+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


大野智さんのヒミツ、見て来ました!

今日は、原宿のKDDIデザイニングセンターに行って、
話題の「ひみつのアラシちゃん」ポスターを見て来ました~。


すでにネタバレしていてみなさん、ご存知だと思いますが・・・・



興味のある方は、右のサイドバーにある大野さんのコカンに手を、いやカーソルをあてて下さいませ



代々木公園も桜が満開でした

20080330015333
スポンサーサイト


転世薫風DVD!

届きました!!

何故か観るのがもったいなくて・・・

Disc2『FREE STYLE』と本編の第1幕まで観ました。

細かい感想はまた後々、書くことにして。



よかった!!DVD最高!!ありがとう

個展の裏側『NEWS ZERO』などで、“密着”ってやってくれたけど、
やっぱりここまでは見せてはくれないもの。
本人の言葉で個展への想いが聞けたのは、ホントよかったと思う。
会場がオープンして、「(最終日まで)ここでみんなの様子をずっと見ていたい」って言ってる大野くんの嬉しそうな表情がとてもよかった。

そしてもちろん本編も。

舞台上の他の役者さんの動きに、薫の表情がオーバーラップされるなどの映像処理がとても効果的で、ナマの舞台とはまた違った良さがありました。
何より、表情にカメラがグッと迫るので、胸に来るものがあります。
先日も書いたように、私は初見ですぐに入り込むことがなかなかできないタイプなんですが、
1幕のラストでウルウルきちゃいましたよ。

家では「転世薫風」の薫を思う存分堪能して、青山劇場ではナマの凪に会える(もちろん、行けば観れるってわけじゃありませんが、大野くんが頑張っている・・・という脳内イメージだけでも)。
もしかして今、めちゃめちゃ幸せじゃないですか!!

「アマツカゼ」もぜひぜひDVD化希望します。プーシリーズ全部、ええ、こうなったらお金払いますよ、もちろん。


大野智の前世はイルカ?

「ARASHI DISCOVERY」3月24日(月)OA.フリートークにて

前世を見ることができる知人(最初、友人と言ってから知人と言い直していました)から、
一番最初の前世がイルカだったと言われたそうです。

それが事実かどうかは誰にもわからないと思いますが、
言われてみると、確かにそんな感じ、イメージぴったりな気がします。

大ちゃんは「イルカはやさしい。存在自体がやさしい」って言ってました。

大ちゃんもそこに存在しているだけでやさしい雰囲気だし、頭の形とか、イルカのまるまっちい感じに似てる(笑)
それと大ちゃんは、周りの人に対して、神経を張りつめて気遣いしたり、言葉を駆使してコミュニケーションを取ったりするタイプには見えないけど、
独特の波長で相手が弱っているのを感じたり、癒し電波だしてたり、言葉じゃない感覚みたいなものでコミュニケーションが取れるイメージ。
他のメンバーも、「リーダーは見ていないようで実は皆のことよく見てる」って言ってますね。

前世がイルカって納得です。

・・・・仕事中にこっそりUPしてしまいました。
ところで、今日は帰宅したら『転世薫風』のDVDが届いているはず。
初回特典盤の『FREE STYLE』の評判がすごくいいみたいなんで、楽しみです♪
薫くんにも久しぶりに逢ってじっくり観れるのが楽しみ。新しい発見がありそうです。



アマツカゼ初日&記者会見

3月21日(金)19:00開演 青山劇場



凪としての大野くんが、静かに熱くそこに佇んでいた



続きはこちら >>


もういっちょ

20080320151602


アマツカゼポスター

20080320151516
大手町地下通路だそうです。
一般のお友達が写メ送ってくれました。
ありがとう


テンセイクンプー~転世薫風DVDのCM

キマシタ~

宿題くん(3.17OA.)の間に流れました

ネットでCMがあるってことは知ったんですが、宿題くんで流れるとは思ってなかった(・・・というか、もはや頭が回ってなかった)ので不意打ちでした。
J storーーーm って出ても、すぐにクンプーDVDとは結びつかなかったくらい。


続きはこちら >>


サクラ咲ケ

3月15日OA. CDTVアンケート『あなたのさくらソング』の第1位でしたね。

日本人なら誰しも桜は好きな花だと思いますが、
私は4月生まれで子供の頃から淡いピンク色を好んで身に付けていたこともあり、
毎年この時期には、桜にこだわります。
・・・と言っても、桜の香りの入浴剤やボディシャンプーを使ったり、桜の香りのお茶やスウィーツを食べたり、トイレのサワデーを期間限定桜の香りにしたり・・といった程度ですが。

そんな私のfavorite桜songと言ったら、正直言えば「桜坂(福山雅治)」とか「桜色舞うころ ( 中島美嘉 )」かもしれません。

でも、桜songという括りではなく、『サクラ咲ケ』は嵐の楽曲の中で、my favorite song のひとつです。



続きはこちら >>


ほぼ100円ショップに大野智登場!!

はねるのトびら(3月12日OA.)

翔くんに次いで、リーダー登場

舞台の“告知”。
って大野くんの“告知”って言い方、何故かいつも滑舌悪くないですか?
かわいいんだけど。

完売してるのに告知って本人、個展のトラウマみたいなのも多少あり?
でも事務所が行けって、こうやってゴールデンで露出することに大きな意味があるはず。
職場の同僚にも、先週の予告の段階で「来週出るね」って言われたし、
「嵐のリーダーって普段何してるの?」って思われがちな層にも「舞台とかやってるんだ」ってことがなんとなくアピールになるわけだし。
何より私たちが楽しめるんだから、ありがとう、社長


続きはこちら >>


大野智『FREESTYLE』個展

2月26日(火)待望の大野さんの初の個展『FREESTYLE』に行ってきました。

まず、展示スペースに入る手前、右側に《ごあいさつ》と掲げられたボードに大野さん自身の言葉がありました。
今回、予想を上回る盛況ぶりに、ファンも、おそらくご本人も戸惑いもあったと思います。

「ファンの子に見て欲しい」「大野くんが10年間あたためて来た作品を見たい」
根本は、ただそれだけのお互いの純粋な気持ちなのに、ここまでオオゴトになると、悔しい悲しい想いをしたファンの感情や、マスコミの反響・事務所の対応などの事情が渦巻いて飲み込まれそうになります。

でも、その入口の大野さんの言葉には、原点がありました。
「これが僕が好きでやってきたことです。これを見て、みんなが何かを始めるきっかけになったり、自分の“好き”を振り返る機会になれば。作品をみて笑ってやってください」
みたいな言葉が書かれていたと思う。




続きはこちら >>


ハピハピNewYear!!07→08(後編)

さてさて2007→2008ジャニーズカウントダウンコンサート、後編です。(前編はコチラです)
実は前編はライブの興奮冷めやらぬ、正月休暇中に書いたものですが、そのまま手付かずで2ヶ月以上が経過してしまいました。
その間にめまぐるしい大野さんゴトの嵐で、もはやカウントダウンの記憶ははるか昔

かいつまんで感想など。

続きはこちら >>


ハピハピNewYear!!07→08(前編)

2007年→08年も東京ドームのカウントダウンで嵐と一緒に新年を迎えることができました
昨年06年→07年は奇跡のFC当選を果たしましたが、今年は落選
でも番組先行で一般が取れたお友達のおかげで、ドームに行くことができました。
座席は2階スタンドの後半列!!
昨年はアリーナA2ブロ後列と良席番ではありましたが、かろうじてステージサイドから伸びる花道を通る姿が肉眼で見えるだけで、人に埋もれてメインステージやそれ以外の広いドーム各所で行われているパフォーマンスはまったく見えず、ラスト15分の記念撮影にいたってはモニターしか見るところがありませんでした
それにアリーナだと周りの人と逆方向を見ると、隣や後ろの人と向き合ったりして気まずい

逆に今年の天井席では、誰に遠慮することもなく双眼鏡でドーム全体好きなところを覗けます。
かえってアリーナより、全体を見たり、お目当てだけを双眼鏡で追うにはもってこい。
コンサート中は、プールサイドの監視員のごとく双眼鏡から目を離さずに目標を追うことを心に誓って本番に臨みました(笑)
なので文章中の「近い」「すぐ下」等は、あくまで倍率20倍の双眼鏡越しに見た距離感です。

続きはこちら >>


はじめまして

はじめまして。
madoと申します。
家族はダンナと2人暮らしの主婦です。
現在(※2013年現在)は仕事を辞めて、2世帯住宅に住む自分の両親の介護で家にいる時間がほとんどです。

2005年から嵐のリーダー大野さんにハマっています。
ご多聞に漏れず、少女時代よりジャニーズとはまったく無縁、どちらかというと苦手分野でした。

1997年からは、有吉さんのファンをずっとやっていました。
猿岩石の出演シーンが目当てで、
2002年『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』
2004年『ピカ★★ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』
2回ともグローブ座に足を運びました。

「ピカンチ」を見て、ハルくんに衝撃を受けました。
それ以降、嵐の番組を見るときは、大野さんが一番気にかかるようになりました。
そして「Gno嵐」エアギターで完全に堕ちました。

もちろん5人グループとしての嵐が大好きです。
ですが、ハマると狭く深いタイプなので、各メンバーの個人活動までは手に追えません

2008年初頭からの怒涛の大野さんゴトの勢いに押され、いろいろな想いを記してみようとblogを始めました。

大野さんが気になりだしてから、Extra Storm in Winter '06 "2006×お年玉/嵐=3104円でライブ初参戦までの過程はコチラで詳しくお話しています。
⇒ 大野智ソロコンサート【1】


  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad