+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


大野智ソロコンサート【1】

Extra Storm in Winter '06 "2006×お年玉/嵐=3104円

2006年1月29日~2月26日に6ヶ所7日間13公演 行われた大野さんのソロコンサート。

最近、大野さんファンの間で再びソロコンを望む声も上がっていますね。
今更ですが、ソロライブについて、このブログでもこっそり語ってみようと思います。

前置きが長いです。

2002年:映画ピカ☆ンチで“気になる人”へ
2005年:エアギター(Gの嵐)で“忘れられない人”へ
2006年:ソロコンサートで“抜け出せない人”へ


私が大野さんにハマっていった経緯です。

もともとアジアが大好きで何度も旅行に行っていた私は、1997年4月にスタートした電波少年の企画、
「ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅」をスタート時から欠かさず見ていて、すっかり猿岩石(アリヨシ派)のファンになり、彼らの帰国後、公式ファンクラブ(=さるとも)結成と同時にさっそく入会しました。

その後もずっとアリヨシのファンで、映画『ピカ☆ンチ』は猿岩石が出演していることから、猿イベントの一環として、さるとも3人でわざわざグローブ座まで観に行きました。
目的は猿岩石でしたが、映画として楽しむためにストーリーぐらいは予習していこうと思って、
『ピカ☆ンチ』の公式サイトを見てみましたが、相関図も全てイラストなので、いったい誰がどの役やら。

映画が始まると、観客はもちろん嵐ファンばかり。
イノッチ先輩の登場で笑いが起こっていたけど、私たち3人だけ笑いドコロが違って、お猿のストラップや「白い雲のように」のカラオケや猿岩石登場シーンに必死で笑いを押し殺す。(太田プロのマネージャーまで登場していて笑った)…ちなみに堤幸彦監督は、猿岩石のPVや全国ツアーの監督もしていたのです。

あくまで猿岩石を確認しに行った映画でしたが、見終わってみると、純粋に映画の世界観にハマれて楽しめたし感動もしました。

そして映画の余韻とともに、ひとりの男の子が私の心の中に残ったのです…それが大野さん演じるハルくん。

原宿を歩けばキャッチセールスに引っかかるところや、それでもけなげにバイトを頑張るところや、一目惚れした女の子をニノに取られるし、打ち上げ花火のシーンはインパクト大。なんか、もうほっとけない。
無意識だけど、おそらくルックスも自分の好みに合ってたから心にすっと入ってきたんだと思う。


でも当時の私は、世間から「風に吹かれて消えていったな」と言われている猿岩石を一生懸命応援していました。
ファンサイトを運営し、最後の一人になってもアリヨシの理解者でいよう…何なら骨も拾おう、と心に誓っていました。
なので、大野さんに心移りをすることはなく、さるともとしての日々の応援活動に邁進。


そして巡ってきた『ピカ☆☆ンチ(ダブル)』の季節(2004年公開)。

映画公開に先駆け、たしかフジテレビの深夜に『ピカ☆ンチ』のオンエアがありました。
猿岩石ライブラリーの一環として、VHSに録画保存。

こうして久しぶりに『ピカ☆ンチ』を再び観たら、やっぱりどうもハルくんが気になる。

『ピカ☆☆ンチ(ダブル)』公開時、また同じさるとも3人でグローブ座に乗り込む。
前回は、どこで猿岩石が登場するかばかりが気になっていたけど、
今回は、ほぼ最後まで登場しなかったせいもあって、映画を見ているうちに、すっかり猿岩石のことは忘れていた。

翔くん演じるチュウが家族を養うために、頭にネクタイを巻くところと、
ハルの「ついてけないよ…」には、不覚にもウルッときてしまった

そして、それまで何となくテレビが点いていた程度で特に意識していたわけではない嵐の番組、日テレ深夜の「真夜中の嵐、C・Dの嵐」フジのお昼の番組「なまあらし、嵐の技ありッ!」でしたが、自然と大野さんに注目するようになっていました。

『Dの嵐』の中の“Oの嵐”で、西郷隆盛とトイレのコラボというOGアートのシュールさとクオリティの高さに驚愕(笑)

2005年の春からは、フジのお昼の番組で嵐が中華街で中国語を習う企画が始まって、私も以前に中国語を習っていたので興味を持って、それまでは見たり見なかったりが毎週欠かさず見るようになり、番組の企画も「まごまご嵐」へと変わっていきました。自然と大野さんが孫の回を心待ちにするように。

2005年の秋くらいから、我が家でも録画可能のDVDレコーダーを導入したので、フジと日テレの嵐のレギュラーは録画もするようになりました。

『Gの嵐』での、エアバンドオーディションの大野さんが面白くて面白くて、夜寝る前、朝起きたとき、会社に行く前、会社から帰るとすぐ、という具合に毎日何度も何度もリピしました。
なんだろう、なんでだろう、このワクワクする気持ち。

ネットで嵐の情報を探るようにもなり、確実な情報を得るには、やはり公式ファンクラブに入会が1番!と手続きもしました。

そして年が明けて2006年、大野さんのソロコンに初めて参戦しました。

でも、あくまで自分なりのプロフィールは、アリヨシファン歴10年目。
とくに2004年の3月に『ピカ☆☆ンチ』を見に行った2ヶ月前の1月のこと。
毎年行っていた猿岩石のファンクラブ海外ツアーのベトナムで、彼らから直接、
「実は3月末で解散します。それまではネットなどで公にしないでください」と衝撃の告白を受けていたのです。
⇒(結果的にこれが最後の海外ツアーになり、私たちは最後まで参加し続けた伝説の11人のファンになったのです)
グローブ座で『ピカ☆☆ンチ』を観ながら
「今ここで映画を見ている人たちは今月で猿岩石が解散するなんて知らないんだ(…っていうか興味ない)」と切ない思いも抱いていました。
そうして解散後もピンで芸能界に残ったアリヨシを、変わらずにずっと応援しようと心に誓っていました。

そんな状況の中ですから、あくまでメインは(地獄の真っ只中にいる)アリヨシさんのつもりでいました。

でも大野さんのソロコンを見てしまってからは、思いが止められなくなり、次は絶対に嵐5人のライブに行くんだと心に誓い、こっちがメインになってしまいました。

アリヨシの地獄時代真っ只中、私はイベントにはどこへでも駆けつけ、自分のファンサイトにレポや番組の感想を書くことを通じて、アリヨシを一生懸命応援していたので、サイトを訪問してくれるファン仲間や、
なによりサイトをチェックしてくれていたアリヨシ本人に気づかれてはいけない。

あ~、でもこの感動を残したい。
どうしても書きたい衝動を抑えられず、サイトの中にひっそりと綴っていた日常生活のブログ(いわゆるプライベートの日記、アリゴトとジブンゴト2つのブログに分けていた)にしたためました。

なので、立場的には大野さんファンではなく一般目線のつもりで書いています。
そしてジャニヲタ怖い!と思っていたので検索避けで固有名詞も避けています。
今見ると、文体もちょっと気持ち悪いです
抑えきれない正直な感動を、できるだけ抑え気味に書いています。

実は今でもこのネットの大海のどこかにひっそりとアップされている、その日の記録を、
7年の月日を経て、ここに転載、公開しようと思います。
※原文のままですが、あとから勘違いが発覚した箇所は、誤解のないように赤字で加筆訂正しました。

では、ご興味を持ってくださった方はどうぞ。
続きはこちら >>
スポンサーサイト


ひみつの嵐ちゃん・最終回

ついに終わってしまいました。
気づけば5年もやっていたんですね。

長くレギュラーで冠番組をやっていた、フジや日テレに先駆けて、
いち早く嵐の冠レギュラーをプライムタイム、しかも1時間番組でやってくれたTBS。
当時、「花より男子」や「山田太郎ものがたり」で嵐のメンバーが活躍して高視聴率を上げていたから、
そのご褒美かなぁ~と思っていました。

自分の周りでは、この番組、とくにマネキンなどをきっかけに、嵐のことが主婦層に浸透していった印象を受けます。
アラシちゃんから嵐ちゃんにリニューアルした頃、数席しかないような近所のビストロに行った時に、アラフォー女性の3人組のテーブルから
「ひみつの嵐ちゃんで松潤が~」と聞こえてきてびっくりしました。
それまで職場とかでは、私がファンだと知っていて話題を出してくる人はいましたが、街で偶然にそういう年代の方々が話題にしているのに遭遇したことはなかったからです。しかも近所という限られたマイナーな場所で。

今では最寄り駅でも、国立ライブのある日はツアーバッグを持った人を何人も見かけるようになりましたが。


私はアマツカゼの凪様が大好きだったので、アラシちゃん開始当初の大野さんのビズとミルクティー色の髪はお気に入りでした。
原宿のKDDIデザイニングスタジオまで番組PRポスターの写真を撮りに行ったのも思い出です。
その時の大野さんのチャックの中のヒミツは、このBrog開始当初からずっと⇒のサイドバーに貼ってあります。

番組開始当初は、見切り発車感が否めませんでしたが、「社会科解明バラエティ」はもう少し成熟するまで続けても良かったんじゃないかな。
やたら世界のビックリ映像を垂れ流し(しかもYouTubeの画質悪い映像だったり、いろんな番組で見る映像とかぶっていたり)やアゲ嬢や整形美女紹介のキツイ時期を経て、ちょくちょく挟み込まれる嵐がロケに出る単発企画は、どれも斬新で面白かったです(ちょっとフジのお昼時代の企画とかぶってたけど)

チャイルドマインダー・ゴブリンシャーク・クエ猟・スズメバチ退治・日光・肝試し・房総・
マネキンSPで寝袋のチャック閉めてもらう大野さん、Tシャツギネスでかき氷食べてお腹痛くなる大野さん etc

ヒューマンビートボックスも地味に面白かった。
メンバーの個人仕事の現場に音を貰いに行くところが新鮮だった。
大野さんはテレ朝のスタジオでドラマ「歌のおにいさん」撮影中。
大野さんの個人仕事がドラマ撮影中というのが感慨深かった。
ドラマの控え室でコーヒー飲んでる大野さんの姿というのも貴重。

思えばそのへんから、メンバーそれぞれの仕事現場から集合するオープニングCGに発展していくのかな?
そういえば、昨年の「嵐のわくわく学校」のオープニング映像でも同じ手法が使われてた。
径くんが控え室でコーヒー飲んでた(笑)

震災後のスペシャルのオープニングCGやディズニーライブは秀逸だった。
がっつりテレビでディズニーとの共演を観れたのは初めてだったし。
相葉ちゃんの「この夢よ醒めないで」という言葉も良かった。
そのステージのあとに
「ディズニーリゾートでは只今お休みをいただいて皆様をお迎えする準備をすすめております。」
というテロップを見て
逆にこの大震災という現実の方が夢だったらよかったのに…とも思った。

二人体制になったのは、もう2年も前のことだったんですね。
「大野フィッシングクラブ」はありがたかったですね~。
VIPルーム・VIPリムジン・シェアハウスなどでは、積極的に女性ゲストに絡むことのない大野さんですが、
大野FCでは女優さん相手に饒舌に釣りのレクチャーをするのが新鮮でした。
大野さんの釣り話はよく聞くけど、実際に釣りをしている姿を見れたのもこの番組ぐらいだし。

二人体制になってから付随する後半部分のコーナーもいろいろありました。
ラストミッションで、大野さんがキス顔やお笑い芸人のネタコピーの回に当たらなかったのはちょっと残念。
初めの頃、大野さんが「リストランテBOTSU」に登場する機会が多かったですね。

大野さんて日テレの深夜時代(DGの嵐・宿題くん)に、絶対に美味しいはずがないもの(時には危険なもの)を食べても、絶妙の間で「うまいっ!」というのが定番でした。
オグさんにも「どうせ、何食べても美味いって言うんだろ」と言われてました。
(いや、この絶妙な“間”が大事なの!と私は反発してましたけど)。

この「リストランテBOTSU」のコメントや「しやがれ未知」でニノにコーヒーを入れてもらった時の
「自分も一時期ドリップ式のコーヒーに凝ってたけど、これは苦味と酸味が噛み合っていてどちらも飛び出していない」というコメントを聞いたとき、私の中での「大野さん味オンチ疑惑」という思い込みは消えました。

「嵐にしやがれ」では宿題くんと違って、モノを食べて「うまいっ!」と抜かれるのは他のメンバーの専売特許みたいになっていて、
大野さんが「うまい」ということは、ほとんどなくなりました。
でも、あれは高級品や美味しいものが紹介されてるんだから「うまい」に決まってるんだもの。

本人も深夜時代に「俺はこの番組に命を賭けてるんだ!!」と発言したことがありましたが、見るからに不味そうなものや危険なものを口にして「うまい」と言うのは、味オンチではなく、大野さんなりに体を張ってキャラを作っていたのではないかと。(あくまで私個人の見解です)

大野さんはよく「しゃべらない」「仕切らない」から番組をサボってるという意見もありますが(VSのMMDAとかね)、オチの一言をはじめ、スキマ産業のように他のメンバーがやらない役割をちゃんとこなしていますよね。

…って話がそれてしまいました

嵐ちゃんの最終回も、シェアハウスの電気を消して、最後に部屋を出ていくのは、リーダーの大野さんの役目。

最後の挨拶は「非常に」を多用して、少々拙いものでしたが、
「この番組で学んだことを活かして」のロングブレス締めは最高でした。

立ち方も、習った通りに右足がちょっと前に出ていて、
最後、思いっきり息を吐き切ったあとに、プリッっとケツを締めるところがかわいかった

私も最後はテレビ画面に向かって、大野さんとサシでロングブレス締めができて嬉しかったです

エンディングのCG。
stillは好きだけど、5人それぞれが部屋出ていくという演出に、歌詞がリアル過ぎたかなぁ。
なんだか寂しくなっちゃいました。
延々CGで思い出の場面を振り返っていましたが、あのCGはのっぺらぼうなので、メンカラーを知らない一般の方々には退屈じゃなかったかな。
でもメンカラーを意識すると、
大野さんがカレーを食べていて、松潤がカフェに入ってくるところから、ニノのパクリ服発覚までのCG。
ちゃんとその時流れてるstillのソロパートリレーに合わせた登場順になってる。
ただの偶然かもしれないけど、わかって創っているとしたら、かなり凝ってるなぁと。

最後のエンドロールにたくさんのスタッフさんの名前と顔(集合写真)。
きっと5年間を通じて、嵐5人としての良さ、また個人それぞれの良さもたくさんわかってくれてると思うので、
いつかまたその良さを生かした番組を作ってくれますように。

5年間お疲れさまでした。
「ひみつの嵐ちゃん」ありがとうございました。


嵐Popcorn見どころ(自分メモ)

 ARASHI LIVE TOUR Popcorn 4/24発売決定!!
ということで、大野さん中心の、自分なりの見どころメモです。 
【Amazon】
ARASHI LIVE TOUR Popcorn(初回プレス仕様盤) [DVD]
ARASHI LIVE TOUR Popcorn(通常盤) [DVD]
【楽天ブックス】
【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Popcorn 【初回プレス仕様】 [ 嵐 ]
【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Popcorn 【通常盤】 [ 嵐 ]
【セブンネットショッピング】
嵐/ARASHI LIVE TOUR Popcorn<初回プレス仕様>
【楽天アットマークジュエリー】
頑張れ嵐ファン(>▽★初回プレス仕様★ARASHI LIVE TOUR Popcorn■時差予約開催中

★オープニング★
カプセルみたいな容器に入った登場シーンがとにかく可愛い。
本当にお人形さんみたいで、そのまま持って帰りたくなる。
5人5様のPOPな衣装も良い!
そしてカプセルの中から出て来た時の「本物だぁ~」の衝撃…からの、大野さんセンターで「Up to you」 スタンバイ。

★Up to you★
大野さん振付。全体のフォーメーションもいいけど、細かいステップもDVDではぜひチェックしたい。

★Cosmos★
大野さん振付。ピルエット(ターン)、ぜひ何どもリピしたい!
ライブでは大野さんばっかりに注目していたので、DVDではジュニアも含めて、壮大で優美な全体のフォーメーションを堪能したい。翔さんのラップの時の、腕を回す振りが、ちょっとユルユルで面白い。

★スーパーフレッシュ★
大野さん振付。
みんなで花道を行進するところ。
「♪君に感謝をするとき」胸に手を当てておじぎ。
行進から途中、羽ばたくように手を広げてのステップ移動。
フラミンゴみたいな片足立ちのおじぎ。
そして、センターステージの嵐5人を真ん中にはさんで花道から横1列に並んだジュニアを含めての、
長いウエイブ!!素敵です。
ザ少年倶楽部プレミアム「Works」では、本当の見どころと思われる部分はやらなかったので、DVDが楽しみ。

★駆け抜けろ★
フルで最初から最後まで、きっちりある振付!
とくに激しいダンスナンバーっていうわけじゃないけど、歌詞に合わせていい感じにまとまったパッケージ感。
一般にも馴染みのあるCMソングなので、Mステあたりでテレビ披露がなかったのが惜しまれる一曲。
ぜひ、まだの方には見ていただきたい。

★ついておいで★
大野さん振付。WSではこの曲の振付ばかりがフューチャーされるけど、個人的には(大野さん振り付け曲の中では)物足りない曲。
私が、独特で面白いと思うのは釣り以外にも、“ネクタイ締め直す”振りと“よ~いドン”みたい(笑)なのと、
間奏に合わせてぐるぐるぐるぐる回ったと思ったら、まさかの逆回り。ちょっと「ふざけてんのかっ!」とツッコミを入れたくなった(笑)
いつかのMCで大野さんいわく(どの部分かわからないけど)、「専門家がみたら、こんな振り付けするの!?と思われる」と語っていました。(ちょっと邪道という意味だと思う)

★two★
これはもうフルで大野さんですから。DVDで心ゆくまでリピして隅々まで堪能するのが楽しみ。
Time DVDの「song for me」の口元・指先アップのような映像ならではの演出があっても可。

★Lucky Man★
曲の最後に、私の大大大好きな「サクラ咲け」のPVと同じ、マイケルポーズ(ふぉ~っ!っていうやつ)をやってたんだけど、DVDに捉えてくれてるかなぁ~。
ポップコーンマンの衣装だから、かっこいいというより、ちょっとおどけて可愛い。

★リフレイン★
これは絶対リフレイン前のアクセントダンス。
雨を意のままに操る魔術師、大野智に注目。
でも、ウォータースクリーンの演出を見せることに力を注いだ映像になっていたら…とちょっと不安もあり。
期待は控えめにしておこう。
本編のリフレンももちろん素敵。赤い傘を手にして踊る姿は、どこのミュージカルスター?って感じ。

★Facedown★
Facedownの曲前、稲妻の中でスクリーンにうごめく5人のシルエットが浮かぶ。泥棒のイメージを彷彿させる。
「♪孤独な夢に~」は眉間に皺を刻む大野さんの切ない表情を抜いてくれるかしら(祈)
ここはね、大野さんファンとフジテレビの歌番組のカメラにしか伝わらないけど、「榎本」の存在(ヒトトナリやその人生)が凝縮された大事なフレーズだと思うのです(`・ω・´)キリッ
ライブのモニターでは抜かれていなかったので、私はMY双眼鏡でアップにして見てました。


ポプコンは、自身が振り付けした曲が多かっただけに、
いたるところで、大野さんらしいステップが見られた気がします。
アラフェスもそうだったけど、大野さんの振付けという見所が増えて、DVD発売が、より楽しみです


※DVD発売後に、このメモを踏まえた感想をエントリーしました。
嵐Popcorn(DVD)見どころ検証⇒コチラ


03/16のツイートまとめ

mado_s

今日は地元の映画館で「プラチナデータ舞台挨拶生中継付き」の12:50の回を観てきました。
03-16 21:54

映画はスケールが大きく、内容も面白かった。ニノの柔らかい演技とハードな役柄の両方を観れるのはいいな、と思いました。
03-16 21:55

水原希子の役もよかった!
03-16 21:57

映画の世界観に入っていたのでEDロールで「Breathless」で、大野さんの歌声が聴こえたら、懐かしい人に再会できた気分だった(笑)
03-16 22:01

舞台挨拶の中継は、「怪物くん」の初日にもやってほしかったな。全国の大野さんファンでお誕生日と封切り初日のお祝いを一緒に祝いたかったし、あの瞬間の大野さんの姿を見てもらいたかった。
03-16 22:02


【追記】
つぶやき忘れた…
澤野さんの音楽も、緊迫感あってすごく良かったです!


アマゾン嵐popcorn DVD予約開始  

【Amazon】 
ARASHI LIVE TOUR Popcorn(初回プレス仕様盤) [DVD]
ARASHI LIVE TOUR Popcorn(初回プレス仕様盤) [DVD]
ARASHI LIVE TOUR Popcorn(通常盤) [DVD]
ARASHI LIVE TOUR Popcorn(通常盤) [DVD]


【セブンネットショッピング】
嵐/ARASHI LIVE TOUR Popcorn<初回プレス仕様>

【楽天ブックス】
【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Popcorn...

【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Popcorn...
価格:5,600円(税込、送料込)

【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Popco...

【送料無料】ARASHI LIVE TOUR Popco...
価格:4,199円(税込、送料込)




VS嵐 MMDA

2012年度 年間もっともダメだったMMDAは「大野智」さん


真っ黒けっけのゾンビで這い出してくる姿も面白かったけど、
最後に階段ごと運ばれて去っていく時の、半身振り返って手を振る姿。

真っ黒のシルエットなのに、あまりの可愛さに愕然。
なんで形だけであんなに可愛いのか。
まっ黒クロな影姿なのに、後ろほっぺのラインがくっきり見えていて、本当にかわいらしかった。

ライブの衣装とかバラエティでも、大野さんのツナギ姿、大好きなんです。
大野さんのサイズ感とか体型にめっちゃ合っていてカッコイイっていうよりは、可愛さ満載。
Mステで5人揃った時のトラブルメーカーの白い衣装もかわいかった。


ところで、大野さんがキレるところは、毎回、予告やラテ欄に使われることが多いから、
番組的に見せ場のひとつと考えられているのかもしれませんね。

そして、ダメコーナーでそんな見所VTRを作りたかったのはわかるけど、
ひとつだけ、「ショットガンディスク」のハーネスの件で、スタッフに噛み付いたとされたのは納得いかなかったかな。

土曜のお昼のローカル時代。
VS嵐が始まったばかりの頃。
ローリングコインタワーのテーブル回転が今までにないくらいに続いてタワーがどんどん高くなって行きました。
それはたぶん、スタッフの想定を超えていたのでしょう。
当時、テーブルより若干低い位置まで(たぶん最初の3段)しか踏み台が設置されていなく、
ついに積み上がったタワーの先端に大野さんの手が届かずに負けてしまったことがありました。
ゲストチームは嵐よりタッパのある人も多く、とくに小柄な大野さんは気の毒でした。

その時は誰が責められたわけでもありませんが、
次の週から、タワーが積み上がって踏み台の高さが足りなくなりそうになると、
速やかにスタッフが箱を出してきて踏み台の上に置き、高さを足す対応をするようになりました。

現在のローリングコインタワーはもっとちゃんとしたセットに改良されていて、セットの踏み台の高さが足りずにゲーム終了なんてお粗末な結果にはならないでしょう。

そういえば、ゴールデン進出の大々的な記者会見。
ジャイアントクラッシュお披露目で、倒れるはずのゴールデンの獅子が、ビクともせずに居座っていたこともありましたね。

新ゲームは、もちろん安全面を最大に考慮しながら、何度もテストを重ねてのスタートとなるんでしょうが、
実際に対戦相手とのゲームの中で、想定外だったことも起こるものです。

ゲーム採用以来、初めてあのポジションに立った大野さんのハーネスの長さも、テストではなく実際の本気のゲームのさなか、勢いよく飛んできたディスクを拾い集めるには不具合な長さだったと。
大野さんもやりにくさを感じたからこその発言だったと思うし、
もちろんあの時、スタッフさんもその事態をちゃんと理解していたと思います。

でも、ダメコーナーの為のオモシロVTRを作るために、「自分の出来の悪さをスタッフのせいにして噛み付く人」という演出やメンバーの煽りは、ちょっと残念な気持ちになりました。
実際、スタッフに対してモノを言ったのはその時だけだったし。


ファンとしては、大野さんのポテンシャルを発揮してゲームで活躍している姿をいっぱいいっぱい見たいと思っちゃいますが、スポーツ番組ではなく、あくまでバラエティー。
しかも嵐はホスト役ですから、高得点ばっかり奪取するわけにも行かず。

でも、時々巡ってくる、嵐チームが大差で負けていて、このままではその後のゲーム展開自体が面白くなくなってしまうというような流れ。
ここで「リーダー何点獲って!」というハードルが上がっている時に、有言実行で確実にその得点を出してしまう大野さん。

先日のピースと組んだコロコロバイキングや、正月SPの20秒残してのクリフクライム(ちょっと惜しかったけど)、伊藤アナ天の声引退の時のデュアルカーリングの指名対決、いつかのバウンドホッケーの連続ゴールなどなど。
相手チームも舌を巻いて納得するような、大野さんが輝いてるそんな瞬間が時々見られるのが楽しみかな。


  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad