+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


24時間テレビ34 友だちサイコ―!!

24時間テレビ内の豪くんとのお友達企画、よかったです!!

07年のタッキー&翼の時に、武道館に潤くんと相葉ちゃんと大野さんの3人が募金を持ってやってきて、「We Can make it!」と「ヴィーナス(滝つばと高校生ダンス甲子園とコラボ)」を歌ったことがあったので、ジャニーズのメンバーがメインパーソナリティーの年はちょっと期待していたのですが、ここ数年ずっと空振りだったので、今年は逆にノーチェックでした。

しやがれで出演告知が出て、同じように武道館応援ゲストかな、と思っていたらちゃんとロケ企画があって嬉しかったです。

自然体のままで、あんなに子どもに懐かれる大野さんは素敵な人ですね
普段あまり小さい子供と接する機会がないと、大人の方でも子どもを前に構えてしまって、無意識に「子ども好きで面倒見のよい自分」を演出したり、気に入られようと媚びちゃったり、それが子どもを子ども扱いになって逆効果というのがありがちだけど、大野さんはまったくのフラット。

豪くんの目には、そんな大野さんはどう映っていたのでしょう?
「ともだち?」「大野くんは大野くん?」というカテゴリーなのかなと思っていたら、
「だって大野くんは大人でしょう?」って。ちゃんと大人だと認識されていたのが意外でした(笑)

大好きな大野くんと友達になって楽しい時間を過ごしたとはいえ、大人の思惑の混ざったテレビの企画。
豪くんの心の中にあった大野さん像や、せっかく友達になった大野さんが去った後の現実への影響もちょっぴり心配でした。

でも武道館でも「大野くん大好き!」を連呼していて安心しました。

ご存知だと思いますが、以前よりお母様がYou tubeの動画で豪くんの歌や踊りを紹介されていたようです。(You tubeで『嵐 自閉症っ子』で検索するといくつかヒットします)
それらの動画のお母様のコメントで、豪くんの日常がうかがい知れます。

そちらによると、豪くんは大野さんに会って、自信がつき、信頼できる他人もいることを学んだそうです。
そして会ってますます大野さんが大好きになったと。

豪くんは以前から、大野さんの絵と歌、そして怪物くんをこよなく愛していたそうです。
武道館で怪物くんに逢うことは豪くんには内緒のサプライズだったそうです。

豪くんも絵がとっても上手ですね!ヤマメの絵のフォルムと色遣いには驚きました。

嵐のメンバーはそれぞれみんな得意分野を持っていますが、武道館にソロ出演して怪物くんを歌うのを観て、大野さんは歌や絵で人を喜ばせる「力」を持っていて本当によかったなぁと心から思いました。

怪物くんと一緒に一生懸命楽しそうに歌う豪くん、かわいかったですね
最後の親指を立てたポーズと表情まで真似ているところが微笑ましかったです。


怪物くんが武道館に登場…
怪物くんってオフステージ(ドラマ以外の場所)ではオヤジキャラ入ってますよね
紅白やライブでもそうですが、歩くときは、ガニ股ですり足。怪物くんの姿の時は、首や腕が長く伸びているように見えます。
挨拶は片手をあげながら「おぅっ」って。
あ、ちなみに映画の予告編の「姫さん、助けるぞ~」の“姫さん”って言い方、親父っぽくて好き

今回も関ジャニのメンバーの「怪物く~ん!!」という声援に片手を挙げて「おぅ、おぅ、おぅおぅ」って応えてましたね
怪物くんが、関ジャニと絡んでいじられるのを楽しみにしていたのですが、人数多すぎて関ジャニ画面に映ってない
そもそも24時間もオンエア時間があるのに、VTRへの振りとか中継への切り替えとか秒刻みで進行がみっちり決められていて、アドリブでいじり倒すとかそんな隙がないのがちょっと残念。
でも大野さんをよく知っていてくれるて、普段から親しい羽鳥さんや関ジャニが司会でよかった!
せっかくの豪くんとのふれあいや「大野くん大好き!」も、大野さんをよく知らない人に取って付けたような進行されたらがっかりだから。大野さんにとっての“ホーム感”の中でのVTR、よりよかったです。

VTRで豪くんを訪ねて友達になったのは「嵐の大野智」で、会場に応援に来ているのは「怪物くん」という設定に、VTRの振りを担当した黒木瞳さんが一瞬戸惑ったのが面白かった。


この日、私も武道館に募金に行きました
ほんの一瞬ですが、私が募金箱前に到達したとき、怪物くんはひな壇に座って出演者のみなさんとVTRを観ているところでした。
怪物くんのキャラが入っているので、足をひし形◇にパカ~ッと開いて座り、猫背気味で上目使いにVTRを観ていました
08年の時は、嵐4人はステージにいるのが見えたのですが、大野さんはフィギュア制作が佳境に入り、制作ブースに籠りっきりになっていたので姿が見えず、残念でした。今回、3年越しにリベンジを果たせました

募金の後、汐博に行きました。
19日の午前中に行ったときは、集中豪雨でスライダーに近づくことはできず、地下通路から見ただけでした。
今回は、いろいろな角度から見学してみました。
スライダーは高さがあってどうしても下から見上げるので、正直、怪物くんの顎のラインが微妙だと思っていました。
でも顔と同じくらいの高さから見たほうがよく似ていました。
考えてみると、製作者の方は顔の真正面で向き合っているのですものね。
この日も雨でスライダーは中止でしたが、夕方5時過ぎに雨が上がり、再開しました。最終日なので本当に最後の1時間でした。
もちろん自分自身で滑る気はありませんでしたが、子どもたちが遊ぶ様子をみることができて、よかったです
DSC_0024.jpgDSC_0026.jpg
【Amazon】いっしょにあそぼ! 映画「怪物くん」
【セブンネットショッピング】いっしょにあそぼ!映画「怪物くん」
【楽天ブックス】【送料無料】いっしょにあそぼ! 映画「怪物くん」
関連記事
スポンサーサイト

<< 「マジかよ」いろいろ  TopPage  いっしょにあそぼ!映画「怪物くん」 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/658-357579b1




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad