+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


インド祭だぁ~!!

ついに海外ロケ風景解禁!!ということで、昨日は朝から日テレCheckしました!!
番組に向けての最初の挨拶に、ちょっとずつ変化をつけていました。
(ドラキュラとオオカミ男のチューのくだりは、全部の番組で流れました)

ズームインSUPER

怪:「羽鳥さん、西尾さん、おはようございます。映画『怪物くん』のロケでインドへ来ました~!!ナマステ~」
怪:「・・・なんか、ジロジロ見られるな」

ド:「インドの方はしっかり見るザマスね」
オ:「目線はそらさないでガンスね」
怪:「手振っても、ずっと見てるな」


スッキリ!

怪:「加藤さん・テリーさん、おはようございます。
僕たち映画『怪物くん』のロケで、なんと~インドなんです~!!ナマステ~」

加藤:「お、怪物じゃん」
天の声(南海キャンディーズ、山ちゃん)「おい加藤浩司、“くん”つけてくれよ。」


PON!! 

怪:「岡田さん、こんにちは!僕たち、どこに居ると思いますかぁ?
映画『怪物くん』のロケで、なんとインドに来ています!ナマステ~」

怪:「ナマ象乗ったぞ。意外と気持ちよかった」

オ:「あっしの乗るところがちょっとゆがんできて、これは大丈夫かと現地の象使いの方に聞いたら、ノープロブレムと笑っているのが一番恐かった」

DON!

怪:「ヒデさんこんにちは!僕たちインドに来ています。
なぜインドに来ているかというと、映画「怪物くん」のロケなんです。ナマステ~」


every.


怪:「(象には)16歳のときに乗ったことがある。2回目だな。
まぁ今111歳だけど」

ド:「ちょっとフランケンがね」
怪:「大変だったな」
フ:「フンガフンガ、フンガ」
ド:「(象に乗って座る所が)狭かったって言ってるザマス」


出演者のみなさん、会見はキャラまんまで大野さんも怪物くんの口調でした。
「ナマ象、乗ったぞ!!」と言う坊っちゃんがお気に入りです(*^。^*)

私はかなり昔ですが、象に乗りたくて、インドのアンベール城に行ったことがあるんです。

今回、ロケの行き先がインドのジャイプールにあるアンベール城じゃないかと噂されている時から、
それならぜひとも、象の背中に乗る黄色い坊っちゃんのシーンを作って欲しいなぁ~と願っていました!!

そしたら念願かなって、早速公開されたのが象に乗るシーンだったので、大感激!!
予想通り、象の背中で「お~い」と手を挙げている坊っちゃんは、ちんまり、とてもかわいく楽しそうでした~!!

公開された上川さんの写真は、さすが重厚な舞台俳優さんといった雰囲気だし、北村さんはインド人顔負けの彫りの深さに反乱軍のワイルドな雰囲気で、とても楽しみです。


【余談ですが、インドあるある】

インド人は、じっと見てきます。悪気はないと思いますが、目力がハンパないのと遠慮がないので、見ず知らずの他人から見られることに慣れていない日本人は、かなりビビリます。

私は夜、飛行機の機内で消灯後に寝ていて、ふと目を覚ましたら、前の座席のインド人(男性)が背もたれの隙間からじっとこちらを覗いていて、かなりビビリました。
レストランでは、客が私と女友達の2人だけしか居ないにも関わらず、8人くらいのウェイターが並んで、私たちが食事をする様子をじっと観察していたので、食が進みませんでした(^_^.)
でも悪気はないようで、そんな私たちの様子を見て、「これは辛くないよ」と別の料理を持ってきてくれました(そういうことではないんだけど)

ギャラリーの目にさらされることが慣れている、大野さんたちでさえ、視線はやっぱり気になるんですね。

私は、ジャイプールから首都ニューデリーまで車で5~6時間かかって移動しました。
途中、(羊飼いに追われて家に戻る)羊の大群に、車の前後左右をぐるりと囲まれて、まったく動けないことがありました。
道端には、何をするでもなく、ぼーっと座り込んでる人もよく見かけました。

シネマトゥデイの記事によると、大野さんはそんなインドの人々の様子を穏やかと表し、インド人の1日を体験してみたいと興味津々なところは、さすがだなぁと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

<< 03/04のツイートまとめ  TopPage  03/03のツイートまとめ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/409-8cc5df15




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad