+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 06/25のツイートまとめ  TopPage  大野先生ワクワク学校2012(前編) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/724-7367715e


大野先生ワクワク学校2012(後編)

嵐の“ワクワク”学校~2012~
2012.6.16(土)~17(日)in東京ドーム

大野先生ワクワク学校2012(前編)は ⇒ コチラ

【ソモソモの授業】

授業内容のVTRが終わったあとは、松本先生が会場の親子連れを選んで、お子さんに、「生まれた時の話を聞いたことがありますか?」「自分の名前の由来を知っていますか?」を質問。

「今回、メンバーのソモソモについて、リーダーのお母さんに取材してきました」

お手紙形式ではなく、質問に関してお母さんが答えている形式。
フリップになっていて、スクリーンにも映し出されました。

Q. 生まれた時のことを覚えていますか?
A. へその緒が二重に巻きついて命が危険な状態で生まれてきました。この子は生命力の強い子だと思いました。


智:そう!その話、聞いたことあるの。全然泣かなくてほっぺたをペチペチ叩いたらやっと泣いたんだって。

Q. どうして「智」という名前にしたのですか?
A. 岸田智史さんというアイドルが好きで、当時、ドラマで誠実な役をやっていたので。


智:それも聞いたことある。女だったら「智美」になってたんだって。

岸田智史さんのヒット曲「きみの朝」が流れる。

智:この曲、聴いたことある!!

松:コンサートでカバーすればいいのに。

いいですねぇ!当時大ヒットしていて、私も“カセットテープ”に録音して、いつも聴いていましたよ(笑)
余興でもいいからサビの部分だけでも大野さんのヴォーカルVr.を聴いてみたいです。
『きみの朝』(岸田智史)⇒ Youtube

Q. 小さい頃はどんなお子さんでしたか?

A. 5歳の頃、自転車の後輪に足を巻き込まれて、ふくらはぎを15針も縫う大怪我をし、もう少しで傷がアキレス腱まで到達するところでした。
 “ビックリです”

1~13歳くらいまでは落ち着きのない子供でした。
水ようかんの蓋は危ないから触っちゃダメというと蓋を握り、車が来ているから渡っちゃダメよというと道路を渡ろうとしたり、 “何を考えているのかわかりません”

お母さんの「ビックリです」「何を考えているのかわかりません」の挟み方が、おチャメで笑いを誘っていました。

智:そう!ふろ場のドアに指を挟んで縫ったり、水ようかんの蓋も握っちゃって5針縫ったり。
しょっちゅう怪我して西山外科に行っていた。自転車の時も、たまたますぐ近くだったから行ったら混んでて。
でも怪我しているから、先に診てくれるんだろうと思ったら、「あ、また来たの」みたいな感じで、
茶色い紙(油紙?)みたいの1枚渡されて、それで傷を押さえて順番来るまでずっと待たされてた。


松:お母さんからリーダーの小さい頃の思い出で大切にしているものを預かってきました。

仰々しく箱から取り出したものは、なんと!「3年3組 大野智」の通知表。

智:3年生の頃かぁ。ちょうど絵を描き始めた頃だ。
 

一応、本人に許可を得てから、ここで中身を披露することに。

松:3段階の評価で「大変よくできました」がひとつもありません。

(大野さん本人も、ラジオなどで“学生時代の通知表は1と2ばかりだった”と言ってました)

松:でも、リーダーがさっき絵を描いてたって言ってたでしょ。
図工のところ。
“見たものを生き生きと表現できる”“丈夫なものを創る”に○がついていますよ。



それと、学期ごとの総評欄の先生からの言葉。

自分の意見をあまり口に出して言わない子。積極的に発言してほしい。

《1学期》
あまり友達を作らず休み時間に外で遊ぶこともありません。

智:ちょうどクラス替えしたばっかりで、休み時間も外に出ないで絵を描いてた。

《2学期》
友達も出来て、かけ算・わり算、頑張りましたね。漢字ももっと頑張りましょう。

《3学期》
漢字テスト、よくできました。


櫻:確実に成長してるじゃん。 


表参道で開かれた大野さんの個展『FREESTYLE』には、子供の頃の思い出コーナーがありました。

おそらく「おうちの人に自分の小さい頃のことをきいてみよう」という今回のソモソモのようなテーマだと思われる、小学校1年生頃の直筆の課題ノートが展示されていました。

智という名前は岸田智史にあやかったということは、雑誌のインタビューなどでもよく目にしますが、
そこには別の理由が書いてありました。

「明るく知恵のある子に育つように『智』という名前にした」

私の記憶も曖昧ですが、たしかそんな感じ。
おそらく、母ちゃんも学校からの課題に「好きなアイドルの名前」とは答えられなかったんでしょう。
他には

「保育園から帰って来ると、外で遊ばないでアパートで牛乳を飲んでいた。」
「みんなにかわいいと言われて女の子に間違えられた」

などと書いてありました。親に聞いたままを素直に書いているところが可愛いと思いました。


※17日の「ソモソモの授業」は昼・夜ともニノの子供の頃の取材とお母様からのお手紙でした。
その流れで、昼・夜ともバースデーケーキが登場して、会場の全員で「ハッピーバースデー」を歌ってお祝いしました
バースデーケーキのロウソクを吹き消す時に、スタッフが4人にクラッカーを配っていましたが、そのクラッカーの外装がちゃんとメンバーカラーになっていて、細かいなぁ~と感心しました。
ニノのお母さんへのインタビューの中で、「易学の知識のあるおじさんに名前を選んでもらった」という件があったのですが、その時に、「そのおじさんのビジュアルは確実に大野校長の肖像画(仙人風)みたいだろう」と他メンからツッコミが入っていました。


【ゲラゲラの授業】

授業の大トリは、お待ちかねの大野先生です
ワイドショーで17日夜の大野先生の授業の様子がたくさん流れたので、出席できなかった皆さんも大体の授業内容が分かったと思います。

《笑いの効果》

「みなさんを笑顔にする授業がしたい」

ということで、まずは大野先生自らが、笑いによって脳や体にどのような効果があるのかを身をもって検証。
「僕が、確実に笑ってしまう」というチンパンジーのビデオを観ている時に、脳にどのような変化が起きているのか、脳波を測定した様子をVTRで紹介。

頭に脳派測定器をかぶり「僕のこんな姿見たことないでしょう。へへっ」と不敵に笑う様子や、
なんてことはないチンパンジーのビデオを観て
「ふふっ、ふふっ」と地味に笑う様子は、なんともシュールでした

大野先生の説明によると、
笑っている時の脳の状態は、エンドルフィンやドーパミンなどを排出し、幸福感を得られる。
また、20秒間、腹を抱えて笑うと、3分間ボートを全力で漕いだのと同じ心臓の運動量。
3時間漫才で笑った方々を調べると、漫才を見る前に比べ、がん細胞を破壊するナチュラルキラー細胞の値が大幅に上昇。
などなど、いいことづくめ。
そして驚くことに、「ウソ笑い」でも、脳は本気笑いと同じ状態になることがわかっている。

また、笑顔は人に与える印象もまったく違う。
・・・・ということで、検証。

最初は真顔の大野さん、顔の前で腕をクロスして広げると、笑顔。
再びクロスして広げると真顔に戻る・・・ということを何度かくり返し。
17日の昼では、最初に開けた時は、右目よりの笑顔
次に開けた時は左目よりの笑顔
というように細かい顔芸も入れていました。

それにしても「ウソ笑い」でも効果が得られるからといって、
エンディングにトロッコで外周を回るときに、客席に向かって手を振りながら、

「みんな、嘘でもいいから笑ってね!!」

というのは、どうなのか


《ゲラゲラ選手権》

『ゲラゲラ選手権』は大野先生を除く、4人が横並びで笑顔写真を撮ろうとしました。
ところが、4人フレームに入れるにはカメラから離れすぎるせいか、うまく映りません。
金髪で色白、黄色いTシャツのニノは、ハレーションを起こして真っ白に飛んでしまって、カメラで表情が捉えられなかったようです。

大野先生が「一番素敵な笑顔の人には、小鳥さんが飛んで来ます」と言うんだけど、一向に小鳥さんんは現れず、何がしたいのか伝わらないまま、グダグダで終わりました。

17日の昼、前日の反省点から改善したようで、ゲラゲラ選手権 は2人ずつのトーナメント制になりました。
くじ引きで対戦相手を決めると「ニノVS相葉ちゃん」「翔くんVS松潤」の組み合わせになりました。

2人対決にすると、うまく行き、画面に青い鳥が現れました。
みんなが「コンピューターが判定するんでしょ?」と言っても、
大野先生は徹底して
「いえ、決めるのは小鳥さんですと、ずっと小鳥さん小鳥さんを連呼していて可愛かったです

そしてこの回、最後まで勝ち抜いたのは、相葉ちゃん。

大野先生
「優勝した人は、笑顔マスターと対決できます。今日は特別に笑顔マスターを呼んでいます!」

みんな:「誰だ?誰だ?笑顔マスターどこだ?」といろめき立つ中、

「私が笑顔マスターだ!!」
と名乗りをあげる大野さん。
その流れに

「あははは、くだらねぇ、くだらねぇ」

と腹を抱えて笑う翔くん。

あっさり負ける笑顔マスター。

17日夜の回も、くじ引きにより昼と同じ組み合わせに。
誰かが、変えた方がいいんじゃないかと提案しかけましたが、大野先生はかまわずその組み合わせでトーナメントを開始しました。
結果は松潤が勝ち進み、笑顔マスターは再び敗れ、ただの「マスター」になりました。
この様子はZIP!で流れましたが、
関根麻里さんら出演者の「先生、しっかり!」「(笑顔が)怖い」「(負けて)そりゃそうだ」のリアクションが面白かったです。
客席の怪物くんコスに反応したり、笑顔マスターの登場に「エキシビションマッチだったんだ!」と言ったり、開講の挨拶や授業内容に、いちいち笑ったり感心したりしていている桝アナも微笑ましかった。

《失敗談を披露》

16日、押しボタン付きの教壇がステージ下に登場し、失敗談を披露するコーナー。
披露する際には、“ここは笑って欲しい”ところでボタンを押すと、笑い声(音声)が発生するので、失敗を笑いに昇華させて恥ずかしさが軽減される仕組み。

この日に失敗談を披露する生徒に指名されたのは翔くん。

翔くんが披露した失敗談。( マーク⇒ゲラゲラボタンを表します)

5年前、コンサートで親父のパンツを履いていました

10年前、コンサートで2人で歌うとき、大野智がパンツ姿で登場しました

大野智が逃げました
俺も逃げました
そしてステージには誰も居なくなりました


17日は、昼夜の回ともこのコーナーは無し。
スタッフによって、ボタン付きの教壇は運ばれてくるのですが、結局、出番のないまま撤収されていきました。
おそらく、ニノのお誕生日祝いが増えた分、時間配分の関係だったんではと思います。

このコーナーは、大野先生の授業のまとめの言葉、

「笑われるのが恥ずかしくて失敗を恐れている時期もありましたが、笑われることを恐れのではなく、失敗して笑われても逆に“おいしい”と思えるようになり、失敗することも恐れなくなりました」

に繋がります。なので、大阪では復活し、ほかのメンバーの失敗談も披露されるのではないかと思います。


《ゲラゲラ光線》

16日。
「笑い」の持つ効果が十分にわかったところで、みんなで笑ってみましょうということで、
昨年に引き続き、今度は「ゲラゲラ光線」を出すという。
若干の不安もありましたが、
大野先生の渾身の「ゲラゲ~ラ」につられて思わず笑ってしまう嵐4人。
そんな4人の様子を見て客席もつられて笑う。

客席へのゲラゲラ光線は、先生に続いて4人も加勢して光線を発射しているので効果抜群でした
17日夜のゲラゲラ光線は、光線を浴びると、笑うだけでなく、つい両腕も上がってしまうというようにバージョンアップしました

大野先生の「笑顔の歌」も聴けたし、翌日もワイドショーでたくさん使われて、
大満足の楽しい授業でした。

~笑顔の歌~
笑顔それは大事。笑顔それは大切。笑顔それは素敵。
だからみんな笑顔に笑顔に笑顔に~、な~れ~♪


◆10月10日発売です◆
鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
鍵のかかった部屋 DVD-BOX
鍵のかかった部屋 DVD-BOX
Amazon
関連記事
スポンサーサイト

<< 06/25のツイートまとめ  TopPage  大野先生ワクワク学校2012(前編) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/724-7367715e




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。