FC2ブログ

+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 02/13のツイートまとめ  TopPage  大野さん37歳のお誕生日おめでとう >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/1073-3d4ac155


ありがとう『忍びの国』

忍びの国
7月1日公開の『忍びの国』
秋の訪れとともに、忍びの国は遠ざかってしまうかと覚悟した時期もあったけれど、
12月を迎え、年が明けたあとも、まだまだ忍びの国の上映が決まっている。
とくにドームツアーの日程に合わせて、札幌・東京・福岡・名古屋・大阪での応援上映や復活上映は、
2008年嵐初の5大ドームツアーに帯同した大野智個展『FREE STYLE ALL AROUND JAPAN』の時のようで感激しました。
私にとって、「忍びの国」は本当に大好きな作品、そして今年は忘れがたいスペシャルな1年になりました。
(毎年スペシャルなんですけど(^-^;)

関東在住で、上映館には恵まれていたので、今までに41回鑑賞しました。
下に内訳を書いたのですが、私がこんなに長い間、飽きずに映画館に通って作品を楽しめている理由は、
作品そのものの魅力はもちろんですが、それだけではありません。
公式さんが、字幕付きや応援上映など、いろいろ形態を変えて上映してくれる。
プレミアスクリーンやレトロな劇場など、いろいろな劇場の利点をファンがSNSで拡散してくれる。
誕生日応援や復活上映など、ファンの方々が劇場に働きかけてくれて、その想いを劇場側が実現してくださったり、工夫を凝らしたおもてなしをしてくださる。
あと、私自身、応援上映が大好きということも。

7/26第一回目の新宿バルトでの応援上映は、宣伝プロデューサーや伝吾と利助役の俳優さんもいらしてくれて、
あの時は、おそらく参加者全員が、
「応援上映を成功させて全国に繋げる使命」
を一心に背負っていたように感じる。
ちょっとでも声援が途切れてしまったらその願いも絶たれる、とばかりに、みんな最初から最後まで一生懸命に声出しした。
その後、ほかの劇場や全国各地の劇場へと広がっていってからは、みんな安心して落ち着いてマイペースなスタイルで応援上映を楽しむようになったと思う。

(関東の場合だけど)
8月は平日の夜が中心。
9月に入ると、土日の昼間に開催してくれる劇場が出てきて、今まで参加できなかった方も可能に。
そのおかげで、10月11月に入っても、初めて応援上映に参加します!という方も見かけた。
開催劇場や回数が増えて、最初は瞬殺だったチケットも、当日でも取れるようになったので、ファンではない一般の方や
ドーム開催日には、「忍びの国」初見の他担さんの姿も。
お台場は海外からの旅行者も多い場所柄、韓国や中国からのファンもよく見かけた。

関東では新宿バルトからの流れを汲んでいるので、
発声場所とかセリフとか、だいたいスタンダードだと思うのですが、
それでも場所や日によって、またお客さんの入りによって、毎回、雰囲気が違います。
私も、自分の掛け声の定番が10だとしたら、その時の空気で6~7くらいで留めておくこともあれば、
お隣の方に気を使って4~5くらいの時もある。
ただ気を使いすぎて3になってしまうと応援上映の醍醐味がなくなっちゃうかなとは思います(あくまで自分比)
そんなこともあって応援上映も何回通っても毎回違って飽きないんだと思います。、

私は「忍びの国」を観に劇場へ通う日々に、
かつて大野さんの舞台に通った時の感覚を思い出していました。
(…と言っても私の場合、2006年のテンセイクンプーと2008年のアマツカゼだけですが)

舞台はもちろん同じ作品を上演しているわけですが、
その場の空気とか、良くも悪くも役者さんのコンディションやセリフの掛け合いの妙とか、
観客側も座席の位置とか、自分のコンディションによって、毎回、感じ方が変わったりする。
まさにライブ、生きてるんですよね。

「忍びの国」も何度も通って応援上映で声をかけてるうちに、
本当にスクリーンの中に存在する「忍びの国一座」に会いにいく感覚になっていました。
幕が開くと、無門やお国はもちろん、腹黒い十二評定や、調子のいい下忍たち、伊賀の衆がいつでもそこにいてくれるライブ感覚。

そしてもちろん、こんなに飽きないのは、上映形態だけでなく、内容の良さと作品の持つ力、魅力的な演者さんたちのおかげ。
41回鑑賞しても、平兵衛との川のシーンと、お国とのラストシーンには毎回、泣かされる(;_;)
最近は鑑賞が2週間空くこともあったので、そんな時は、倍の涙が流れる。

こんなに長い間、味わうことができる素敵な作品と上映を、本当にありがとうございます。
「忍びの国」公開の2017年は素晴らしい1年になりました。


《舞台挨拶ライブビューイング》
movixさいたま(3回)

《通常上映》
movixさいたま(4回)
ユナイテッドシネマ浦和(2回)
新宿バルト(2回)
吉祥寺プラザ

《プレミアスクリーン通常上映》
TOHOシネマズ府中
TOHOシネマズ流山おおたかの森
TOHOシネマズららぽーと横浜

《字幕付き上映》
TOHOシネマズ川崎

《応援上映》
新宿バルト(2回)
TOHOシネマズ新宿
movixさいたま
TOHOシネマズ日劇
TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
池袋サンシャインシネマ(2回)
イオンシネマ越谷レイクタウン
横浜ブルク
TOHOシネマズ西新井
イオンシネマ春日部
シネマロサ池袋
イオンシネマ幕張新都心(3回)
TOHOシネマズららぽーと横浜
船堀シネパル
ユナイテッドシネマアクアシティお台場(2回)

《字幕付き応援上映》
新宿バルト(2回)
TジョイPRINCE品川

《ドーム開催日応援上映》
札幌シネマフロンティア
ユナイテッドシネマアクアシティお台場

通常上映16回・応援上映25回

DSC_2083.jpg
(8月11日TOHOシネマズ日劇での応援上映にて)









関連記事
スポンサーサイト

<< 02/13のツイートまとめ  TopPage  大野さん37歳のお誕生日おめでとう >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/1073-3d4ac155




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。