+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


VS嵐 MMDA

2012年度 年間もっともダメだったMMDAは「大野智」さん


真っ黒けっけのゾンビで這い出してくる姿も面白かったけど、
最後に階段ごと運ばれて去っていく時の、半身振り返って手を振る姿。

真っ黒のシルエットなのに、あまりの可愛さに愕然。
なんで形だけであんなに可愛いのか。
まっ黒クロな影姿なのに、後ろほっぺのラインがくっきり見えていて、本当にかわいらしかった。

ライブの衣装とかバラエティでも、大野さんのツナギ姿、大好きなんです。
大野さんのサイズ感とか体型にめっちゃ合っていてカッコイイっていうよりは、可愛さ満載。
Mステで5人揃った時のトラブルメーカーの白い衣装もかわいかった。


ところで、大野さんがキレるところは、毎回、予告やラテ欄に使われることが多いから、
番組的に見せ場のひとつと考えられているのかもしれませんね。

そして、ダメコーナーでそんな見所VTRを作りたかったのはわかるけど、
ひとつだけ、「ショットガンディスク」のハーネスの件で、スタッフに噛み付いたとされたのは納得いかなかったかな。

土曜のお昼のローカル時代。
VS嵐が始まったばかりの頃。
ローリングコインタワーのテーブル回転が今までにないくらいに続いてタワーがどんどん高くなって行きました。
それはたぶん、スタッフの想定を超えていたのでしょう。
当時、テーブルより若干低い位置まで(たぶん最初の3段)しか踏み台が設置されていなく、
ついに積み上がったタワーの先端に大野さんの手が届かずに負けてしまったことがありました。
ゲストチームは嵐よりタッパのある人も多く、とくに小柄な大野さんは気の毒でした。

その時は誰が責められたわけでもありませんが、
次の週から、タワーが積み上がって踏み台の高さが足りなくなりそうになると、
速やかにスタッフが箱を出してきて踏み台の上に置き、高さを足す対応をするようになりました。

現在のローリングコインタワーはもっとちゃんとしたセットに改良されていて、セットの踏み台の高さが足りずにゲーム終了なんてお粗末な結果にはならないでしょう。

そういえば、ゴールデン進出の大々的な記者会見。
ジャイアントクラッシュお披露目で、倒れるはずのゴールデンの獅子が、ビクともせずに居座っていたこともありましたね。

新ゲームは、もちろん安全面を最大に考慮しながら、何度もテストを重ねてのスタートとなるんでしょうが、
実際に対戦相手とのゲームの中で、想定外だったことも起こるものです。

ゲーム採用以来、初めてあのポジションに立った大野さんのハーネスの長さも、テストではなく実際の本気のゲームのさなか、勢いよく飛んできたディスクを拾い集めるには不具合な長さだったと。
大野さんもやりにくさを感じたからこその発言だったと思うし、
もちろんあの時、スタッフさんもその事態をちゃんと理解していたと思います。

でも、ダメコーナーの為のオモシロVTRを作るために、「自分の出来の悪さをスタッフのせいにして噛み付く人」という演出やメンバーの煽りは、ちょっと残念な気持ちになりました。
実際、スタッフに対してモノを言ったのはその時だけだったし。


ファンとしては、大野さんのポテンシャルを発揮してゲームで活躍している姿をいっぱいいっぱい見たいと思っちゃいますが、スポーツ番組ではなく、あくまでバラエティー。
しかも嵐はホスト役ですから、高得点ばっかり奪取するわけにも行かず。

でも、時々巡ってくる、嵐チームが大差で負けていて、このままではその後のゲーム展開自体が面白くなくなってしまうというような流れ。
ここで「リーダー何点獲って!」というハードルが上がっている時に、有言実行で確実にその得点を出してしまう大野さん。

先日のピースと組んだコロコロバイキングや、正月SPの20秒残してのクリフクライム(ちょっと惜しかったけど)、伊藤アナ天の声引退の時のデュアルカーリングの指名対決、いつかのバウンドホッケーの連続ゴールなどなど。
相手チームも舌を巻いて納得するような、大野さんが輝いてるそんな瞬間が時々見られるのが楽しみかな。
関連記事
スポンサーサイト

<< アマゾン嵐popcorn DVD予約開始    TopPage  02/27のツイートまとめ(TVライフ5冠) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/754-f0aed53d




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad