+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


“Japonism”ツアー 大野さんチェックポイント

今年の日テレ「ベストアーティスト」、生放送でショッキングな発表もありましたが、
大トリの嵐2015ヒットメドレー、よかったですよね。

今年発表した3曲をすべて平等にやってくれたのが嬉しかったです。
これらは現在Japonismツアーでも披露している3曲です。
ツアーでの大野さんの様子を見ていると、ビジュアルにもパフォーマンスにも、なんの懸念を抱く必要はありません。

ベスアーの本番でも、黒の衣装もシンプルでスタイルの良さが際立っていたし、「Sakura」のダンスはシャープでキレキレでした。

この衣装のシルエットは「暁」の黒スーツに通じるところが少しあります。(ツメエリ風なところなど)


「Japonism」ツアーも大阪で折り返しを迎えますが、
自分なりに大野さん中心に「見どころ&ぜひ今後チェックしたいところ」をメモしておこうと思います。



続きはこちら >>
スポンサーサイト


Japonism 名古屋初日の大野さん感想

名古屋公演初日に、パグTシャツを着て参戦してきました。

今回は、1塁側でしたが、右隣数人先は閉鎖されたブロックという、本当の見切れ席。
メインステージのモニターもセットも全く見えなかったので、どうなっているのかわかりません。
メインステージのセットの中で行われるパフォーマンスも、全く見えなかったので、サブモニターに頼るしかありませんでした。

なので細かいレポはできませんが、大野さんに関する感想だけ、簡単に。


ステージでの大野さんは宮城BLASTに比べて、堂々としていて、パワーアップしてるように見えました。
吹っ切れてるというか、生き生きとして元気でした。

それでもまだいろいろ言う人は居るんだろうけど、あの様子を見たら、立ち止まっているのはもったいないと心底思えます。

ライブに足を運べる方ばかりではないのは承知していますが、これから年末にかけて、多くの音楽番組でスペシャルライブが見られると思うので、
期待していいと思います。

マスカレードの振り付けは、「大人の少年隊」という感じ。
もちろん、少年隊は大先輩ですが、
1985年「仮面舞踏会」当時、少年隊は19歳。
今の嵐の方がずっとお兄さん。
そんなこともあって、スタンドマイクを使っての80年代テイスト・少年隊風の振り付けですが、
シャカリキ!という感じではなくエレガント。

曲の最後に、みんな上着の内ポケットをゴソゴソしてるなと思ったら、ビン?を取り出し、お水を口に含んでプシューッ!!
ウケた(ノ∀`)
よく見えなかったけど、内ポケットと手のひらに収まるサイズだったから、水の入った入れ物は、シャボン玉液の入れ物みたいな感じかな?と想像するとなんかおかしい。



大野さんのソロは圧巻。

 
前半のマスクイリュージョンの部分と、「暁」の歌唱部分と、きっちり2部に分かれていて、どちらも見ごたえあり堪能できます。
変わる仮面に合わせて、カツラや着物も変化。
掌から傘やなんやら出てくるし大野さん自身もイリュージョンで消えたりします。

変化する着物の最終形が白い襦袢風なんだけど、その下に黒いソロ曲の衣装着てます。

センターステージで「暁」披露。

♪(追いかけて)さざ波~ の時の手のモーションが美しい。

「心の空」でも♪春待ち桜 月夜の花火~
からの一連の手の動きも綺麗で素敵ですが、
ソロ曲となると、やはりそれよりもっと細かい振り付けになる気がします。

わたし的に意外だったのが、
一番最後、♪心にもあらで憂き世に永らえば~ の百人一首をフルで歌うところ。

もともとエフェクトかかっているからか、
この部分はロボットダンスのような振り付けでした。

この部分は女舞みたいな感じを勝手に想像してたので(^-^;

でも、これからライブ参戦される方!
大野智は期待を裏切りませんよ!


嵐CDデビュー16周年おめでとうございます。



10/31のツイートまとめ

sato4231

来週のしやがれ、智くんのペンライトアート「嵐」素晴らしい!
10-31 22:54



  TopPage  



Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad