+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


au 新CM

ついに来ましたね~!!
お待ちかねの新CM、au_BOX


auのHP、CMギャラリーで見ました!!

「僕らが嵐でなかったら」

今の嵐とは別の人生・・・
その中に、大野さんの夢が2つも。
コンビ二店員とパン屋さん。

でも何故か大野さんは、外資系証券会社のディーラーという、
現実では5人の中で最もありえない設定。

この大野さんからもっとも掛け離れた設定をもらったっていうのは、
『魔王』に引き続き、これ、演者・大野智として大成功ってことですね。


徹夜明けのタクシーの大野さん。
ちゃんと眠そうに見えるけど、リアル大野さんの“眠そう”とはぜんぜん違って、
倦怠感をまといつつもどこか神経が尖って覚醒しているようなエリートディーラーっぽい様子が伝わってきます。

今までCMでは必ずと言っていいほど、オチポジだったのに、こんな役柄もらえちゃうなんて、ドラマの影響って凄いッ!!

半年前は、CMを見た一般友達から
「ねぇねぇ、大野くんは何故、殿様なの?」
とメールをもらって
「それはね、出おちアイドルだからよ
って答えてたのに

ええ、もちろん、落ちポジ歓迎!出おち上等!!・・・ですけどね
たまにはこんな完全無欠な2枚目もいいよね



ところでJ_webの「ひととき

爆笑させていただきました!!


もともと「ひととき」大好きで、とくに200●年型モデルシリーズはメールの送受信画面に愛用させてもらってます。

いつもコメントがね、これまた

以前、「あ、出ちゃった・・・・」
なんて下ネタ??もありましたね。





イラストといえば、先週のラジオ、「ゆるきゃら祭りin彦根」の紹介で。

今度、こういうキャラクター(ひこにゃんetc.)を考えて応募してみようかな?
小学校のころ、イラストをTシャツにしてくれるという企画に一度応募したことがある。
真ん中に、わけのわからないイラスト書いて、その脇に「俺の履歴書」と文字も入れた。
何の当選もなかったけど・・・・


↑というようなお話でした。

それ聞いて私、なんかね、想像したら、しばらく笑いが止まりませんでしたよ。
だって小学生がTシャツに 「俺の履歴書」 って
それも書道4段の達筆だったりしたら、どんだけシュールなんだよ。
さすが大野智。




スポンサーサイト


AAA2008in台北その3

ARASHI AROUND ASIA 2008
OFFICIAL CONCSRT TOUR
in TAIPEI
(2008.10.10~13)


AAA2008 in 台北 その1 ⇒ コチラ
AAA2008 in 台北 その2⇒ コチラ


台北オフィシャルツアー、その1・その2に続き、その3です。
オフィシャルツアーについてのメールやコメントをいくつかいただきました。
今後、韓国・上海とご参加される方もいらっしゃると思いますので、ご参考までに簡単にご紹介します。


その前に、忘れないうちにライブでのメンバー紹介の時の大野さんの様子をちょっと書き止めておきます。



《La tormenta》
ここは2日間ともドームツアー、Dream"A"Liveのときと同じ、黒目の追いかけっこでした。
最後に黒目を上に↑、アホ顔になってました



《theme of Dream "A"live》
こちらは、エアで釣りのポーズです。
釣竿をもって、客席を海に見立てて釣り糸を放ち、
リールをぐるぐるぐるっと巻き上げ、
獲れた魚は大物らしく、両腕の中でピチピチ跳ねていました。
(伊東へいくならハトヤ♪の大漁苑のCM、ご存知の方、まさにアレです!)
2日目のほうが、より勢いのある魚が捕れてました(笑)


そういえば、1回目(?)のアンコールが終って、ステージから捌ける時。
たしかTimeツアーの時だったか、最後にセットの出入り口で、
翔くんと大野さんがミュージカルのようなポーズをとって捌けるのが、なんとなく恒例になっていました。
今回も2日間とも、それもセットの出入口ではなく(セットの中だと角度によって客席から見えなくなる)
ステージ上に最後に2人だけが残って、ミュージカルのポーズをとって捌けて行きました。


ではでは、オフィシャルツアーの中身について書きます。
ライブの内容については、おそらく「その4」に続く。




続きはこちら >>


AAA2008 in 台北 その2

ARASHI AROUND ASIA 2008
OFFICIAL CONCSRT TOUR
in TAIPEI
(2008.10.10~13)




台北オフィシャルツアー、その1に続きその2です。
大野さんを中心に覚えていることを書いていきますので、またまた順不同、しかも集いとライブの内容と入り乱れますが、お許しください。


AAA2008 in 台北 その1 ⇒ コチラ


《Re(mark)able》

かっこいい!!もう最高です!!

あ、書き忘れました。
台北アリーナではメインステージの後ろにもスタンドがあり360度、客席があります。
スタンド1列目と花道の高さはほぼ同じで、距離もかなり近いです。

でもメインステージ後ろの客席は、スタンドの中列から始まっています。
なので外周花道も両サイドからスロープや階段で高くなっていき、正面から見ると、メインステージのセットの一部になっています。

バックステージ側のスタンドは、すり鉢状に2階席があり、そのてっぺんは天井に届くほど。
まるで人が山肌に張り付いているかのように見えて壮観でした。

メインステージの天井に、長方形のボックススクリーンが宙吊りになっています。
その四面ともスクリーンになっていてどの方向からも映像が見れます。
そのボックススクリーンの中から5人が乗ったゴンドラが降りて来ます。
(もしかしたら、ボックススクリーンの方が上がってゴンドラが登場しているのかも?)

オープニング映像から1曲目の『 Love so sweet』がそうでした。
そして『Re(mark)able』も!!

5人が1人ずつ順番に、リレー形式で、
2年前の台北1st.コンサートから今年9月の国立までを語ります。
順番は、
潤くんニノ相葉ちゃん翔くん

え!?翔くん?
・・・ということは〆のお言葉は、まさかの、あのお方?
そ、それはちょっと・・・・

リーダー潤くん

あ、なるほど。
また潤くんに戻るのね

アップで語る個人のバックにはそのライブ映像。
大まかな内容はざっと↓こんな感じの話の流れでした。

アジアでの経験とそこでもらった力が、その後の僕らの活動に大きな影響を及ぼしました。
僕らの夢のひとつでもあった東京ドームでの凱旋公演(ニノ)。Timeコトバノチカラで再びのドーム。(相葉ちゃん)。
そして今年、全国のドームで、なかなか会えなくなった仲間と5人集まれたことが嬉しかった(翔くん)。
9月、年に1組しかできない会場で7万人のみなさんと一緒にコンサートを作れた(←もっとうまい表現だったと思う)ことを光栄に思います(智)。

何故か、『光栄』という言葉に、凱旋(ドーム)での『Cool&soull』のVより成長したと感じてしまう私。

そして潤くんへバトンが戻り、一気に『Re(mark)able』へ!!

『Cool&soull』の時や国立での聖火台のような、高いところから降りてくるパフォーマンスはなかったけど、やはり千手観音は見応えがありました。
国立では、1日目は聖火台下の私の位置からは全体は見えず、2日目はアリーナからだったので豆粒でしたが、それでも確かな存在感と完成度を感じさせ鳥肌ものだったあのパフォーマンス。
今回、私の席はアリーナ中央に位置していたので、ほんとに真っ直ぐ中心から直線の位置で肉眼で見ました。
卒倒しました・・・・・・・・。

『Yes?No?』や『I Want somebady』の他、以前に見ていた千手観音なパフォーマンス、
どれも昔から素晴らしかったけど、さらに今、またそこから上を行く複雑な動きとフォーメーションの美しさ、完成度に度肝を抜かれます。
後ろの人と手を組んでいく動きがお気に入りです。
そして何がって、先頭で胡坐をかいている大野さんが、菩薩のようで美しくめちゃめちゃカッコイイ!!

あ~、早く、DVDになってくれないかなぁ。我が家の茶の間で狂うほど再生したいです。





続きはこちら >>


AAA2008 in 台北 その1

ARASHI AROUND ASIA 2008
OFFICIAL CONCSRT TOUR
in TAIPEI

(2008.10.10~13)


行ってきました!!
も~とっても楽しかった!!
コンサートはもちろん盛り上がったし、集いのトークも楽しかったし、ツアーバスの中まで大盛り上がりで、座席やホテルも私的には大満足だし、記念品までいただけて、オフィシャルに参加できて心からホントよかったと思います


まずはライブの内容を中心に、覚えていることをざっくり書いておきます。
セットリストととしては載せませんが、感想の中で曲名は記載しますので、
ネタバレをご覧になりたくない方はご注意ください。
順不同で、まったくまとまりがありませんが、お許しください。




続きはこちら >>


魔王 千秋楽

今さらですか、大野さんのラジオ、9月22日オンエア分です。
録音を消去してしまうので、気になる話題は文字に残しておこうと思います。
ドラマ「流星の絆」の話題から。





主演は我らが二宮和也です。
そしてなんと、ドラマの主題歌を僕ら嵐が歌うことが決定いたしました!!

(その前のドラマが)魔王ですよ。
お疲れ様でした!ってことでね、終わりましたけどもね。
いやぁ~ほんとに。三ヵ月半ですか。

突っ走りましたねぇ、いろんなことを。
24時間テレビとか、ライブとか重ねつつ、いろいろやりながらドラマ出演。

まぁ~、でもほんっとにね、人生で一番忙しかったですね。んふふ。
初めてでしたね、あんなに忙しかったのは。
なんとかね、終わりましてね、最終回も。
その時間10時、ちゃんと見れまして。
なんかわかんないけど、泣いてしまいましてね、わたくし。

内容とかよりも、なんかもう、なんだろう、3ヵ月半の集大成みたいな感じで、
「お疲れっ」って感じで泣いてました。
っていうか僕だけ たぶん違う涙だろうと思いますけどね。ええ。

でもこれから毎週金曜10時は、ニノの顔が見れますので、みなさん楽しみにしていてください!

以上、大野智でした。







泣いちゃったそうですよ。舞台千秋楽の時のような、達成感の涙でしょうか。

撮影はクランクアップしても、その後に編集があって、オンエアされて初めて作品として成り立つわけですしね。
最終回オンエア日には、番宣という大事なお仕事もあるし。

そうそう、その番宣の中で、大野さんのクランクアップの様子も見れました。
プロデューサーさん?にハグされながら、頭をなでなでされてました。
今年28歳、チェホンマンと同い年、ロナウジーニョが一個上。
愛されてますねo(^-^)o
しおりちゃんもわざわざ駆けつけてくれて!
しおりちゃんとのハグは、おにいちゃんらしく、とってもスマートにリードしてました。

話、それましたが、オンエアを見て実感したんでしょうね。

そして斗真くんに
「ありがとう」
「あなたでよかった」
 
…なんですね。




魔王に出逢えてよかった!視聴者も含めて、みんながそう思える作品でよかった!

ではでは、間もなく成田から台北に向けて飛び立ちます。
大野さんのソロ曲は変えてくるのかな、どうかな。
楽しんで来ますo(^∇^o)(o^∇^)o


AROUND ASIA 2006→2008 ③

AROUND ASIA 2006→2008 ① は2006年ソウルコンサートに行くまでのいきさつ。
AROUND ASIA 2006→2008 ② はソウルコンサートの感想。


そして③は今更ですが,
DVD【ARASHI AROUND ASIA Thailand-Taiwan-Korea 】の感想です。
Disc1、Disc2、もちろんそれぞれにオフショット満載で見所やツボはたくさんあります。
バックステージの様子はモチロン、プライベートジェットの白い社長とか、ソウルでのお部屋訪問とか(笑)
ソウルの竹林みたいなところでのグラビア撮影も、5人ともポーズを決めてシャッター切られる瞬間は最高にカッコいい。
でもオフでは、みんなひっついて、売店の畳に寝転んだりおいしそうに冷麺を食べていたり。
竹の効果とあいまって見ているこちらもヒーリング効果バツグンです。

でも一番のお気に入りは、台北でのライブの様子がフルバージョンで収められた初回特典のDisc3。
実は『AAA + in Dome』 のDVDより好きだったりします。


Around Asia コンサートは、初の海外持ちだしということで、名刺代わりのデビュー曲『A・RA・SHI』から始まって、シングル曲や代表的なライブ曲で構成されています。
実は、衣装も新調されたものではなく、すべて以前のコンサートの使い回し。

このAround Asiaツアーは、ソウルのファーストコンサート・凱旋での横アリ・大阪城ホールと3ヶ所に参戦しましたが、それまで生の嵐コンは06年夏の「ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul」しか見たことがなかった新参者の私にとっては、「いざッNOW」や「How's it going?」のDVDの中で観ていた衣装やパフォーマンスを、直接体感できたとても嬉しいコンサートでした。
(余談ですが、大野さんのソロ『TOP SEACRET』。この凱旋も含めアジアツアーではセンターステージでのパフォーマンスでした。裏側から見る腰グラインドもそうとう悩殺モンです前後左右にぐりんぐりん回してます
でもDomeで『Rain』を持ってきてくれたのも嬉しかったです。『TOP SRACRET』は「いざッNOW」と「AAA」の2本で映像になっていますが、『Rain』の公式映像はなかったのでありがたかった!)


で、Disc3の台北アリーナのフルバージョン。


続きはこちら >>


  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。