+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


「嵐:迷宮ラブソング」予約開始!

嵐ニューシングル≪迷宮ラブソング≫11月2日発売!!『謎解きはディナーのあとで』の主題歌。

10月5日13時より、アットマークジュエリー[楽天]にて初回限定盤+通常セット再販
エントリーでポイント5倍!10/2迄★迷宮ラブソング♪初回盤+通常盤セット■嵐 CD+DVD
10月1日9時より、サウンドエース[楽天]にて初回限定盤予約受付
◆メール便は送料無料◆【在庫僅少】嵐/迷宮ラブソング [初回限定盤/CD+DVD] 

【Amazon】
迷宮ラブソング【初回限定盤】
迷宮ラブソング【初回限定盤】
迷宮ラブソング【通常盤】
迷宮ラブソング【通常盤】

【楽天ブックス】



迷宮ラブソング【初回限定盤+通常盤セット】

【セブンネットショッピング】

<通常盤CD収録曲>
1.迷宮ラブソング
2.タイトル未定B
3.タイトル未定C
4.タイトル未定D
5.迷宮ラブソング(オリジナル・カラオケ)
6.タイトル未定B(オリジナル・カラオケ)
7.タイトル未定C(オリジナル・カラオケ)
8.タイトル未定D(オリジナル・カラオケ)

初回限定盤、通常盤4タイトル収録の完全2種ですね~。
タイトル未定多すぎですが(笑)、この中に大野さん的サプライズはないのかな~。
昨年のハイペースなリリースラッシュに比べて、今年はどういう配分なのか知る由もありませんが、「映画怪物くん」の主題歌にも期待してたんですけどね
ヤッターマン主題歌の「Believe」の例といい、大野さんのドラタイ曲といい、出せば売れるのは確実なのに
日本映画navi vol.30(セブンネット)
ザTVジョンZOOM VOL6 2011年 11/13号 [雑誌]
アクチュール 2011年 11月号 No.26
Cut (カット) 2011年 11月号 [雑誌]
+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2011年 11月号日本映画navi vol.30 (NIKKO MOOK)Cinema★Cinema no.34FLIX 2011年12月号
スポンサーサイト


09/26のツイートまとめ

mado_s

番宣関連は11月だと思っていたので、土曜の嵐!楽しみです。怪物くんの帽子入りロゴもかわいいし、嵐×枡アナの化学反応も楽しみ!
09-26 23:55

今日は月刊のテレビ誌チェックして月ガイと月ジョン購入。でもTV naviもfanも怪物くんがかわいすぎて悩む~。とりあえず、楽天で注文したオリスタ待ちです。
09-26 23:59



09/22のツイートまとめ

mado_s

嵐も応援しています!キリン「今こそ!選ぼう ニッポンのうまい!2011」プレゼントキャンペーン 私も「埼玉のうまい!」を応援しています。 お酒は20歳になってから。 http://t.co/FjUJkuP5 #ニッポンのうまい
09-22 02:09



嵐Beautiful world国立その2

Beautiful world
2011.9.3(sat)~4(sun) in 国立霞ヶ丘競技場

記憶はすでに曖昧ですが、大野さん中心にレポに載ってなかった部分などちょろっと補足&感想などを。
≪3日MC編≫は→コチラ

≪4日MC編≫

4日のMCは各雑誌に文字起こしされてますね。
私も発売雑誌すべての誌面をチェックしたわけではないんですが、私が購入した雑誌類には省略されてた部分を中心に。

4日のオープニングはご存じのように、3日に雨のせいでできなかったスライダーで登場した嵐の5人。
メインステージのセットのてっぺんから、センターステージに張られたケーブルにぶら下がりフライングで登場。
MCでは、のっけからこの話題で翔くんがいじられるのですが、DVDの初回特典映像(ARASHI 10-11TOUR“Scene"~君と僕の見ている風景~ DOME+ 【初回限定盤】 [DVD])の強化合宿の成果があったね!!という話題。
その翔くんいじりの中で、ニノだったかな?

「大野さんも、あの合宿の時のように、こうやって(のけぞって)降りてくれば良かったじゃないですか」

と、ちょいちょい話を向けてきて、大野さんはその度に

「だめだって。ギャグになっちゃうから」  

と答えてました。このやり取りが2回くらい繰り返されてた気がします。

私はあのぶら下がってる大野さんの姿カタチと、Beautiful World (通常仕様)のジャケ写の大野さんの姿カタチが、
かわいくってかわいくって大好きで、マスコット人形にしてカバンにぶら下げたいくらいなのです。

あのアスレチックは、大野さんも“ギャグ”を意識していたんですね。

話が変わって、翔さんからライブの楽屋での各々の様子に話題が降られます。

「松潤はバランスボール。相葉さんはマッサージ。あなた方ふたり(大宮)のあの“ぷぅ~~~”というのは何ですか?」

私をはじめ、会場も一瞬理解するのにちょっと間があったんですが
「あ、ひょっとしてアレかな?」と思ったら、ニノが「やってみせましょう」と大野さんを使ってデモストレーションをしてくれました。

大野さんはここでもまたまた見事なロングブレスを見せてくれました。

そしてニノはこのブレスによって腹筋が割れてきたことを告白。
「見せて、見せて」ということで

にの:「見せちゃおうっかな」

と、自分のではなく、大野さんのシャツをまくり上げます。

キャ~~~な私の期待をよそに、大野さんの腹筋をこっそりチェックしたニノは

「あ、こっち(自分)だな」

と自分の腹筋を披露。

残念ながら大野さんの腹筋は披露されずじまいでした。



そして今回もアンコールの時、札幌のときのような
「~~~、な、カズ!」
「~~~だよな、マサキ!」というように下の名前を呼びかけて一言ずつ感想リレー(?)がありました。

(※大野さん以外の記憶が曖昧だったので、TV LIFEより引用)

「13年目も変わらずみんなの愛を欲しているぜ。なぁカズ!」
「サイコーだろ、なぁ、マサキ!」
「今日は楽しかったぜ、サトシ!」
「愛し合えた気がするぜ、ショウ!」
「コンサートってのは愛と愛の交歓だからな!」

この日の大野さんの最後の挨拶、
「ずっと僕らのそばにいてください

「愛しあえた」とか「ずっとそばにいて」とか、
大野さんにしては珍しくLove的要素なWordがちょいちょい入っていて、

どうしちゃったの、今日の大野さん!…とドキッとしてしまったのでした。
+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2011年 11月号日本映画navi vol.30Cinema★Cinema no.34FLIX 2011年12月号

≪雑誌リスト≫
続きはこちら >>


嵐Beautiful world国立その1

ARASHI TOUR
Beautiful world
2011.9.3(sat)~4(sun) in 国立霞ヶ丘競技場

WSやジャニーズwebをはじめ、先週発売の雑誌やTV誌などで、ライブのレポが出そろい始めました。
例によって記憶はすでに曖昧ですが、大野さん中心にレポに載ってなかった部分などちょろっと補足&感想などを。

≪3日MC編≫

この日は、缶けり。
大野さんがジャンケンに負けて鬼。
十字に伸びた花道の真ん中のセンターステージ部分に、会場中から見やすいように大きい特製シルバー缶。
私の席から見たイメージだと、直径10~15センチ、高さはお風呂の椅子ぐらいかな?
缶が大きいので大野さんは缶を守るため、足で押さえるのではなく缶に腰かけようとして

「あ、缶がケツに刺さった」

と言ってました。

メンバーが隠れるまで大野さんは顔を伏せて1分間カウント。
「い~ち、に~、さ~ん」
最初は会場のお客さんも一緒に声をそろえてみんなでカウントしていましたが、
23か28を過ぎたあたりからかな?大野さんのカウントが2つ抜かしとか4つ抜かしとかいい加減になってきて、
最後は「36、42、50」というように九九の段を読み上げるくらいの数字の飛ばしようでした

その間にメンバーは花道を四方に散って行きました。
メンバーの行方も気になるところでしたが、私はやはりセンターステージに残った大野さんだけを目で追ってしまいました。
姿が消えても、メンバーは声で挑発して来ますが、声は音響を使っていて会場全体に響いているので、すぐ近くにいるように感じるのにどの方角から聴こえているのか判断できません。

そんな状況に怯えて、缶からほとんど離れることができない大野さん。
翔くんは巻き舌でドラムロールのような音(声)を出して、大野さんを追い詰めます。
それをやられると、

「あ、怖い怖い、やめて

と、何故かいっそう怯える大野さん。
味を占めて何度も繰り返す翔さん。

最初に花道に姿を現したのは潤くんで、黒いバスローブ姿。
次に相葉ちゃん。
何故かぱっつん前髪におさげ髪のズラ、セーラー服という昭和の女子高生姿。
イマドキJKではなくドリフのコントみたいな女子高生姿ね。
翔くんとニノはカメラマンとか音声さんとかスタッフに化けて、下に降りて花道の陰に隠れてた?(客席の中にいたわけではないと思います。)

結局、誰一人捕まえることができなかった大野さんは負け!ということで、
メインステージに向かう4人から
「そこ(センター)に1人残って罰ゲームのモノマネ4連発(メンバーそれぞれ出題)」を命じられました。

最初のお題
「田中邦衛」 →これはテッパンですね。
次のお題
「アントニオ猪木」 →アゴは出てるけど微妙。しかも「元気ですかぁ~」ではなくて何を言ってるかわからない。
その次のお題
「出川哲郎」 →ぐだぐだ。これも「やばいよ」ではなくて何を言ったのかわからない。
最後のお題
「江頭2:50」 →「お~いっ」キマッタ。

そんなわけで、中2つはグダグダでしたが、最後のエガちゃんはポーズも決まりました。
「PON!」で猪木とエガちゃんのモノマネがOAされましたが、その際に「大野さんの捨身のモノマネ」とナレーションが付いてました
「PON!」でのアングルで見ると、エガちゃんのモノマネは
この日のMC冒頭で披露された
「(雨が降って滑らないように)気を使うBelieve」
の時のようなお尻を突き出したポーズでした

そうそう、このMCの時の衣装。
Happinessなどの時の、それぞれパステルカラー(メンカラー)のジャケットにデニムに蝶ネクタイ。
ドームの時から、大野さんが着ていると、アメリカンTVショーのコメディアンみたいだなぁってずっと思ってました(←あくまで私の脳内イメージのアメリカンTVショー)
そしたら、この「気を使うBelieve」の動きが、まさに私のイメージのコメディアンそのもので笑っちゃいました
つくづく、ナイスパフォーマーだなぁ。

そして、アンコールでの「ファイトソング」
なにやら全員センターステージに集まってやいやいとジャンケンが始まる。
今度もまた罰ゲームあるのかな?どんなんだろ?
誰が1抜けだったか覚えてないけど、相葉ちゃんは負け決定で、もう1人を決める決勝戦(決負戦?)が大宮のふたり。
面白かったのは2人あいこが出て、
その度

「くぅ~~~~っ」
「くう~~~~っ」

っと同時に2人そろってのけぞるところ。
気が合いすぎるのかなんなのか、何度やってもあいこで同じタイミングでくぅ~っを繰り返すうちに、勝負がついた。
ハイ、大野さん負け。
大野さん、ライブでの罰ゲーム率高すぎ。
もちろん、オイシイから大歓迎

08年国立の水槽ぽっちゃんもよかったけど、衝撃的なのは、07年のTimeツアーのドーム(京セラだったか東京だったか忘れた)。
ファイトソングでドームの天井から吊るされたゴムに括られて、
曲の始まりとともに、他メンたちが大野さんを押さえていた手を放すと、
大野さんが穿いていたGパンだけステージに残って(モチロンよってたかって脱がされた)、
その中身である黒スパッツ姿大野さんが「ぴょ~んぴょ~ん」と宙に舞っておりました

まあ、国立ではそんなやり過ぎたお遊びはないですけど、今回は聖火台までの移動ステージに乗せてもらえずに、階段を自力で駆け上るというもの。
大野さんは、中段以上まで休みなしに一気に駆け上がっていきました。
途中
「…っ比べった時点で負けてる~♪」
と、5×10ドームツアーの時にやっていた一本調子の歌い方で歌っていましたが、
頂上(ステージ)に到着したところで歌った
「今は~悩むこともあるでしょう♪」
の聞かせどころは、まったく息も乱れてなくてさすがでした

≪雑誌リスト≫
続きはこちら >>


秋の雑誌祭り

大野智 主演映画『怪物くん』キャスト登壇・完成披露試写会ご招待!
嵐 超特大!ライブリポ
5人が創り出したBeautiful Worldをど~んと魅せます!
9/22(木)
【Amazon】
SODA 2011年 11/1号
B005KJBV4K
【セブン&アイネットショッピング】 SODA(ソーダ) 2011年11月号
【楽天ブックス】 【送料無料】ぴあ別冊 SODA (ソーダ) 2011年 11月号 [雑誌]


今週のレギュラー番組での大野さん名言。

VS嵐で…
なぜ嵐はレギュラーで長年ゲームしてるのに、こんなに勝てないの?という場面で
『良くできたゲームなんだろうね』

ひみつの嵐ちゃんで…
ボツメニューで
『デザートが来たと思う、プリンにしか見えない』

どっちも誰も傷つけたり責めたりせずに笑いをとり、ゲームを考案したスタッフや料理を作ったシェフにちょっぴり敬意も入っていて巧いこと言った!と思いました。大野さんのとぼけたキャラで発言するから、なおさら◎

そして、「しやがれ」の水墨画VTRを、目をキラキラさせながら身を乗り出して覗き込む大野さんにキュン
小窓の小さな画面なのに、大野さんの興味と関心がこぼれ落ちそうなくらい伝わってきました。
今年は若冲の水墨画の手法にも触れたし、新たな作品を制作とまでいかなくても、
墨に興味を持って、ひっそりと自分なりの技法を試したりしてたら素敵だな。

来週の彼氏に守られる彼女役も楽しみ超
やりすぎなのに、どことなくリアル(笑)

ところで、『映画怪物くん3D』公開に向けて、いよいよ秋の雑誌祭りがはじまりますね!!
映画関連のカルチャー誌は表紙祭りです。
+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2011年 11月号日本映画navi vol.30Cinema★Cinema no.34
9/27(火)
【Amazon】
+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2011年 11月号
【セブンネットショッピング】 +act.(プラスアクト) 2011年11月号
【楽天ブックス】 【送料無料】+act. (プラスアクト) 2011年 11月号 [雑誌]
9/29(木)
【Amazon】
日本映画navi vol.30
【楽天ブックス】【送料無料】日本映画navi vol.30
10/01(土)
【Amazon】Cinema★Cinema №34 (LOOK at STAR!  11月号別冊)
【楽天ブックス】【送料無料】Cinema★Cinema (シネマ・シネマ) 2011年 11月号 [雑誌]
表紙&巻頭特集は、大野智『怪物くん』巻頭綴込みワイドページ有り。
10/3(月)
【Amazon】シネマスクエアvol.41 (HINODE MOOK NO.80)
【楽天ブックス】【送料無料】シネマスクエアvol.41
10/4(火)
【セブンネットショッピング】
Tokyo WALKER 2011年10月18日号
Kansai Walker 2011年10月18日号
表紙:大野智(嵐)
10/5(水)
【Amazon】
アクチュール 2011年 11月号 No.26
B005Q5Y3WU
脚本家:西田征史さんと対談(表紙は岡田将生)
10/18(火)
【Amazon】ピクトアップ 2011年 12月号 [雑誌]
【楽天ブックス】【送料無料】ピクトアップ 2011年 12月号 [雑誌]
10/19(水)
【Amazon】
Cut (カット) 2011年 11月号 [雑誌]
10/21(金)
【Amazon】FLIX 2011年12月号[雑誌]
☆COVERインタビュー&撮り下ろし☆大野 智/『映画 怪物くん』でもキャラクター色の強い役を見事に演じきった大野 智。彼が芝居の場で見せる姿だけではなく、嵐としてステージに立ち、歌い踊る姿は“完璧”だ。そのパフォーマンスは観る者を魅了し、誰もが惜しみなく称賛するほどだ。
10/22(土)
【Amazon】SODA 2011年 12/1号
【楽天ブックス】【送料無料】ぴあ別冊 SODA (ソーダ) 2011年 12月号 [雑誌]
大野智、変幻自在の秋
櫻井翔、『謎解きはディナーのあとで』
嵐、バラエティ現場リポ


「マジかよ」いろいろ

いよいよ国立公演ですね
台風の影響が心配ですが、どうか2日間とも無事に公演が遂行できますように。

本日発売のオリ★スタのSeaclet of ARASHI は大野さんです。
その中の読者からの質問で、今回のアルバムで大野さんがソロ曲以外で振付けた曲は「negai」だと答えていました。
(※WEBオリスタで読めます)

私が予想したのは「モーニングライト」か「遠くまで」だったんだけど、違ってたぁ

大阪初日と札幌ドームに参戦しましたが、「negai」は、今後の私のダンス注目曲イチオシのうちの1曲ではあったんです。

最初は、曲調が激しいダンスチューンではなく、しっとり歌い上げて歌詞を届ける系の歌なのであまり踊っているとは思わなかったんです。
メインステージの背景になる巨大ビジョンには、白い服を着て切ない表情の5人が5分割で映し出されます。
手のひらで涙を受け止めて、そこから芽吹いて希望となって舞い上がるというような、イメージ映像で演出されます。この映像の大野さんもイケめているので、ついついビジョンに注目してしまう。
それと2コーラス目が5人がソロを歌い繋いでいくリレーのようになってますよね。
そうするとソロを歌っている人に順番にスポットが当たっていきます。

実は、スポットが当たってソロを歌っている人にはほとんど動きはなくて、その背後の4人が薄暗い中で、なかなかの振り(バレエのようなゆったりした感じ)をしていたことに気づいたのは札幌で。

次回はスポットが当たっていない時の大野さんにも注目だ!!と臨んだ札幌の最終日。

「negai」の前の潤様くんソロの時に私の足元がヒンヤリしてきたな、と思ったら大興奮の相方(モチロン潤様ファン)の椅子の下にあるペットボトルがいきなり大量の水漏れを起こし、たちまち湖状態に。
どうやら相方は興奮しすぎてペットボトルをスゴイ握力で握ったようです。
当の本人は潤様に夢中でまったく気づいてません
慌てて周りの方まで被害が波及しないようにペットボトルの始末をするというハプニングを引きずったまま「negai」に突入してしまったので、まだちゃんとチェックできていません。

これから参戦する方は、ぜひぜひ大野さん振付目線でも楽しんできてください。

お天気の影響もあるし、国立の演出やセットリストがどうなるかはわかりませんが、
ドームでは、この曲からLotusに続くので、このメインステージでの流れはガッツリフォーメーションが楽しめるところです。
スタンドサイド席だった時は、Lotusの最後の両手をクロスさせて蓮の花弁のようにクルクルっとひるがえす振りのところで、大野さんの手の動きがよく見えました。
テレビやPVだと、その部分は大野さんの立ち位置が後列なので隠れてしまって見えづらいのですが、ライブだと正面席でなくても、逆にそういう見どころもありますね。

今年の国立は雨に見舞われそうですが、みなさん雨対策は万全でお臨みください。

だいぶ昔の話ですが、私が猿○岩のファンでイベントに遠征しまくりだった時に、やはり野外(というか路上ステージ)で大雨に打たれた時のこと。
簡易合羽だったので、フードが小さくて前髪まですっぽり被らなかったんです。
で、イベントの間中、前髪からしずくが落ちていたんですが、これが大変なことに。
夕方、雨が上がっても街中がぼんやりぼやけて見える。
大雨の後で街にモヤがかかっているんだろうと思っていました。
翌朝、ホテルで目が覚めると、目を開けることができない!!
洗髪をしていて、目にシャンプーが入ってしまった瞬間のぎゅ~っと目をつむる、あの感じが続いていて目を開けることがまったくできないのです。
遠征先、しかもGWの朝だったため、どこの目医者さんに診てもらえるかアテがなかったので、救急車を呼ぶハメになってしまいました。
なんとか診てもらえる目医者さんに連れて行ってもらい、目の中を洗浄してもらいました。
整髪剤が溶けて目に入り、角膜を傷つけていたようです。
1時間半ほど休んで、ぎゅっとしていなきゃいられない痛みは和らいだものの、まだ目を開けることはできずに、午後のイベントはあきらめ、友人になんとか新幹線に乗せてもらい、東京駅までダンナに出動してもらってなんとか手探り状態で帰宅しました。みなさんに迷惑をかけてしまったお恥ずかしい体験です。

それ以来、合羽は大きめのサイズで頭がすっぽり入るものを、フードの下にはサンバイザーで雨除けをしています。別の雨降りイベントでアリ○シ本人に「ずいぶんスゴイ恰好してますね」と笑われたけど、大雨の時は見かけは問題外です。
しっかりステージに集中して楽しむためにも、装備は万全に。


ところで、昨夜のVS嵐、大野さんの「マジかよ」のバリエーションよかったですね~
「マジかよ」って「あげぽよ」と違って使い古されている言葉なのに、新ギャグと言われるほど笑いが取れるとは!!
「間」とか「タイミング」とか「表情」に大野さん本人のキャラクターがあっての成せる技ですね!!

いざという時に、しっかり点数を稼いでチームを支えるバツグンの安定感と信頼感、そのうえ「顔芸」だから顔がないと面白くないからね…とお笑いのリズムがわかってるところが頼もしい


相手チームから青いブルーパックを返却されての「マジかよ(笑顔)」と勝利が決まった後の「マジかよ(キメッ)」が好きです。
最後のフラフープも可愛くって、順番を変えて毎週挑戦するのを見てみたいです。

先週の「ロック謝罪」と「まりこちゃんごめんね」も何度もリピってます。
隠れちゃうところとか、あれも大野さんのキャラがあっての面白さだと思います


+act. (プラスアクト)―visual movie magazine 2011年 11月号


  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad