+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


福岡ドームちょい足し

ARASHI 10-11 TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~
@福岡Yahoo!ドーム
2011年01月15日(土)~01月16日(日)


福岡ドームに関するつぶやきにちょい足し(補足)です。

《今までの福岡ドームに関するエントリー》
▼福岡1/15ツイートまとめ ⇒ コチラ  
▼福岡オーラス1/16のツイートまとめ  ⇒ コチラ
▼福岡 ⇒ コチラ 


【15日 MC】

お年玉の件。
「お年玉」を入れた“ポチ袋”は、お年玉専用の袋ではないけれど、大野さん的に“ポチ袋”に入れてこそ「お年玉」だと思ったので、“ポチ袋”を用意した。
それがいろいろな言葉の書かれたポチ袋だったようです。
翔くんの「ありがとう」と松潤の「下心」以外は何と書かれてあったか発表なし。

お年玉は年末の大仕事が成功した場合に渡す。
もしうまくいかずに、落ち込んでいる雰囲気の中で「はい!お年玉っ!(太い声で)」と言って渡すのも、何だかなぁと思って、成功したら渡そうと決めていた。

その話を聞いて、気持ちよくお年玉を渡せる雰囲気(→紅白司会成功)で、みんな達成感を感じながらいい新年を迎えられたんだなぁと嬉しくなりました。
それに大野さんも30歳を迎えて、嵐仕事のほか個人仕事も充実して、気持ちよくメンバーにお年玉を渡せる2010年末を迎えられたんだ、大きくなったなぁと感慨深くなりました。

ちなみに私も大晦日は、テレビで紅白の成功を見届けて、カウントダウンではっちゃけた楽しい嵐の姿を見てから寝たら、元旦の目覚めが、大変すがすがしく幸福感に満ちた気持ちのいいものでした。


【16日 MC】

詳しくは Johunny's web に載っていますので、それ以外の部分での補足です。

福岡ドームの客席に来ていた黒柳徹子さんが、モニター画面に映って紹介されました。
翔さんが「大野さんは"歌のおにいさん"で共演してますよね」とふってくれました。

大野さんいわく「(歌おにでの徹子さんとのシーンは)ほとんど打ち合わせなくて、あのまんま(テレビ局のスタジオで偶然会った設定)ほとんど素のような感じだった」とのこと。

 怪物くん

ユカイツーカイ怪物くんを歌い終わった後は、恒例のjr.いじり。
高圧的な怪物くんに対し、いまいち反抗的な怪物たち。
早速、昨日のMCネタを持ち出す。

怪物くん:「何?お年玉くれだとぉ?やらねぇよ!!・・・何?松潤はくれただと?俺はやらねぇよ!!帰れっ!」

そしてJr.が退場した後、怪物くん3D映画化新聞記事のコピーをそれぞれ手に持って読みながら4人が登場。

嵐:「あ!怪物くんだ!ここにサインしてよ」

怪物くん:「ペンがねぇよ」

にの:「ぷっ。サインには積極的なんですね」

怪物くん、ちょっとテレて戸惑う。

嵐:「じゃぁ、握手してよ」

怪物くん、端からひとりずつ握手。
ニノのところで、握手した手をグイッと引っ張られる。

怪物くん:「やめろぉ」

ニノ:「じゃぁじゃぁ、ちゃんとやりますよ」

握手→引っ張るの繰り返し。
そして相葉ちゃんも加担して、二人で両側から怪物くんの手を引っ張る。

怪物くん:「(腕が伸びる)念力なんか使わねぇよ!!」

そして、昨日に続き、3Dの意味を問われる。

まず最初のD→怪物くん:「ダンプ松本」
2番目のD →怪物くん:「ダンシング(?)」
3番目のD →怪物くん:「・・・・・・・デカメロン伝説!!おまえらが謝っておけよ!!」

そしてニノに「なんだかんだ、あんた人間界にずっといますよね」と突っ込まれつつ、逃げるように退場。

ちなみに、大野さんいわく、撮影でも3Dは実際に自分もよくわからず「はい、そこで手を伸ばして!」などと言われるままに動いているそうです。
怪物くんから、白い衣装に着替えた大野智さんが再びステージに登場。

相葉ちゃんが「もみ上げ、ちょっと浮いてるよ」
恥ずかしがる大野さん。

怪物くんの耳と、もみ上げがなくなったあとの自毛が、耳の横でぴょこんっとハネてた。


余談ですが、18日のARASHI DISCOVERY で、大野さん自身が、痩せておなかのお肉もなくなったという話しをしていました。
ライブに行かなくても、年末年始のテレビを見て、大野さんがすっかりスリムになった姿は確認できたと思います。

東京ドーム(11月下旬)のときは、オープニングの衣装を見て、太もものあたりがパツパツの印象でした。
Let me dwon のデニムジャケット衣装、大好きなんですが、名古屋(12月上旬)では、ジャケットの中のVネックTシャツのお腹がぽっこり出ているように見えて、ちょっとドッキリしました。
さらに、ラストの挨拶の後、モンスター衣装のごついジャケットを脱いで、ブラック&ホワイトのシャツ姿になって「To be free」「空高く」を歌っているときも、シャツがスリムなせいかお腹ぽっこりに見えた。
実は、30歳になってこのままお腹ポッコリの人になっちゃうのかなぁ・・・とちょっと残念に思ってたので、今回はすっかり元通りのスリムな大野さんでいてくれてよかったです。
ただし、あまり極端に痩せてしまうのも好きではないので、そこそこ、ご自分のベストを保ってくださいね


その他は、すでにドームでのセットリストのカタチが出来上がっているので、動きなどはだいたいいつもと同じ感じです。

強いて言うと、アンコールでの「Happiness」
やまたろコンビと淡麗トリオに分かれてムービングカーで外周をまわるとき。

♪君だけの音を聞かせてよ
全部感じてるよ
止めないで止めないで今を動かす気持ち~
どんなに小さなツボミでも~
ひとつだけのHappiness♪

の歌詞のところで、淡麗トリオ(智・雅紀・潤)にオリジナルの振り付けが誕生したんです。

♪どんなに小さなツボミでも~

のところが特にかわいいんですよ。

人差し指と親指で、♪小さなツボミ  って摘むようにするの。

私はナゴヤドームで気づいたんだけど、もしかしたら東京ドームでもやってたのかな?
オリジナルなのに、年が明けて、福岡でもバッチリそろっていてさすがでした。

何の根拠もないし、どんなカタチになるかわからないけど、ドーム版DVDが出ると信じているので、
この辺も映像で見られると嬉しいな。


それとオーラスの「マイガール」の時。
ドームツアーでは恒例となった、オーラスの最後に客席に掲げられる「おつかれさまでした。スタッフ・ファン一同」という横断幕。
相葉ちゃんとサビを歌っている時に、それに気づいた大野さんが、ファンの団扇を指差すときのように、歌いながらその横断幕を指差していました。すると横の相葉ちゃんが肩を組みながら、ニッコニコで、そんな大野さんの横顔をじ~っと見つめています。
あまりにもじ~っと覗き込んでいるものだから、勢いでそのままホッペにチュウするのかと思っちゃいました

昨年のツアーでもそうでしたが、オーラスでは、アンコール最後の曲(今回は「果てない空」)の時に、メインモニターに、そのツアーの曲中にモニターに使ったバッグ映像がすべて順番に映し出されて、思い出が走馬灯のようによみがえります。今回は、そこにスタッフから嵐への心温まるメッセージ(内容は▼福岡 のエントリーに ⇒ コチラ)も流れたのでした。

そして、おまけのアンコール「Still」
このときにも、先ほどのスタッフからのメッセージが再び流れました。

半年間のビッグツアーの、とてもよい締めくくりだったなぁという満足感とすがすがしい清涼感で満たされました。
すべてが終わり、彼らが去った後の誰もいないステージに向けて、感謝と労いの気持ちが素直に沸いてきて、自然と拍手を送りました。

私は心から自然発生的に拍手をしたのですが、みなさん同じような気持ちだったのでしょう。
会場のあちこちからも、パラパラと同じような拍手が聞こえてきて、
最後はみんな帰り支度を一時止めて、しばらくの間、誰もいくなったステージへ向けて会場全体が惜しみなく拍手を送りました。

また次のステージへのステップアップが楽しみです。

ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】 [初回プレス仕様] [DVD]
初回版:スペシャルパッケージ (デジパック)仕様、オリジナルライブフォトブック (44P予定)
ARASHI 10-11TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】 [初回プレス仕様] [DVD]

ARASHI 10-11TOUR “Scene"~君と僕の見ている風景~【stadium】[通常仕様] [DVD]
ARASHI 10-11TOUR “Scene

moblog_20390259.jpg
関連記事
スポンサーサイト

<< 01/25のツイートまとめ  TopPage  福岡 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/392-04d2bc8f




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad