+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨の記憶

TVドラマ放送から5年・・・遂に、特典映像もブルーレイに収録された高画質・高音質仕様で甦る!!
【Amazon】
魔王 Blu-ray BOX
【楽天ブックス】
【送料無料】魔王 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 大野 智 ]
【セブンネットショッピング】
魔王 Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)
TVガイドPLUS (プラス) VOL.11 2013年 8/12号 [雑誌]

…ということで、あれから5年ですよ
ブルーレイ発売記念に、5年という時を経て、私の忘れえない記憶もここにこっそり記しておこうかな、なんて思います。(略語は好きじゃないんですが、検索避けのため、略語&役名を使用します)


【プロローグ】

「花男1」「花男2」「山田太郎」など、嵐さんの出演するTBSドラマは、公式サイトでボラエキ(ぼらんてぃあ・えきすとら)のページも毎回チェックしていました。
まあ、でもこれらのドラマはほとんど「高校生に見える男女募集」ということで私には縁がありませんでしたけど
唯一「花男2」最終回の卒業プラムに応募して当選!潤様ファンの相方とともに、武道館でつくしへのプロポーズシーンのWAVEに参加できたのは素晴らしい思い出です。

いつか大野さんが連続ドラマに出演するようになったら、その時は何としても頑張らねば!と覚悟を決めていましたが、当時(2005年~2007年)はそんな気配もなく、現実的ではありませんでした。

そして、2008年ドラマ『魔王』がついに発表されました!!
これは私にとって「チャンス」でもあり「試練」でもあります。

さっそく、第1話放送開始前から「自分にもニーズ有り?」というシーンに応募しまくりました。
ただ、私はドラマ開始まで原作はいっさい見ずにまっさらな状態でドラマを楽しもうと思っていたので、
募集しているシーンが果たして、領様が関わっているのかまったくわからず。
それでもとりあえず応募してお呼びがかかるのを待つのみ。
公判のシーンでスーツが必要となれば、バーゲンのYシャツを880円で買い足し、ホテルのパーティーシーンとなれば、安いワンピースを通販で買い、いつでも出動OK。

それでもまったく呼ばれる気配なし。
(ちなみにこのワンピースは後に「夏虹」最終回の観劇シーンのエキ参加で役に立ちました)

音沙汰ないまま撮影日を迎えては過ぎ去り、その都度、心が折れそうになるけど、そんなのは普通。

求めさえしなければ味わう必要のない、この挫折感。
これこそが欲深い自分のあえての試練。


そしてそんな私にも、遂に…チャンスは訪れたのです




続きはこちら >>
スポンサーサイト


ついに魔王ブルーレイ化

放送から5年。
ついに、というかやっと?ブルーレイ発売が決定したようですね。

大野さんの主演作品のDVD・Blu-rayの中では、
特典映像のボリュームが一番多いので、もしレンタルでしかご覧になってない方には、オススメの逸品です!

【amazon】
魔王 Blu-ray BOX
発売予定日:2013年7月12日

【楽天ブックス】

【セブンネットショッピング】


05/09のツイートまとめ

mado_s

のぼり旗の画伯が可愛くて、夕飯のおかずが鮭なのに、ついつい鮭照焼うまいっしょ弁当買っちまった。道端で焦って撮ったから、裏画伯だし(/- -)/ http://t.co/0gpZC0wOwN
05-09 23:29

ちなみにこちらは、7日の発売日に買ったお弁当。ギリギリで桜島どりも買えた!付け合わせの玉子焼きとゴボウとつくねは共通でした。第三弾も楽しみ! http://t.co/U6THZLv3i2
05-09 23:36



嵐Popcorn(DVD)見どころ検証

DVD発売前に書いた嵐Popcorn見どころ(自分メモ)の検証です。

※この色の文章が嵐Popcorn見どころ(自分メモ)のエントリーで書いた記事の引用です。

★オープニング★
カプセルみたいな容器に入った登場シーンがとにかく可愛い。
本当にお人形さんみたいで、そのまま持って帰りたくなる。
5人5様のPOPな衣装も良い!
そしてカプセルの中から出て来た時の「本物だぁ~」の衝撃…からの、大野さんセンターで「Up to you」 スタンバイ。


[[検証]]
Overtureの映像~登場の流れというのは、実際のライブ会場ではもちろん大興奮なんだけど、
家でDVDを観ていて、ここまで気分がアガることはここ最近はなかったかも!!
映像と実像がつながっているのがいい!
カプセルの中の大野さん、腕の広げ方(角度)が本当にフィギアみたいに見える。
今まではオープニング衣装というと、それぞれの個性を取り入れつつも統一性のあるカラーやデザインだったけど、色柄カタチが全く違うのがPOPというコンセプトに合っていて良い。
DVDで寄ってみると、衣装って細部に渡るまで工夫が凝らされていることに驚く(会場では肉眼で確認できない部分なのに)。
流行りの装飾アイテムもいつもさりげなく取り入れられてますよね。
私はビジューが好きなので、翔くんの襟がまるごと欲しい(笑)

★Up to you★
大野さん振付。全体のフォーメーションもいいけど、細かいステップもDVDではぜひチェックしたい。

[[検証]]
もしかしたら、大会場では欠点にもなりかねないけど、この曲はフォーメーションがムービングステージサイズなのがとてもよかった。
ドームでも、双眼鏡の中に5人収めて鑑賞することができたから(実際は大野さんばっかり見てたけど)会場でもDVDでもストレスフリーで楽しめます。

のっけから「The★大野智的」動き満載の振り付けでしたね。
同じく大野さん振り付けの「Everybody前進」と同じステップも入ってました。
ダンスに関しては素人なのでうまく言えないのですが、
1と2の間にコンマを刻むような、大野さん特有の、手や膝など関節の動きなどもふんだんに盛り込まれていて、
他4人のメンバーもみんなそれを忠実に再現していて見ごたえありました。

コサックダンスや足パカパカなどユニークな振り付けと可愛らしい衣装が相まって、派手なセットや演出がなくても1曲目から「Welcome to our party」「Troublemaker」まで楽しめるオープニング曲でした。


あと最初の挨拶、相葉ちゃんの挨拶中に、大野さんとニノは大トロへ移動して大野さんは大トロの上で挨拶をすることになっています。
DVDには途中までしか映っていないのですが、いつもニノは大野さんの行く手を邪魔します。
きゃっきゃとふざけ合いながら、大野さんは必死に間に合うよう大トロの階段を登って行きます。

★Cosmos★
大野さん振付。ピルエット(ターン)、ぜひ何どもリピしたい!
ライブでは大野さんばっかりに注目していたので、DVDではジュニアも含めて、壮大で優美な全体のフォーメーションを堪能したい。翔さんのラップの時の、腕を回す振りが、ちょっとユルユルで面白い。


[[検証]]
これはDVDを観て、さらにびっくり。
東京ドームの横に広い大きなステージをふんだんに使ってのフォーメーションだったので、
ライブの時は、「Up to you」とは違って、全体を双眼鏡に収めることは不可能でした。
ひたすら大野さん中心にそちら側ばかりを観ていました。

なので本当に申し訳なかったのですが、大野さん側(右側)と反対側のJrは衣装が違うことを、DVDで初めて知りました。
そして、初日後の感想に“「グラウンド」とか「大地」を感じさせる振りになると想像してたのを覆して、とても優美で繊細なダンスに仕上がっていて意外”と書いたのですが、翔さん・にの側(左側)は右側とは、またテイストが違って力強い振り付けになってたんですね!!発想が凄い。

DVDならではの、細部から広範囲にわたって鑑賞できたのはありがたいのですが、欲を言えば、右側と左側を上下2分割画面などで同時に見られたらもっといいのになぁと思います。

★スーパーフレッシュ★
大野さん振付。
みんなで花道を行進するところ。
「♪君に感謝をするとき」胸に手を当てておじぎ。
行進から途中、羽ばたくように手を広げてのステップ移動。
フラミンゴみたいな片足立ちのおじぎ。
そして、センターステージの嵐5人を真ん中にはさんで花道から横1列に並んだジュニアを含めての、
長いウエイブ!!素敵です。
ザ少年倶楽部プレミアム「Works」では、本当の見どころと思われる部分はやらなかったので、DVDが楽しみ。


[[検証]]
これは見たいと思ったところ、ほぼDVDで堪能できた。
欲を言うと、行進途中の花道でのステップ。
翔くん大野さん相葉ちゃん、アングルが縦に並んだ感じになっていたんだけど、
ライブ会場で横から見たときのほうが、ステップが水鳥が水面から羽ばたいて飛び立つようなダイナミックかつ軽やかな印象を受けた。

会場で感じたまったく個人的な感想なんだけど、この曲は「君に感謝を!」という文字通り、お客さんへの感謝を表す行進&ダンスに、ジュニアも分け隔てなくみんな一緒に参加するので、この曲のあとの「a Day in Our Life」でジュニア君たちの花道でのフリーのファンサが、いっぱしのデビュー組アイドルのそれと同じように自信と笑顔に満ちていて、ちょっと微笑ましかったです。
パフォーマーというのは、やはりお客さんに見られてよい反応をもらうことで成長していくんだな、と思うと、バックでダンスアシストではなく、Jrたちもメインの一端を担っているという実感をもてる振り付けなのだとしたら、大野さん効果は大きいなと思いました。


続きはこちら >>


  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。