『歌のおにいさん』最終回までの全8話を終えて、改めて考えてみると「子供番組」が舞台となっているだけでなく、ちょっと視点がかわっているドラマでした。
職業モノのドラマだと、主人公が夢に向かってがむしゃらに突き進むとか、新米が一人前になるまでの成長物語が思い浮かぶ。
でも『歌おに』は、“歌のおにいさんになること”が目標ではなくて、自分の居場所を探す物語でした。
全8話で短いこともあって、当初、
上司の真鍋さんや、元カノ明音のブレまくりな言動や行動に、腑に落ちない点もありました。
だけどよく考えてみると、現実的だ。理解ある理想の熱血上司なんてそれこそドラマのなかだし、
憧れの職業についてみたものの、フタを開けてみたら夢と現実の落差なんてどの職業でもあること。
メジャーに求められるものは、インディーズ時代の理想とは違う。
・・・そう言ってしまうと身もフタもないけど。

でも健太を通じて、自分の今いる居場所で、生きがいややりがいを見つけて、そこで自分の世界を構築できれば、そこから新たに希望も生まれるということを改めて気づかせてくれた。
大人なら、誰でもが自分の身に置き換えて考えることができるテーマだったと思う。

最終回では、健太が自宅で「みなうた」最後のオンエアを観ながら涙を流すシーンがありました。
『魔王』に続いて、大野さんの泣きの演技はここでも素敵でした。
でもわたし的に『歌おに』の場合は流れる涙より、
1話で明音に言いたい放題言われて去られてあとの「ちくしょう」とか、5話で父ちゃんと工場のことで喧嘩した時のような、
悔しかったり歯がゆかったりしているときの、目にウルウルと堪えている涙に惹かれました。

父ちゃんが倒れて病院に駆けつけると、「工場は責任持ってまわすから」というかっちゃん、
「あんたは自分の今できることをしっかりやりなさい」という姉ちゃん、2人の前で、相変わらず家では無力な健太だけど、入院中の父ちゃんが初めて、健太がやっている歌のおにいさんとしての仕事の意義を認めて背中を押してくれたのがよかった。・・・父ちゃん、生きててよかった


「みなうた」の濃いメンバーの中で、比較的ノーマルっぽい、マエケンさんと滝沢さん演じるメイクさん。
メイクさんはいつも「矢野健太」とフルネーム呼びなところがよい。
マエケンさんもADの子を「これだからコネ入社は・・・」と目の敵にしているようで、ちゃんと最後まで面倒見ているところがよい。みな歌メンバー再集結のときにも「おまえも来い!」って連れてきてるし。
ノーマルな人を演じているマエケンさんだけど、楽屋で皆で健太をくすぐって笑わせようとした時、
速攻、大野さんの内股に手が伸びてたよ

続きはこちら >>
スポンサーサイト


まもなく歌おにファイナル

『歌のおにいさん』 早いもので、今週はもう最終回。
1月から3月、足かけ3ヶ月だけど、全8話ってことは実質2ヶ月分ですよね。さびしいなぁ~涙

最初は、まさかの今期クール連ドラ主演にびっくり!!
内容もコメディだし、予想外のオマケがキターッって感覚で、お得気分で軽く楽しもうと思っていたけれど、
ドラマの内容も評判も上々だし、まさかの主題歌ソロデビュー(ソロPV&ソロ音楽番組出演)。
『歌のおにいさん』で大野さんがくれたプレゼントは『魔王』に負けないぐらい大きかったbikkuri01

そこに持ってきて、『APのおにいさん&おねえさん日記』怒涛の更新ですよ音符

私、今でもときどき『魔王・最終回』オンエア終了3分後に届いた、高橋プロデューサーのごあいさつメール(魔王公式HPにも同文があります)を読み返しては感慨にふけっているんですが、またまた『歌おに』のプロデューサーさんや監督さん・スタッフさんの言葉に感激しました。

『魔王』の高橋Pも『歌おに』の長江Dも、“本当に本当に”と“本当に”という言葉をいくつも重ねて強調してて、壁谷Pも“何十年に一度の奇跡”とまで言っちゃってる。
そんなみなさんの言葉からは、単なる社交辞令や上っ面の文章だけではない、熱い気持ちが伝わってきます。
そしてみなさんの文章の中にある『幸せ』『宝物』という言葉は、大野さんがよく語る言葉でもあります。

初主演からの短い期間の2本とも、とても素晴らしいスタッフさんやキャストのみなさんと最高の現場を共有できて、本当によかったですね。
そんな現場を作り上げるのは、すべてのチカラが集結してのことですが、肝心の主演のポジションがダメダメでは、まわりの士気もあがらないですものね。主演の役割も大きかったはずです。
2本のドラマともが、かかわった方々(私たち視聴者も含めて)が、満足感を得た作品になったということが素晴らしい。

私はまだ大野さんのファンになったばかりの頃、
「俺について来い、というタイプではないけれど、言葉ではなく背中で引っ張っていくタイプのリーダー」などと書かれている記事をよく目にしたり聞いたりしても、あまりピンとこなくて
「他に書きよう(誉めよう)がないから、こうやって書いてあるんだ」なんて失礼なこと思ってました。

でも先日の『徹子の部屋』に小野さんが出演されたときも同じことをおっしゃっていました。
徹子「(大野さんのこと)とてもいい俳優さんだと思ってらっしゃるんですって?」
小野「ええ、かわいいですよ。俺について来いというタイプのリーダーではなくて、現場ではおとなし~くしているんだけど、いざ芝居になると健太という人物にす~っと入っていく」

ジゼルの男性2人のブログでも、「男の中の男、またいつかご一緒できるように腕を磨いていきたい」って書いてくださっていて、新人の方にそんなふうに言われるのって頼もしい。

そして、APのジャイ子さんの大野さん評も、舞台「アマツカゼ」のときに松本まりかさんがおっしゃってたのと同じだし、集合写真の中の大野さんの達成感と充実感に溢れた笑顔って、いつも大野さんが舞台千秋楽など仕事のラストに目指しているものだし、
そういうのを総合すると、いついかなる場所でも、大野さんはブレてない、ということが実感できる。


小野さんは本当、素敵なお父様でいらっしゃいましたね。
息子を持つ父親役は、多分初めてだとおっしゃっていました。
私は、昨年末のナビゲート番組で、健太と父の言い争いを見たときから惹かれるものがあって、
その番組の中で小野さんが
「大野くん演じる“私の息子、健太”」
とおっしゃっている言葉に、すでに愛情が感じられて、この親子のカラミはいつも楽しみでした。
だから、今のところストーリーは5話のカラスの回がお気に入りです。
お父さんは、健太の恋愛にはナーバスで、姉ちゃんと健太の会話で明音と別れたことを知ると、後ろで動揺していたり、明音との鍋パーティーでは、コタツを囲んで若い人の会話に乗っかろうとして乗っかりきれないところがかわいかったです。

あと好きなのは6話の健太。
顔芸炸裂で、台詞の言い回しもいろいろなバージョンがあって、でもすごく自然で。
「やってらんなぁい」とか「やめとけやめとけ」とか。
とくに、交通量調査の時の防寒着姿は、新手の着ぐるみ!?っていうくらい、見かけも動きもかわいかった!!

着ぐるみといえば、カラスの羽音がよかった。
名札を探してエスカレーターで降りるところでは、「うわぁ!飛んだ、飛んだ!!」って声を上げてしまいました。羽ばたきながら4段くらい飛んでましたよね。
あと4話のみちるの楽屋。黒ヤギ姿でお見送りに行くように諭しているところ。
真剣に諭しているのに、意思とは無関係にぴょこんっとおっ立っているシッポが、なんともkao04

あ~、でも今夜、あと1話でお別れですkao06
では、また最終回のあとに。



歌のおにいさん【Act-2】

最初は守に座を奪われるのではないかと危惧していた王子だけど、唯一、自分に楯突く言葉を発する健太に対し、どんどんエスカレートする横暴っぷり。

衣装の管理や控え室の掃除など身の回りのことをを言いつけられるってのはよくある展開だけど、公共料金の支払とマンションの管理組合の理事会代理出席命令は、ちょっと面白い。
健太、早口で「こうきょうりょうきん」って口が回ってないし(ポスター貼っているところ)

このドラマ、隠れたところに凝っていて、王子ミラーと王子パンツの他にも、王子特製ドリンクのレシピを書いたメモパッドまでが王子グッズふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
健太と守の楽屋の貼り紙に「(ふ)ゆかいな仲間」って「ふ」が落書きされてるしはぁ
王子自らあの衣装で落書きしてたとしたら、せこすぎて面白いけど。
出来上がった王子特製ドリンクは、泥の中からすくっと生えた植物のようなセロリが、どこかほっとき実験のようなシュールさがありました。

もうひとりの気になる人物、吹越氏演じるプロデューサーの安斎。
私、1話で彼が、テレビ局の廊下ですれ違う人全員に「よぉっ手」って挨拶してるのに、
誰一人として挨拶を返してないのが気になっていたんですけど、
2話では、返事があるわけないポスターに向かっても1枚1枚に挨拶してましたねうしし
面白いので、このキャラを通して欲しいです。
でも、ちょっと気になるのは、局内でも挨拶してくる人がいないし、受付嬢にも顔が通ってなかったし、本当にジゼルをデビューさせることができるような実力者なのかちょっと不安になります。
今後の健太とのカラミが楽しみです。


そして、ドングリちゃん。
今回も、『パピプペポン』のテレビ画面のオープニング映像チェック。
王子と姫がご挨拶している後ろでの愉快な仲間たちの動きは、フリーなんでしょうかね。
両手をぐりんぐりんと回している姿、先週の犬のユルイ動きと同じように脱力系な感じがいいです。



続きはこちら >>


歌のおにいさん【Act-1】

待ちに待った『歌のおにいさん』ついに始まりました~音符

放送開始の前週には、我が家にも『魔王DVD-BOX』が届いたので、特典ディスクを堪能しつつ、
それと交互に、録画した『歌おに』の番宣予習番組を激リピートしていました。
健太くんを見ていると領様も見たくなって、領様を見ていると健太くんをみたくなってしまう・・・
そしてどちらの場合も、その直後に出てくる、素で語る大野さんに脱力させられますkao04



続きはこちら >>


ラジオで歌のおにいさん お知らせ

★お知らせ★

川崎市役所本庁舎がドラマ「魔王」の警察署の撮影に使われていたそうで(※参照 http://www.city.kawasaki.jp/25/25city_sales/home/city_sales/loca/lokekako24/lokedata24.htm

現在、川崎市高津区役所にて開催中の『ロケ地かわさき写真パネル展』で魔王の撮影風景も展示されているそうです。

期間:12月15日(月)~12月19日(金)
時間:午前8時30分~午後5時00分

詳細⇒ http://www.city.kawasaki.jp/event/info3308/index.html

私は18日(木)の午後(3時~5時頃目安)に、ひとりでふらりと行ってみるつもりです。
もし、「お付き合いしてもいいよ~」という方いらっしゃったら大歓迎です。
サイドバーにあるメールフォームにてお知らせいただけると嬉しいです。



今朝の大野さんのラジオ「ARASHI DISCOVERY」で 
新ドラマ『歌のおにいさん』についてのお話がありました。


そ、そそそそそ(訛った言い方)
わたくし、また、ドラマを、やることになりましたぁ。ねぇっ!!
え~これは来年ですね。
1月16日スタートでございます。
テレビ朝日系で、題名が、ふふっ・・・(自嘲)

『歌のおにいさん です。   よろしくっ!!』

また前回の、「魔王」とはまったく違う役ですよ。
というか、もう、今年は「魔王」も終わりね、アジアツアーも終わり、
「よぉ~し、のんびりするかぁ~!」
と思った瞬間ですよ。

そこにパッと
「歌のおにいさん、やりますから」
と言われて
「・・・・あ、やらせていただきます」と。

まあでもね、ホント、今回はコメディですからね。
内容的には自分に似てる部分もあるかなぁと思ってね、
僕的には楽しくできたらいいなぁと思ってますけどね。

とりあえず、観て、感想ください。
みなさん、ぜひとも観てやってください!!


以上です。

今回、大野さんからも余裕を感じられます。
「魔王」の時は、見ている私も、緊張して余裕がなかったからなぁ(笑)
最近は、歌のおにいさんのWSや予告映像を繰り返し見て、
そうすると領様も観たくなって、「魔王」をランダム再生してみるんだけど、結末をわかっているだけに、領のすべての行動がせつなすぎて、どこを切り取ってみても涙涙です(笑)

「歌のおにいさん」はリラックスして楽しみながら観たいと思います。






  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad