+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


AROUND ASIA 2006→2008 ①

『 Arashi marks ARASHI AROUND ASIA 2008 台北公演 』
オフィシャルツアーに当選しました
初のオフィシャルツアー参加です

実は母の体調が悪く、今月か来月には、私が仕事を辞めて家庭に入ることになっています。
「嵐禁止令」も出されたのですが、やりがいを感じていた仕事を諦める代わりに、生きがいの嵐は奪わないで・・・と懇願し、強引に嵐OKにしてもらったのですが、さすがに海外とはまだ言えず・・・
とはいえ、今日振り込み済ませました


私は20代の頃からアジアが大・大・大好きで深い思い入れがあります。
上海、香港、台北、ソウル、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、カンボジア、ベトナム、インド、気に入った都市には何度も訪れるので、今までのアジアへの渡航歴は30回を超えます。

20代の頃は、女友達と。
30代は猿○石のファンクラブで毎年、海外オフィシャルツアーがありまして

これ嵐ファンの方はびっくりでしょうけど、第1回目のバリ島ツアーこそ、100名以上の参加者がいて、
ツアー行程中のイベント時だけ、もったいつけて彼らが登場!だったのですが、
最後のほうは参加者20名以下で、飛行機の座席はもちろんホテルも食事もすべてタレントさんとまったく一緒で、単なるツアーメイト化してました
そんな猿○石でもFCオフィシャルアジアツアーの相場って17万前後でしたよ。


で、もちろんたまにはダンナさんと2人でも行ってました
ダンナは韓国・中国方面専門の旅行社に勤めています。
ダンナと旅行に行く時は、
私が「この便とこのホテル(☆☆☆☆☆のところ)。予算はこのくらいで」と指定します。


アジア好き過ぎて、北京語と広東語を習いに行ってたこともあるので(まったく身についていませんが)、06年に嵐が初のアジアツアーをやると聞いたときには、もちろん行きたかったです。
でもオフィシャルの申込締め切りが、台北公演直前で猶予がなかったのと、前年に癌の手術をし職場復帰をしてまだ1年経っていないのに、その夏もARSHICツアーに行きまくってしまってたので、さすがに諦めました。

9月16日、17日の公演当日は、ひたすら現地のネットにUPされるニュースを見てました。
大宮SKのふたりが1日目の公演を終えた後、現地での反響に応えて、2日目はわざわざ日本と同じバズーカー砲をスタッフに発注して、中国語でやりとりすることにしたと。
2人でホテルのエレベーターで現地の人がいる時にそのやりとりをやってみて、みんなが笑っていたのでOKだと。
そんな前向きな様子や、コンサートの評判や、とても喜んで幸せを噛み締めている現地ファンのBlogなどを読んでいたら、もう居ても立ってもいられなくて。

ソングフェスティバルだけの予定だった韓国でも、単独コンサートが開催されることが決まった時には、迷わずオフィシャルツアーに申込みましたよ~。
でもハズレました。かなり落ち込みました

どうしても諦めきれずに、こうなりゃ自力でいってやる~とチケットを探しました。
ちなみにダンナに「何日前までなら飛行機OK?」ときくと「3日前」というので
よし!3日前までになんとしてもチケット手に入れるぞ!と宣言。
4日前になんとか初日昼公演Getすることができ、「オフィシャルよりも便利な便を!」と羽田発着で早すぎず遅すぎずのベストな時間帯の便を取ってもらいました。
帰りの便は、なんと嵐も一緒でした。姿はいっさい見ることはできませんでしたが、空港の現地ファンのお見送りの中を通るのが恥ずかしかったです。

チケットは、韓国人の嵐友Mちゃんに、仲間内で余っていないか探してもらいました。
あちらでは当日、チケットに購入時の銀行口座やID証の確認済のシールをつけてもらってからでないと入場できません。すべてMちゃんが手続きをしてくれたので助かりました。
そしてさらに、当日券にも並んでくれて夜公演もGetしてくれたのです!感謝!!

ちなみに当日券というのはキャンセル分だそうで、私たちが昼公演を見るために10時半ころに会場にに到着すると、昼公演のキャンセル分が十数枚出ていたとの情報が。
その場で夜公演のキャンセル待ちの列に並びました。私は70番目くらいに並んでいたのですが、Mちゃんが仲間と17番目に並んでいて最後の1枚をゲットしたのです。そしてそれはなんと私のために並んでくれていたのでした

こうして初日の昼夜2公演を見ることができました。

日本よりずっとネットが普及している韓国では、当日券が出たという情報はまたたく間に広まっていて、初日の夜公演が終わった時点で2日目の当日券を目当てに、地下道ではすでに徹夜組がざっと150人は並んでいました。
こりゃ無理だわ・・・と思いましたが、とくに観光するつもりもないので、相方と一緒に2日目も朝から当日券の列に加わりました。結果、もちろんGetできませんでしたが、並んでいる間に、多くの韓国の嵐ファンの子達と触れ合えて、楽しく貴重な体験でした。

ソウル公演の感想とカンゲキは、また続きに書きます








関連記事
スポンサーサイト

<< AROUND ASIA 2006→2008 ②   TopPage  アラシちゃん、他TV >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/72-cbfc03fe




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad