+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


鍵のかかった部屋#1

待ちに待った初回がオンエアされました。

本格ミステリーということで、原作好きのかたはもちろん、トリックの解明好きな方や、鍵や錠などの仕組みに興味のある方など、このドラマに対するアプローチの仕方はいろいろ楽しめると思います。

私のアプローチは?といえば、ポンコツ頭なので、興味の対象はもっぱら
『榎本径』の人間性に尽きます(笑)
原作は未読なので、あくまでもドラマ設定を見た上での『榎本径』くんに対する考察です。

冒頭、榎本が金庫の解錠作業中に純子が興味本位で話しかけるやいなや、
鍵の仕組みを説明でマシンガントークを繰り広げるところ。

私もあの難解なマシンガントーク、まったく何を言っているか分からず「うわぁっ」となってしまいました。
「何を言っているかわからない≠聞き取れない」(聞き取れないわけではなく)
「何を言っているかわからない=理解しようと思えない」という意味です。
いつもイヤフォンで外部との接触を遮断している径くんが、他人に話しかけられたときの防御策のようにも思えました。

でも径くんが、純子に「もういいです!」と言葉を遮られた時の表情や、
芹沢弁護士と純子が東京総合セキュリティー本社に榎本を訪ねてきた時に、サッと椅子を用意し(湯呑もあった)部屋の鍵の説明をする様子に、

実は決して他人と接したくないわけではなく、自分の得意とする鍵や防犯の話でしか、他人とのコミュニケーションツールを持たない人なのかな?とちょっと寂しく感じさせられました。

とはいえ、もし私が同じ社のOLだったとしたら、
径くんのあのマシンガントーク開始の「スイッチ」に触れないように、腫れものを扱うごとく、なるべく日常的にかかわり合いにならないよう避けて過ごすでしょう。
「(榎本に)どういうご用件でしょうか?」と胡散臭がる同僚の気持ちもわかります。

でも、会社の仕事でも他人とチームを組むこともなく、ひとり孤独に黙々と作業を続けるだけの径くんが、
今後、密室の謎解きを通じて、期せずとも芹沢弁護士や純子とチームを組んでいくわけで、その中でどういうコミニケーションや人間関係を構築していくのか、しゃべる時の表情に変化が生まれてくるのか、その辺も楽しみです。

オンエア前に、監督さんがセリフをしゃべる時の目の動きや表情を封印したと聞いて、若干、不安というか残念に思う部分もありましたが、山荘の密室を破るシーンを見て理解できました。

もともと榎本は、この案件や依頼者に対して利害関係があるわけでもなく、加害者を追い詰める目的があるわけでもなく。
徐々に追い詰められて狼狽を隠そうとする池端の表情と裏腹に、まったく無表情の榎本。
普通の事件物は、ここで「ドヤ顔」が入ったりするものですが(笑)

その代わり、トリックの説明を終えソファに腰を下ろした径くんがピクリともしない様子が、
まるで役目を終えてスイッチを切ったアンドロイドのようで流石だなぁと感心しました。
番宣で戸田ちゃんに「時間が経つにつれて丸まって小さくなっていく」と評された様子とは雲泥の差です(笑)

番組開始前は、「実際見るまでは」となるべく期待を抑えていましたが、
やはり、この役どころは間違いなく大野さんの特性に打って付けですね

大野さんは、何かの所作をやらせたら、
(指先や目線の動き、立ち振る舞い、身のこなし、自分の体の尺を使って部屋を採寸している様子etc.)
すべて優雅で美しい。

さらにこのドラマでは 耳・眉・目・鼻・唇・顎・指先、アップで美パーツの隅々まで堪能できる

しかし、それらを見せつけるのが目的のドラマというわけでは決してなくて、
ドラマの主人公・榎本としての存在感でそれらを魅せているところが流石だと思います。

それと私が予告スポットの時に惹きつけられたカット。
榎本が最初に山荘に調査に訪れた時に、テーブルにぴょこんと飛び乗って、天井の排気口をライトで照らして覗きながらブツブツ言っているところ。
予告スポットでは音声が入ってないだけで、本編ではセリフをしゃべっているシーンかもしれないと思って触れなかったのですが、
やはり実際もセリフではなく、独り言のようにブツブツ口元でつぶやいているだけでした。
すごく芸が細かいと思いました。

テレビドガッチの小原Pのインタビュー動画も観ました(更新中)⇒ http://bcove.me/hps6erjk

小原Pまで、今までの4本の連ドラのスタッフさんから必ず
「こんな○○な現場は初めて」
という言葉が聞けて感無量です。

私も何度も書いていますが、
大野さん自身が舞台時代から
「カンパニーみんなが“やって良かった”と思ってもらえるように」と語っていたとおり、
今回のドラマも、スタッフ・キャストの皆さんが「やって良かった」と思える作品になりそうだし、
ファンの私たちにも毎日幸せな気分を届けてくれる。
小柄で大人しいけど、大野さんのチカラは大きいなぁと思います

【Amazon】
もう誘拐なんてしない Blu-ray特別版
もう誘拐なんてしない DVD特別版
【楽天ブックス】
【送料無料】もう誘拐なんてしない 特別版【Blu-ray】
【送料無料】もう誘拐なんてしないDVD 特別版
【セブンネットショッピング】
もう誘拐なんてしない Blu-ray 特別版(Blu‐ray Disc)
もう誘拐なんてしない DVD 特別版
TVnavi SMILE (テレビナビスマイル) Vol.004 2012年 05月号 [雑誌] TVfan cross (テレビファン クロス) 2012年 05月号 [雑誌] ピクトアップ 2012年 06月号 [雑誌] SODA (ソーダ) 2012年 6/1号 [雑誌] +act. Mini (プラスアクトミニ) vol.17 (+act. 2012年 6月号 増刊)
関連記事
スポンサーサイト

<< 04/19のツイートまとめ  TopPage  04/16のツイートまとめ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/714-46597cd1




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad