+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


魔王第4話

今週は、いつものように落ち着いてリピする時間が少なかったですが、
5話放送前に、とりあえず4話の感想をちょこっと。


4話は、最初から最後まで見ている間、ずっとドキドキしっぱなしでした。
なんだろ、今回のこのドキドキは。

1話は、大野さんの演技はどんなだろ?のドキドキ。
2話・3話は、“領”の表情にドキドキ。
4話は、新たな人を巻き込んで、次の地獄の門がいつまた開いてしまうのか・・・というドキドキ。

完全に『ドラマ魔王』の世界観に引きずり込まれました。


今回、とくに山野がよかった。
第3話も衝撃的な登場でしたが(第1話から登場はしてますが)、今回の演技は響きました。
最近私は、その役者さんの佇まいみたいなところで、響いてくるものがあると、台詞やシーンに関係なく自然に涙ぐんじゃうんです。
第1話で、領につれられて捜査会議室に現れたきたろうさんを見たときがそうでした。
第4話では、夜、暗い会社で一人パソコンに向かう山野を芹沢が訪ねて真相を聞きだそうとするところ。
いつも事件解決に向けて真っ直ぐに猛進する芹沢だけど、昔、自分を苛めていた人間から、あんなに不躾に腕を掴まれてかかってこられたら、精神的にも拒絶するに決まってる。
山野の悲痛な様子が泣けました。

それと高校時代の領を演じている河野くんも上手ですね。
とくに、芹沢父に宣戦布告とも思える言葉を告げに行った時。
現在の領である大野さんの演技に、忠実に演じているように見えました。
ああやって11年の間に復讐を目標に今の領ができたということに違和感ないですもの。
河野くんのブログに、実際に大野さんに会って、「スタッフにいい人だって聞いてたけど、本当にすごくいい人だった」って嬉しいことが書いてありました。

第4話で引き込まれた領の表情。

石本の葬儀に姿を現して、親友を亡くした芹沢を慰めるシーン。
「大切な人を失う辛さ、私にもわかります」と目の奥に悲しみと憂いを湛えて見つめるところ。
もちろん自分の経験をふまえて言っているのだろうけど、その瞳の奥には慰めのような責めのような、なにか裏もあるようで、それを受ける芹沢の戸惑ったような表情もよかったです。

空ちゃんに絵本を読み聞かせるところ。よかったです
やさしくて落ち着いていて。
そして、しおりと目が合い、照れくさそうに目線を反らすところ。このへんはまさに天使の時。

あと、自分の事務所に戻るために階段を上がっているところ。
復讐計画がうまく運んでいて、うふふ顔でした。2話でバザーに向かう時と同じ。
翳りの無いうふふ顔なところが、やっぱり怖い。表情とは違って悪魔な時。

予告での驚き顔も気になります。
今まで、わずかな動揺は見せても、ここまでの驚きの表情は見せたことがなかった領に何が!?
倒れてきたしおりちゃんを受け止めたシーンもドキッとしました。

赤い封筒、宅急便で届くものと、宛名が直接に書いてあるものとは、差出人が違うのか?
デーモン閣下、私は第4話の冒頭に、芹沢の車に惹かれそうになったギターを持った人だと思ったけど、違うのかな?でもそうだとしても正体は明かさなそうですね。

まもなく第5話、始まります!!






関連記事
スポンサーサイト

<< 街に嵐くんがたくさん。  TopPage  Over the Rainbow >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/57-7f549451




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad