+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


少年倶楽部プレミアム・ステージリポート~アマツカゼ~

『ザ少年倶楽部プレミアム』 NHK-BS 5.18 OA.


凪様ヘアに鮮やかなグリーンのフェイクレザーのブルゾンを着てスタジオインタビューに答える大野さん。かなりの良ビズ

冒頭のVTRでプーシリーズ過去3部作もチラッと紹介されたけど、センゴクプーが転世薫風の劇中劇の映像だったのが残念。

以下、インタビューで印象に残った部分を抜粋。




センゴクプーの頃は、年に1本舞台をやらせてもらっていたけど、舞台の話が来るたびに「できるのか?」と不安が大きかった。
回数を重ねるうちに、「勝ってやる」という気持ちが生まれてきて、いい千秋楽を想像して迎えられるようにとう気持ちになった。

(凪を演じることで、きださんから演出家として言われていたのは?)
“常に平常心で無表情、なんだけど、心の中に熱いものを持っていて、それが平常心でいても滲み出れば、勝てるから。”と。

インタビュアー:「でも、きださんは5年前の大野くんには、それはやらせなかったと思う」

そう、それは言ってた。“今なんだよ。このタイミングだから”って。

(印象に残っているシーン)⇒首を持って帰還する登場シーン
出て行く前(の出来事)を想像してやってる。
そうすると非常に悪になれる。
頭持って行くわけだから。



(座長として)
1人残らず“やってよかった”って思ってもらえないと、僕が納得いかないから。
みんなが“やってよかった”って思ってくれたら、僕も“あ、よかったな”って思う。
だから、それはいつも心がけてる。



インタビューの合間に舞台の映像も挟み込まれてます。
キャスト紹介の時の殺陣のシーン。私の好きなシーンです。
きださんについての話ではきださんとの絡みのシーン。
首を持って登場するシーン。不動王に屈服しているシーン。

舞台での凪は険しい表情ですが、
スタジオインタビューになるとビズは凪と同じなのに、表情から険が抜けて、女の子のような柔らかい表情になります。
そしてコーナーラストに再び舞台映像。

「空は・・・まだ広い」

不動と戦っていた頃の険が取れた柔らかい表情の中にも、瞳はしっかり強い決意を秘めて汗を滴らせた凪の美しいアップでフェードアウト。

このラストの凪の表情が見られたことで、短いインタビューコーナーでしたが、かなり見応えを感じました


そういえば先週たまたまテレビのチャンネルザッピング中に、フジテレビの金曜プレステージ『鯨とメダカ』というドラマにチャンネルがあった瞬間、聞き覚えのある曲が!
たしか、アマツカゼで陽炎との別れのシーンに使われていた曲。
私はこういうのあまり詳しくないんですが、この曲はもともとどこかにオリジナルがあったんでしょうか?それとも舞台がオリジナルだけど、フジだし映画音楽のように引用されたりしてるんでしょうか?
どっちにしても、私にとっては舞台で見た陽炎との切ないシーンのイメージしかないので、突然我が家のテレビから流れてきてびっくりしました。
(ドラマでは深刻な病気が発覚したシーンでした)


関連記事
スポンサーサイト

<< 大野さんがホニャララ~宿題くん  TopPage  嵐5大ドームツアー大阪(初日) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/32-547bdfa9




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad