+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お誕生日おめでとう

ケーキ大野智さん、29歳のお誕生日おめでとうございますjumee☆party1

大野さんがよくライブの挨拶などで使う言葉。

「幸せ」「宝物」

そんな素敵な言葉がいつも身の回りに溢れている大野さんでいてください。
そして私もいつもそのおすそ分けをいただいています。


私のようなアラフォーになると「年をとる」ってネガティブに考えがちだけど、
老いも若きも年齢は誰でも平等に365日でひとつ増えるもの。
一緒に年を重ねて行けるってことは素敵だなぁと思います。

私が心の中で大野さんのお誕生日をお祝いするのも今年で5回目になりました。
はじめは、大野さん萌えもお誕生日祝いもひとりっきりでした。

徐々に嵐友の交友関係も広がっていきましたが、一緒にお誕生日をお祝いする智友はまだいませんでした。
でも昨年の大野さん大活躍のおかげで、一気に智友が増えました。
そんな智友さんたちと、11月のはじめに、一足先にお誕生会をかねた「智会」を開催しました。

その時のお祝いケーキです。

200911071915000.jpg200911071928000.jpg



おうちを会場として提供してくれた智友さんがデザインしてくれましたアップロードファイル
元画像の智くんは、動きのあるとってもいい表情なのですが、ケーキに画くのはちょっと難しかったかな。
お店には私が受け取りに行ったのですが、
パティシエさんが「コチラのケーキですね」って蓋をあけてくれて、
このケーキの智くんと目が合ったとき、ちょっと気まずかったですかおまる
でも愛嬌のある顔してるし、鼻から口元が似てるにこ
「FREE STYLE」の壁画になった「SATOSHI」のロゴは素敵に再現してくださいました。

この日の智会は、総勢5名の智マニアが集まって、朝まで寝ずにDVDを見続けました~。
全員智ファンなので、DVD再生していても、何度も同じシーンをリピしたりスロー再生したりして、いくらあっても時間が足りません~。
またぜひ近いうちに第2弾を!!

リアル智友のみなさま、このブログを読んでくださった智ファンの皆様、
今後とも末永くご一緒に智くん萌えをよろしくお願いいたします。


最後に、今朝のARASHI DISCOVERYの大野さんのお言葉です。

29年間、一生懸命、生きたつもりですよ。
嵐10周年でこの10年間は、本当に奇跡のような10年でした。
僕はこの20代に悔いはないです。



オマケ:
5×10ラディッシュ収穫第1号(10/11種まき、11/17収穫)です。食べちゃいました。
でも彼らの想いをちゃんと実らせることができてよかったですピース
200911172117000.jpg
スポンサーサイト


祝☆紅白出場

祝紅白歌合戦、出場決定おめでとうございますクラッカー

私自身は、紅白推進派でも否定派でもなく、決まった現実にのっかるタイプ。
昨年は昨年で2枠の慣例に納得でした。

でも、今年は嵐が出場しない方が不自然っていうくらいの状況だった気がします。

出場が決定したからには、イチ視聴者として思いっきり楽しんじゃいます。
どんなふうに出演か・!?・・・とか、今はあまり考えてませんが、とにかく「嵐らしい!」ってパフォーマンスを見せてくれたら満足です。・・・きっとそう思わせてくれると確信しています。

5人スペシャルドラマもあるし、年末年始、テレビ誌がまた大変なことになりそうですね。
ずっと以前は、年に何回か嵐が表紙になると“記念買い”をしていました。
そして大野さんが『魔王』で初の連ドラ出演ということで、ドラマ関連記事が載ったらの“記念買い”も増え。
大野さんのドラマ関連は『歌おに』『0号室』と続き、嵐の表紙の頻度もさらに増え、デビュー10周年記念を迎える前後は表紙や特集だらけになり、今年後半は常にテレビ誌を購入している状態です汗

話は変わりますが、昨夜の『嵐の宿題くん』面白かった~笑

お気に入りは、「晩婚化についてトイレを我慢する人ふうにトーク」と「犬派か猫派か?についてヤンキー風にトーク」
何度もリピ。ヤンキー風は何度見ても爆笑。

「トイレを我慢する人」は5人の瞬発力に感心。
スタートの合図と同時に全員いっせいに腰をかがめて苦しそうに、終わりの合図でそろってスッキリするところがツボ。本当に放尿したかと思った汗とか
ここでもやっぱり大野さん、いじられ役。
最初に手を出した松潤のいたずらっぽい顔。

そしてヤンキー風では5人のチームワークに感心。
台本あるわけじゃないのに、アドリブであの結束した流れ!
猫派なだけでフルボッコにされるリーダー。
また大野さん弱そうなヤンキー。
本当はヤンキー気質じゃないのに、気弱ゆえにまわりに流されて不良集団に無理に混ざってる子みたい。
八の字眉だし。健太より全然弱そう(笑)

こういうコントってお笑いでもよくあるけど、イジメっぽい後味の悪いものにならないところは、さすが嵐だと思いました。

武士風トークで、いっせいに刀を取り出すところや、オーバーアクショントークも面白かった。
でもホント、即興で息が合うところはさすが。
嵐はいつでも、その時のベストな形を見せるために、さりげなくメンバーを引き立てあう。

ちょっと前の話になりますが、アラオケ館のとき。
部屋に突入するときに、(Love so松潤・truthリーダー・Happinessにの・・・というように)その時かかってる歌のメインのメンバーに先頭を譲るのも、すごく自然にやっていていいなと思いました。

嵐ちゃんといえば、先週のハンモックで眠るヤッターマン。
そのままハンモックに包んでお持ち帰りしたいくらい、かわいらしかったハート
登場のときのキメポーズはキレキレで最高でした。

普段はゆる~い立ち姿なのに、ちょっと形をつけると、指の先までキレイに伸びる大野さん。
貫地谷ちゃん時のセクシーポーズも、手の指先から足の爪先までキレイに伸びてましたね。
でも顔の表情はオトボケで面白かった笑

紅白発表ニュースの前後にも、ヤッターマン、チップとデール、猫派の気弱なヤンキー、様々な大野さんの姿が堪能できて、とってもめまぐるしい数日間となりましたぴーす



嵐in東京ディズニーシープレミアムナイト

前の記事【まさかの夢のひととき】の補足です。


手元に“記録”があるわけでもなく、夢心地の“記憶”を元に書いていますので、
思い違いもあるかもしれません。


プレミアムナイトの応募に関しては、自分のできる範囲でやるだけやった後は、もう忘れることにしていました。
今日も、あえて何の日か思い出さないで過ごそう・・・・。そう思っていました。

日も暮れて午後6時。
そろそろ夕飯の支度をしなきゃ、と腰を上げた瞬間、ミラコスタのお部屋をリザーブした知り合いからメールが。

一か八かのピアッツアビューのお部屋だったそうですが、チェックインしてみたらハーバーの半分くらいが見え、昼間のショーの音もよく聞こえたので、よかったら今から来ませんか?と誘ってくださいました。

慌てて家を飛び出して、なんとかショー開始前にお部屋に入ることができました。
窓はハーバーの正面にあるわけではないのですが(ハーバーに対して直角の位置)、水面の半分くらいを見ることができました(全体像が見えていないので実際どの部分のどのくらいの面積かわかりませんが)

ただ、窓からよく見える場所に「プレミアムナイト」という電光があって、ショーが始まるとそこがモニター画面になっていました。なので、モニター画面の各メンバーのアップがよく見えましたが、水上全体で船がどのような配置になっていたか、光の演出がどうだったのかという全体の演出は把握していません。


最初にディズニーソングかクリスマスソングが流れて5隻の船で登場。
嵐メンバーは、ライブの衣装でもよくあるタイプの白いコートを着て登場。
各メン、襟元や袖にセルフカラーがあしらってあります。

赤いサンタの衣装のミッキー&ミニーの船に松潤。
ドナルドとデイジーの船に翔くん。
ジーニーの船にニノ。
ピノキオの船に相葉ちゃん。

そしてチップとデ-ルと一緒なのが大野さん。
チップとデールは2匹とも袖周りに白いファーのついた青色のチョッキを着ていて、大野さんの青とお揃い。まるで三つ子のようでした。




嵐曲の1曲目は「Beatiful days」そして「Love so sweet」
その間、5隻の船は湾内を一周したのかな?
曲終わりに5箇所に船が定着し、各メンバーが船から降りてきて5箇所の浮島(ライブで言うと花道の先端にある出島みたいな台)にそれぞれ立ちました。
このとき、私たちの窓から見えるのは、手前から奥へ、翔くん・ニノ・大ちゃん、という位置でした。
とくに一番近い翔くんは、横浜アリーナの2階スタンドから花道を見下ろす感覚くらいの近さで見えました。
このときの曲は「Happiness」
歌の最中、浮島(台)からお客さんに手をふったり指差したりピースしている大野さんは、ライブでの大野さんそのもの!
♪走り出せ~♪の歌詞を合図に、各メンバー上陸すると走り出してそれぞれの立ち位置が入れ替わります。
さっきまで私たちの窓から一番近くの翔くんがいた立ち位置には、ニノと反対側から松潤が現れて、二人一緒に歌ってました。その後は相葉ちゃんに代わって、大野さんはせっかくやってきたのに、そこは通り過ぎて反対側に行ってしまいました。

それから各メン、今度は5隻の水上スキー(運転手付き)に乗り、「Believe」の曲に乗せて水面を縦横無尽に駆け巡ります!!
全員、白いファーでできた大きなシルクハットのような帽子をかぶっていてカワイイ!!
私たちの見解では、帽子の中に事故防止のヘルメットをかぶっているんじゃないか、ということになりました。
水上スキーで疾走しながらのサクラップは迫力あってなかなかカッコいい~。
貴重なものを見せていただきました。
この曲の最後はライブ同様、花火?光?の演出があったみたいだけど、窓からは見えず。

そして5人が1艘のメイン船に一緒に乗り込み、「One Love」
このメイン船の船体自体が、ドームの山車のように巨大モニターになっています。
衣装が白のコートからゴールドのコートにチェンジ。
襟や袖口に黒いファーがあしらってあって、旧ロシアの人みたい。
ひとりひとりちょっとずつデザインがアレンジされていたみたいだけど、この衣装もみんな似合ってた!!

そして「A・RA・SHI」
なんか不思議~。
ディズニーシーで「はじけりゃイェイ!」って。
ラストの大野さん、スローのサビ。
ここはライブバージョンのように客席みんなで歌うのではなく、大野さんソロで。
「For Dream」のFor~がディズニーシーに響き渡って感動。

そしてラスト、各方向から船が登場してキャラクター総出演。
メインの船には嵐の5人とミッキーマウス。

クリスマスソングを歌って、「メリークリスマス!!」
大野さん、ラストに胸に手を当ててお辞儀をしたのが印象的でした!!

ショーの最初と最後は、夢のディズニーテイスト、
中の嵐メドレーは、しっかりいつものライブテイストが生きているショーでした。
メンバーも口々に「楽しいね~」って言ってました。

そしてとにかく5人とも、ビズ良すぎ!!
キラッキラキラキラなんですもの。
先週の札幌より断然キレイ。
・・・っていうか、まぁ髪型が乱れるほどハードな動きがあるわけじゃないせいもあるのですが。
でも5人ともヘアセットとかいつもより気合が入っていたようです。
さすが夢と魔法の国キラキラ

照明のせいかもしれないけど、大野さんの髪は茶色がかっていて、前髪から斜めに流すようにセットされていて、横から見るとトップと後ろがふんわりしていて、大野さんの姿は全体的に黄金(こがね)色に輝いて見えました。
それがよけいに、動物っぽいって言うか着ぐるみっていうかチップとデールっぽい。

私たち、部屋の窓の隙間から4人トーテムポール状に頭を縦並びで見てたんですが、
私ずっと「大ちゃんかわいい絵文字名を入力してください本物のディズニーキャラクターみたいりらっクマ♪」って言い続けてました。

そのお部屋は、ご夫婦でとっていらして、ご主人とは初対面だったのですが、
「それは自分も確かにそう思った!」って言われました。





まさかの夢のひととき

ハウス食品プレミアムナイト

ミラコのお部屋をとっていた知り合いから、半分だけ見えるから今から来る?って今日の夕方6時過ぎにお誘いいただいて、駆けつけました。

ハーバーは半分だけど、スクリーンはバッチリ全部、音もバッチリ、半分はナマの嵐も見えて感動です。
お部屋のバルコニーから近い位置にも上陸してくれました。

船の上でチップとデールも青色のベストを着て、大野さんと三つ子みたい。
超超超かわいかった。
大野さん髪長めで斜めに流していてほんのり茶色(照明の具合かも)でふんわりしてるように見えました。
松潤はいつもよりゴージャスなポンパ。

松潤は実写版のディズニーキャラクターの王子様そのものなら、大野さんもディズニーキャラクター(着ぐるみ系)そのもの。
かわいいかわいいを連発しまくりでした。

水上サクラップもかっこよかったし、相葉ちゃんもニノもいつも通りに楽しそうでとにかくキラッキラッ☆
もうホント5人ともキラッキラッでビズ良し!


今、大興奮で帰りの電車です。
帰宅後、落ちついたらまた。


※続きエントリーしました→コチラ


札幌2日間まとめ

ARASHI Anniversary Tour 5×10
札幌ドーム2days
2009.11.14(土)~15(日)

9月の福岡ドーム以来、約2ヶ月ぶりの参戦です。
季節も晩夏から冬へ。

「ARASHI Anniversary Tour 5×10」のドームツアーには変わりないので、
セットリストや演出は基本的にそのままですが、
10月のACWや11月3日のCDデビュー記念日を経て、
メンバーの最後の挨拶に変化が感じられた気がします。

特に、大野さん。
14日は
「“こいつ調子に乗ってる、最近おかしい”と思ったら、僕らは自分たちで気づいていないかもしれないので、皆さんが教えてください」
15日は
「コンサート“またすぐ”やりたい。」

国立初日のような、10年間の想いと“今”に感慨深さを感じているという挨拶に変わって、
すでに11年目に踏み出して次のステージを歩き出しているような挨拶でした。

“次の10年も変わらず嵐とファンのみんなと一緒に楽しく過ごしたい、ずっと付いて来て下さい”
「見守ってください」から「付いて来て下さい」に変わったのも印象的でした。


以下、記憶をたどってMCの補足など少々。



続きはこちら >>


札幌15日MC

大野さんに関するところ、ちょっとだけ。



もうすぐお誕生日ということで、メンバーからプレゼントのリクエストを聞かれて。



「あまり物欲ないからなぁ…」
値段は関係なくとりあえず欲しいと思うもの言ってごらん、と言われて「船。」

それじゃなければ、釣った“お魚”(←この言い方がかわいい)を保管する業務用冷凍庫が欲しいと。
みんなに、家に入らないよと言われて、自分でいろいろ調べているらしく、小型のものもあるんだよ!と。       

ニノが、そうだ!Wiiのマリオでいい?Wii持ってる?

持ってるよ!
そうだ、父ちゃんの会社の人とボーリングやるんだよね?という話題でした。


札幌14日MC

大野さんに関する部分ちょっとだけ。




MCは、ACWの話題から。
ニノか、メンバーそれぞれにどの番組に出ましたか?と振って。


相葉ちゃんが、「僕はズームとZEROに。あ、VOICEね」というと、「びっくりした!ZEROのあの席に座ったのかと思った」の流れから、大野さん「僕、座った」と。

翔くんがテレビを見ていたそうで、キョドってる様子に笑ったと。

途中で頭あげちゃってお辞儀を二度すれば面白かったのに、と言われて実戦させられました。
二度見の要領で面白かったです。


実際の現場では、直前にニュース原稿が差し替えられたりする様子を目の当たりにして、とてもふざけられる空気じゃないと大野さんは言ってましたよ。





デビュー10周年おめでとう☆

☆CDデビュー10周年記念日おめでとうございます☆

そして【嵐CHALLENGEweek】お疲れ様&大成功おめでとうございましたクラッカー

視聴者にとっては、自分が楽しく番組を見れればいいのであって、数字がすべてじゃないけれど、日テレや多くのスタッフや総力を挙げて取り組んでくれた大型企画がいい結果を残せたのは、嵐を応援しているファンとしては嬉しいことです。

友人(岐阜県在住)の勤務先の売り場でセロファンを扱っているんだけれど、売り切れになっている上に1日当日もノイローゼになるほど問い合わせを受けたらしい。
実験当日になって買いに来るってことは、ファン以外の一般視聴者の方もたくさん興味を持ってくれたんじゃないかな。
家族そろって楽しめる内容というのもいいですね。


私は本格的に嵐ファンになって、まだ丸4年くらいなので、彼らの軌跡をリアルタイムで見てきたわけでも知ってるわけでもありません。
でも私がファンになったタイミングが今に続く上昇気流に乗りはじめた時期だと思います。
その範囲で見てきたことしか判断材料がないですが、
とにかく当時からどんな小さな出来事でも、ひとつひとつの経験を無駄にせずに糧にしていく人たちだなぁ・・・・と感じていました。
そして彼らと仕事をしたまわりの大人の人たちに(ミーハーな芸能人ばかりでなく、良識ある人や知識人と呼ばれる人たち、アイドルとは無縁の熟年層の男性だったり・・)彼らを認める発言をする人が増えて行くのも実感しました。

私はかつてエアギター審査員でマリオさんが
「縁があって嵐と仕事ができて、嵐がこうやって最高のパフォーマンスを見せてくれたことが嬉しくってしょうがありません。ありがとう」と涙ぐんだのが印象深かったです。
マリオさんは、まあちょっとアレですが、でもその気概がすべてに通じているような気がします。

今回のチャレンジウィークのスタッフ日記や、「ぴあ」の記事にもみられるように、一緒に仕事をしたスタッフや関係者がみんな彼らを認めて愛してくれる、その積み重ねがこの10周年を最高の形として残すことができたのでしょう。

そして大野さん、30日は1日生出演、本当にお疲れ様でした。
どの番組もちゃんとコーナーゲストとして迎えてくれて、いろいろな方面からの大野さんの姿、見応えありました。ありがとうございました!!

私も早朝から生番組をリアルタイムでみつつすぐに録画の編集をして・・・とフル活動だったので、ZEROの頃には頭にモヤがかかりそうだったのですが、スーツ姿で登場した大野さんを観て、一気に目が冴えましたハート
イケメてましたね~。
そしていつもの翔くんの位置での最後のお辞儀まで見れるなんて。
なんなんでしょうフモフモさん*すもも 
なぜお辞儀姿に思わず笑いを誘われるんでしょう絵文字名を入力してください
ほわんほわんとした不思議な引力があります。
ZEROをはじめ、どの番組でもスタッフから笑いが起こっていましたね。

ZEROのスタッフやキャスターのみなさんも、本当に温かい雰囲気で迎えてくれて、
それはもちろん翔くんが長年築き上げてきた実績や信頼があるからこそ、同じグループのメンバーをあたたかく受け入れてくれるんだろうなぁ、と翔くんにも感謝です。


20091103230317.jpg

10月11日に蒔いた「5×10ラディッシュ」が脅威の成長を見せています。


  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。