+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


アラフェス’13 感想まとめ

【関連エントリー記事】
アラフェス’13レポ~その1~ 
アラフェス’13レポ~その2~
アラフェス’13レポ~その3~ 

[自分メモ
私のリクエスト投票リストです。
◎は披露された曲、×は残念ながら披露されず。
※は実際のリクエストTOP10の順位です。

【madosシングルBEST10】
1「Monster」◎※6
2「truth」◎※3
3「Face Down」◎※5
4「曇りのち快晴」×圏外
5「Endless Game」◎※1
6「A・RA・SHI 」◎※9
7「Breathless」◎※2
8「Calling」圏外
9「Step and Go」圏外
10「PIKA☆NCHI」×圏外

1~4位は大野さん主題歌特集。新曲や「A・RA・SHI」はやって当然と思っているとセトリから外れる危険もあるので一応リクエストはしておく。「PIKA☆NCHI」はダブルよりこちらの方が好き。大野さんにハマるきっかけになった映画だから。
 
【madosアルバム曲BEST10】
1「Ready To Fly」×圏外
2「Re(mark)able」圏外
3「LOVE PARADE」×圏外
4「テ・アゲロ」×圏外
5「The Bubble」×圏外
6「Raise Your Hands」×圏外
7「Walking in the rain」×圏外
8「WAVE」×圏外
9「Joy」×圏外
10「YOUR SONG」圏外

「Ready To Fly」大野さん振付なので映像化希望。
「LOVE PARADE」アラシックツアーで正統派ジャズを踊っていた大野さんが再び見たい。
「テ・アゲロ」「The Bubble」「Walking in the rain」若い頃の大人びた曲を今の嵐で。
「WAVE」「YOUR SONG」最後の国立、みんなでもう一度ウエイブ&合唱を。
「Joy」合宿で録音までしたのにBWツアー途中でセトリから消えた不憫な子。
「Raise Your Hands」アラシックツアーで、嵐が♪Raise Your Hands~と片手を挙げながらムービングで迫ってきてテンション上がった曲。翔くんの「上のほぉ~左のほぉ~後ろのほぉ~…」というRAPと終盤の大野さんのフェイクも大好き、ダンスもかっこよかった。

【madosカップリング曲BEST10】
1「full of love」×圏外
2「オーライ!!」×圏外
3「intergalactic」× ※10
4「スパイラル」× ※6
5「時計じかけのアンブレラ」 ◎※4
6「いつまでも」×圏外
7「over」×圏外
8「コイゴコロ」×圏外
9「手つなごぉ」×圏外
10「モノクロ」×圏外

【madosソロ曲セレクション】
いつかのSummer We wanna funk, we need a funk 秘密 Song for me Hip Pop Boogie 

私の選曲の基準は、大まかに言って、
・大野さんのソロパートが効いている
・ダンス曲または踊るだろうと予想される曲
この基準はきっと世界中のサトシック共通だと思うけれども。

嵐も言ってたけど、ファンみんなの「踊る嵐が見たい」という希望はちゃんと届いていたし、
「踊る嵐」にできるだけ応えてくれていたように思う。

去年のアラフェスもそうだったけど、今年はより会場のセットが控えめだった気がした。
花火・噴水・風船という国立3種の神器はあったけど、移動の装置など派手な演出は控えて、
自分たちの足で動き回っていた印象。
外周を回るムービングステージがDJMJプロデュースの時とアンコールしかなかった記憶。
DJMJプロデュースの時は5人一緒だし“お手ふり”だけではなく踊りながら回った曲も多かった。

アンコールの時は、2手に別れましたが、「ニノ・雅・智」&「翔・潤」という珍しい組み合わせでした。
(アンコールのTシャツ姿はこの夏一段と痩せた大野さんの体の細さが際立っていました)

アンコールの「サクラ咲ケ」で、丸いセンターステージで♪サクラ~咲け と手をひらひらさせながら、
5人で円になってグルグル回っているのが、嵐らしくてめっちゃ可愛かった。
思わず「(回転ステージが回るのではなく)自分たちでくるくる回ってる!かわいい~」と相方とはしゃいでしまいました。


去年のアラフェス発表と同時に、今年のアラフェス開催も発表されていたので、
今年のアラフェスは、「昨年入りきらかなかった人気曲+今年の曲」で、
12年と13年、2つのアラフェスは「表裏一体」というか、2つで完成形になるのかな、なんて思っていました。

でも結果は想像していたのとちょっと違いました。
セットリストだけ見ると、昨年のをなぞったように感じますが、その中で見せ方をいろいろ工夫していたと思います。

実際にアラフェス’13 を見終わって感じたことがあります。
それはひとつの「区切り」ということです。

アラフェスに対しては、様々な立場の嵐ファンひとりひとりからの思いや期待がたくさん詰まっているので、
その100万人を超えるすべての人の思いを鑑みると、感想を語るのが難しくなってしまうので、あくまで私個人の感じ方です。

「それはファン投票というアラフェスの趣旨から逸れるんじゃない?」
というご意見もおありになるかと思いますが、今回のライブの意味を定義づけるつもりではないので、あくまで個人の戯言だと広い心でお読みいただけるとありがたいです。


今回のアラフェスが終わってみて、最も印象に残ったのは、
COOL & SOUL 」と「Re(mark)able」の再現があったことが一番大きいです。

私は「Re(mark)able」をリクエスト2位に、相方は「COOL & SOUL 」をリクエスト1位に入れていました。

でも実際はどちらも圏外なんですね。…にもかかわらず、セットリストに組み入れられていたこの2曲。
同系列の曲がセットリストに入るのは、アニバーサルコンやフェスならではかもしれません。

COOL & SOUL 」が久しぶりに披露されたとき、
「♪そして幕開け第2章~」というニノのラップに

第2章の幕開けから、何年が経っただろう…

と、ふっと感慨深く浸ってしまいました。

アルバム「ARASHIC」発売当時、
“嵐にとって、まさに第2章の幕開けである”と評され、初のアジアツアーも控え、
それは言ってみれば“俺らはこれから、まだまだ高みを目指して登っていくぞ”宣言でもあったわけです。

それがデビューから満7年(2006年)、8年目に入る夏でした。
初のアジアツアーを成功させ、それが初ドーム単独公演につながり、翌年には5大ドームツアー、
国立競技場初ライブ、2度目のアジアツアーへ。
その間、各メンバー個人の活躍もめざましく、国民的と呼ばれるまでに。

そして今年は奇しくも第2章の幕開けから、ちょうどまた満7年が経ったわけです(2013年)。
上昇から頂点で安定へ。
旧国立競技場が最後となる今年、第2章が完結したのではないかと思いました。

さらに奇しくも満7年後の2020年、東京オリンピック開催の年です。
来年の夏には、きっとまた新たな挑戦が待っているであろう嵐にとって、これからの7年間は、まさに第3章の幕開けになるのだろうという予感がしています。


この第2章の7年間は怒涛のアラシゴトを体験しました。

2006年、初の海外ツアー。

台北での初ライブは参加しなかったのですが、
ソウルでの初ライブには行きました。
初っ端の公演で「COOL & SOUL 」の出だしでまったくマイクが入っておらず、
ヒヤッとした想い出。
大野さんのソロ曲「TOP SECRET」の間奏に合わせて会場中が手拍子を始めて、ぶったまげたこと。
これにはメンバーたちも「裏で聴いていて、宴会が始まったのかと思った」と驚いていました。
様子は違っても、現地のファンの皆さんは熱く彼らを歓迎していました。

そして帰国後、好評だったアジアツアーと同じステージを日本でも再現。
お正月の横浜アリーナ5公演と大阪城ホール4公演。
いつになく落選者が増えたこの公演を受けて、4月に東京ドームと京セラドームでの再公演が決定。
嵐にとって初の単独ドーム公演です。

今のチケット争奪激戦では信じられないことですが、当時、ドーム公演開催決定のお知らせに、
「あなたのお席は既にご用意できています」って言葉が添えられていたのですよ。

お正月の横浜アリーナと大阪城ホールに落選した人は、自動的にドームに参戦できたのです。
当時は「おひとり様何公演でもお申込みいただけます(ただし前振込)」ですから、
私も正月の全日程を申し込んでいたので、公演日によって当選もしたけど落選もしていたので、自動的に東京ドームと京セラドーム参戦の権利が与えられました。
ひとり4枚まで申込申請可だったけど、当時、身近でお金を出して嵐のコンサートを見たいという人が思い当たらなかったので相方と自分の分だけ申込みました。

当時は、ファンの間でも応募者全員プレゼントなんて呼ばれていて
「ドームなんて2階席はガラガラじゃないの?」
「あまりに空席が目立つと黒幕で椅子を覆って目立たないようにするんだって」
などという話が飛び交っていました。

もちろん、蓋を開けてみれば、2階スタンドまでたくさんのお客さんが入って、
(翔くんもSUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ- の挨拶でも言ってるけど)
嵐メンバーの顔は自信と喜びに溢れていました。

翌年のTimeツアーでは、横浜オーラス公演と大阪追加公演を再び東京ドームと京セラドームに振替。
そしてその半年後には、ついに初の五大ドームツアー開催です。

でも初の5大ドーム、札幌のチケットはプレイガイドやJチケットでも発売、ネットでは定価割れしていました。
福岡も平日開催だったために、集客が難しく、九州各県から旅行会社主催の日帰りライブ鑑賞バスツアーを募集していました。
でも翌年の札幌ドームは上の上の上の方までお客さんびっしりで、ドーム開業以来最高の集客数だったと聞きました。

そして2008年、初のドームツアーに次いで、8月には初国立です。
6月の東京ドームで大野さんの口から発表になった時に耳を疑いました(…っていうか「霞ヶ浦競技場」って聞こえて、茨城?って思った

そして国立競技場で初ライブ開催、巨大モニターに映された世界(アジア)地図、ツアーロゴである先の尖ったAマークが矢印となり、東京から台北、ソウル、上海へと光を放ちながら飛んでいきます。
台北と上海に参戦しましたが「Re(mark)able」に♪きら~りきら~りここ東京の中心から世界へ羽ばたく
の“東京”を台北や上海に変えて歌う彼らを見てゾクゾクしました。

不安と期待の入り混じった2年前の初アジアライブと違って、日本での大舞台での成功の大きな手応えと自信を携えて、堂々とステージに立つ2回りも3回りも大きくなった彼らがいました。

しかし、今回が初ライブとなる上海では、前日になって突然、「トロッコなどで観客に近づくの禁止令」が出て、
演出の変更を余儀なくされます。国立と同じセトリとは思えないレトロな会場の雰囲気にヒヤヒヤでしたが、中国各地から集まった皆さんはすごい喜んでいて(ライブ後のレストランにいた現地の嵐ファン)嵐にとって未知の国でも、熱く支持されているんことを実感しました。

そしてデビュー以来、最高潮の中、迎えた10周年。
正直、アイドル寿命というものもあるし、これがピークであったとしても普通だと思っていたのに、
そこから更に加速がついて今に至っています。
国立もついに、前人未到の6年連続開催を成功させました。

翔くんがいうように、初国立は北京オリンピック開催の年、そして最後の国立となった今年は東京オリンピック開催決定の年で、場所も場所だけにオリンピックと深い縁があります。

でも私の中では、24時間テレビの印象が強いのです。
2008年、この年は、智ファンにとって怒涛の出来事目白押しでした。
年明けと同時に個展の開催が発表され、作品集「FREESTYRE」争奪戦に続き個展の入場券争奪戦。
個展が終わると、舞台「アマツカゼ」。
アマツカゼ大阪で千秋楽を迎えた2週間後に、大阪京セラドームから初の5大ドームツアースタート。
初の主演連続ドラマ「魔王」の撮影が始まり、第1話オンエアの翌日が、ドームツアーラストの札幌ドーム。
当時の大野さんも「ひとつひとつ浸りたいのに、浸ってる暇がない」と言っていましたが、ファンとしても同じでした。
そして夏は重たいテーマのドラマを撮影しつつ、4年ぶりの24時間テレビの司会と同時に、初の国立競技場。
こんなにハードで大丈夫かちょっと心配でした。

国立最後の夏となった今年も、偶然にも24時間テレビの司会と重たいテーマのドラマ撮影がありました。
でも今は、大野さんの「安定感」に信頼を寄せています。

そんなことを思い出していたら、大野さんも「ウラアラシ」のメッセージで、
同じように「COOL & SOUL 」と「Re(mark)able」に関して思い出を語っていて嬉しくなりました。


ここ3年くらいは、6月のワクワク、夏の国立(&24時間テレビ)、秋からの五大ドームツアー、年末の紅白司会と定着した感があり、国民的トップアイドルとして安定したお仕事ぶりです。

第3章とも呼べる、2020年東京オリンピック開催までの7年間。
水物の芸能界で、今と同様トップであり続けることは、並大抵のことではないと思います。

ファンの間でも、にわかファンが減ってチケットが取りやすくなればいいとか、
ゴールデンの番組はいらないから、深夜に戻ればいいとか、紅白の司会はもうたくさん、という声を時々耳にします。

嵐のデビューから満14年の歴史の中で、私が関わってきたのは、第2章からに過ぎませんが、
翔くんも言っていたけど、
国立だけに限らず、
初めての場所で、期待と不安を抱きながらも、初めてのライブを成功させ、
それがひとつひとつ自信に繋がり、達成感に満ちた笑顔を見せてくれる。
そしてその自信がさらに次の高みを目指し、世間にも認められて、実績となっていく。

そんな彼らの様子を見て来たら、
彼らが世間から求められている限り、
そして彼ら自身が前を向いている限り、
これからも1ファンとして追い風を送っていきたいなと思っています。

それに、大野さんは実際には凄く遠い人だけど、
どんなに大きくなっても高みにいても、気持ちはファンのすぐ横に寄り添ってくれる人ですしね
関連記事
スポンサーサイト

<< ソロコンのMCで  TopPage  アラフェス’13レポ~その3~ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/783-5f4b3419




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad