+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


札幌2日間まとめ

ARASHI Anniversary Tour 5×10
札幌ドーム2days
2009.11.14(土)~15(日)

9月の福岡ドーム以来、約2ヶ月ぶりの参戦です。
季節も晩夏から冬へ。

「ARASHI Anniversary Tour 5×10」のドームツアーには変わりないので、
セットリストや演出は基本的にそのままですが、
10月のACWや11月3日のCDデビュー記念日を経て、
メンバーの最後の挨拶に変化が感じられた気がします。

特に、大野さん。
14日は
「“こいつ調子に乗ってる、最近おかしい”と思ったら、僕らは自分たちで気づいていないかもしれないので、皆さんが教えてください」
15日は
「コンサート“またすぐ”やりたい。」

国立初日のような、10年間の想いと“今”に感慨深さを感じているという挨拶に変わって、
すでに11年目に踏み出して次のステージを歩き出しているような挨拶でした。

“次の10年も変わらず嵐とファンのみんなと一緒に楽しく過ごしたい、ずっと付いて来て下さい”
「見守ってください」から「付いて来て下さい」に変わったのも印象的でした。


以下、記憶をたどってMCの補足など少々。



札幌14日MC】の補足


翔さんが「ファンのみんなにとってもチャレンジウィークだったでしょう。録画が満杯でどうしようみたいな」って言ってくれたんだけど、
大野さんファンにとって30日は、まさに「撮って出し」ならぬ「録って編集」でしたね。

ニノが、「皆さんそれぞれどの番組に出たんですか?」と話を振って、
松潤は「魔女たちの22時」の話。
“お笑いを目指した男が有名ファッション誌の表紙を飾るように”というフリだったので登場しにくかったと。
それと「相葉君にそっくりだけど、相葉君より頭のいい人が出てた」という表現が可笑しかった。
ニノは「ぐるナイ」に現金のほかに、役に立つかと商品券も持っていったと。

翔くんは、ZEROの大野さんの出演をテレビで見てくれていたそうで、
「最後の挨拶でキョドってるのが可笑しかった」と。
大野さんいわく、最後にお辞儀をするのを忘れかけて慌てたそう。
「あれ最後までお辞儀しないといけないじゃん」と言うと
翔くんが
「別にいいんだよ、途中で上げても」と。

あ、いいんだ
でも、キャスターの皆さんより1人だけ頭の位置が高い大野さんを見ていて、うっかり頭上げちゃってキョロキョロするんじゃないかと期待したのは私だけじゃなかったようです
翔くんが「途中で頭上げてやり直すパターンもやってみて」と。
翔くん、私の一番見たかったものを誘導してくれてありがとう

大野さんは、途中で頭を上げて右隣の村尾さんをチラ見して慌ててすぐに頭を下げる仕草をやってくれました

大野さんはZEROの現場で、「これ読んでください」と本番20秒前に差し替えられても、平然と読み上げるキャスターのみなさんの様子を目の当たりにして、とてもふざけられる空気ではない、スゴイといっていました。
そういえばそのとき、翔くんがVOICEで「9.11事件」について語ったのを受けて、村尾さんが「最近の戦争は国家対国家から“国家対テロ”に変わってきていますね」と感想を述べて、大野さんはあいまいに頷いていたけど、たぶん新春ドラマの題材のことはもう把握していたでしょうから、何か少しは思うことはあったでしょうか。


それから他のメンバーが、30日一日生番宣をした中で一番印象深かった番組をきくと、
大野さんは「ミヤネ屋」と答えました。
「ミヤネさんが僕のことを好きなんだって。なんでか知らないけど。でも京都の舞台のことも知っていてくれて嬉しかった」
「ミヤネさん坊主にすればいいのにって言おうと思ったんだけど、時間がなくてそこまで言えなかった」

他メンバー(ニノだったか松潤だったか)、ところどころ生番宣中の大野さんをみると、「今、寝てきた」というのがわかるそうです。寝た(仮眠休憩)あとは動きが機敏なんだそうです。



札幌15日MC】の補足



MCタイムに入るなり、
“11年目ですよ、いやいやもうじき30になる人もいますからね、あれ、もうすぐ誕生日の人もいるんじゃないですか、大野さん??”
と誕生日ネタに持って行ってくれたのは嬉しかったです。

プレゼント何がほしいか考えておいて!という話題に。

「物欲がないからなぁ~。欲しいといっても、釣竿とかは自分で選んで買いたいし。」
と思い浮かばない大野さん。「やっぱり聞かなくてもいいや」


他メン
「いや、聞いてるのはこっちだから」
「値段は関係なく頭に浮かんだもの言ってごらん。」

何でもいいの?


まあいいよ、割り勘だから考えましょう。
と促されると

「・・・・船

それは無理!
だって値段関係ないって言ったじゃないか!

翔さん
「塩の船でいいですか?」

大野さん
「やだ、恥ずかしいから。」


「あと、あれ、業務用の冷凍庫。釣った お魚の保管用に」

松潤
「業務用の冷凍庫がある家ってどんな家だよ。入るの?普通、ああいうのって床がコンクリートのイメージなんだけど」

大野さん
「小さいのもあるんだよ。いろいろ調べてみたら」

調べているとは、びっくりです。
ラジオで、知り合いの方から魚をさばくための包丁(しかも“智”と名前が彫ってある)をいただいたそうですし、いったいどこへ向かおうとしているのでしょうか(笑)

まだ実際のお誕生日まで間があるので、ハッピーバースデーは歌えませんでしたが、
お誕生日の話題をふってくれて嬉しかったです。



この日は新春スペシャル5人ドラマの告知も大野さんの口から。
内容(役柄?)については(まだ)恐くて言えない。サスペンス。
大野さんはまだクランクインしていない。
・・・・そのくらいの情報です。


それから、札幌の客層に男性が多く見受けられるということで、翔くんの要望で、
男性だけが「嵐大好き~」とコールしました。
それがまばらではなくて、本当に中規模な会場分くらいある揃ったコールで圧巻でした。
実際に、家族連れやカップルなど本当に多くの男性の姿がありましたし、みなさんお付き合いで来たというより、積極的な参戦スタイルでした。
男性のコールを聞いて、大野さんも「すげぇ」とニコニコ笑顔で嬉しそうでした。




最初にツアースケジュールが発表されたとき、空白の10月が合点がいかなかったけど、
終わってみれば凄く濃い10月でしたね。
5人揃っても、メンバー個人それぞれでも、ファンにとっても、すごい働きをした1ヶ月でした。
そんな10月を経ての9月以来2ヶ月ぶりのコンサート。

なんかちょっと懐かしい空間のような気さえして、嵐メンバーもみんな口々に楽しいって言ってくれました。大野さんもニコニコ顔でした。

前日のMステで、チョロリと見えた前髪でしたが、2日間ともきっちりセットされているのか、降りてくることはなかったです。きれいな富士額がくっきり見えていました。
それと後姿を見ていると、衣装の背中やお尻にたるみができている気がして
「夏よりも痩せたのかなぁ・・・・」と感じました。
そうしたら16日(月)のラジオで、歌おに終了後に増えた体重が、今は元に戻ったって言ってましたね。


あと今回、会場で感じたこと。

なんとなく、お客さんに2009年からのファンが多い気がして、驚きました。

まったくの私の勝手な主観なんですが、今年のツアーは10年間の集大成という気がしていました。
昨年も同様に5大ドーム・国立競技場でのライブを開催していますし、10年間の成果としてのライブという、区切り的な位置づけ。
もっと言ってしまうと、伸びるとこまで伸びた結果にあるライブ、と思っていました。

ところが予想をはるかに上回って、10年目11年目に入ってもまだまだ伸びしろがあったということを目の当たりにして驚いたのです。
10周年でいろいろメディアに取りざたされているのをみて興味を持ったり、ベストアルバムをはじめて買ってファンになった、という方がどんどん増えてるんだなぁと。
飛行機の中で近くの席の人が話しているのを盗み聞きした内容ですが、その方は、今回の札幌ドームで、ACWの実験を見て急に嵐のライブを見たくなって来たという人と会ったと。もしテレビで実験を見なければ、今日ドームにはいなかったと話していたそうです。

昨年の札幌ドームは、座席もゆったり設営されていたし、FCチケットのみならず、Jチケットやプレイガイドでもチケットを発売していました。地元ではプレイガイドのスポットCMが流れていたというのも聞きました。

ところが今年は、見切り席はもちろん正面スタンドは天井に届くくらい、一番上の席まで人がびっしりだし、その上にあるわずかなバルコニー席みたいなところまでペンライトが光ってる。
アリーナも、スタンドギリギリまでびっしり席が作られている。
翔さんによると、札幌ドーム史上初の動員数だそうです。

私は昨年、空港→ホテル、ホテル→ドームなどの移動は電車や地下鉄を使ったのですが、今年は足を痛めているお友達もいたしちょうど4人参加だったので、移動にシャトルバスやタクシーを使いました。
ところがドームまでの道路や空港の混雑、ハンパない。
なるほど史上初ですもんね、これだけドームを中心に動いた人数が今までになかったほどの人数だって事ですよ。タクシーの運転手さんもびっくりしていました。

11年目に入ったこれからの嵐には、まだまだ予想もつかないことが待ち受けているかもしれませんね。これ以上どうなっちゃうのか恐い気もしますが、でも必死で付いていくだけです。
だって楽しいから。

大野さんの「うらあらし」札幌編、ご覧になりましたか?
お互いに願っていればすぐできるさ

「強く願っていればいつかは叶う」、これファン活動における私の教訓なんですが(数々の落選にめげない)、“お互いに”って同じ目線で言ってくれてるところが、嬉しくもあり心強くもあり、もう大野さん最高です


最後に、コメントくださった方、拍手コメ入れてくださった方、どうもありがとうございました。

更新も滞りがちなのに足を運んでいただきありがとうございます。
反応をいただけるととても励みになります。
大野さんについて書きたいことは、いつも心にあふれているのに、
更新頻度はこんな調子ですが、
これからもよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

<< まさかの夢のひととき  TopPage  札幌15日MC >>

コメント

madoさんへ

こんばんわ!

先日のコメントにお返事いただいて ありがとうございました。
そして またまた 札幌レポ読ませていただいて
楽しくって しあわせいっぱいの2daysを
思い出しています☆

夏の国立以来の 参戦だった 私は
札幌初日は おーちゃんの最後の挨拶に
胸がいっぱいになり マイガールを聞いて
泣いてしまいました。
2日目は ラッキーにもアリーナでの参戦で
目の前でみるあの笑顔に しあわせいっぱ
いもらって
やっぱり 大野くんが好き と
再確認した2日間でした。

ほんと 素敵だった・・・
だんだん かっこよくなっていく気が
します・・・


札幌のまちは まさしく アラシックでしたね。

冷たい雨にも降られましたが
冷たさも寒さも
覚えてないぐらい 
楽しすぎる 札幌でした。

また 
お邪魔してもいいですか?
madoさんの ブログ読むと 私も おーちゃんのこと 書きたいなぁなんて
思うんです・・・


2009.11.19   メルシー   編集

Re: madoさんへ

メルシーさん、こんにちは!!

またまたコメント、どうもありがとうございます。
アリーナで間近で見れたなんて、羨ましいです!

> 目の前でみるあの笑顔に しあわせいっぱ
> いもらって
> やっぱり 大野くんが好き と
> 再確認した2日間でした。
>

本当に心から、大野くんが好き・嵐が好きって実感するとき何ともいえない幸せな気持ちで満たされますよね。

マイガール、「♪ありがとうの思いを伝えたいよ~」の歌詞のときに、モニターに今回の「5×10ツアー」のチケットが映し出される演出がありましたよね。
それを見て、ライブを通じて嵐との思い出をこうやってまたひとつ刻めたんだ・・と思ったら胸が熱くなりました。

> また 
> お邪魔してもいいですか?
> madoさんの ブログ読むと 私も おーちゃんのこと 書きたいなぁなんて
> 思うんです・・・


ぜひぜひ!お願いします。
メルシーさんのおーちゃん愛もたくさん聞きたいです。
メールでもいいですよ。大野さんのお話いっぱいしましょう。

2009.11.21   mado   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/149-b54eb722




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad