+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< デジタリアンツアー初日~大野さん感想  TopPage  11/14 福岡初日後のつぶやき >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/846-162afeae


嵐~デジタリアンツアー~ファンライト

digi.jpg
2014.11.14 福岡Yahooドーム


【関連記事】 デジタリアンツアー初日~大野さん感想は⇒コチラ


まずはファンライトについて、会場で実際に使ってみた感想などを書こうと思います。
ちなみに私の席は、バックステージ側スタンド後方列です。


※一部、オープニングなどネタバレも含みます。
今回のファンライト、うちわ型というのが、未知の世界過ぎてどうなるのかなぁ~と不安な部分もありました。

デジ嵐くんにタッチは、午前中にグッズを買いに行ってくれたお友達が、あらかじめタッチしてくれたので、
開演前の混雑に巻き込まれることはありませんでした。

開演を待つ客席では、みんな思い思いの色をつけていました。
ちなみに、ファンライトそのものを手にもって見ると、青と紫の区別がつきにくいですが、
客席で光っているのを遠景で見ると、青は青、紫はピンクっぽく見えて、
青との違いははっきりわかりましたよ。

開演数分前、場内のモニターに
「ファンライトのスイッチをOFFにしてください。」
と指示が出ます。

オープニングを待つステージ、メインステージの真ん中が少し中央に向けてせり出していて、その両端から放射状に2本の花道が伸びている感じです。
メインステージの両端、真ん中、放射状に伸びた2本の花道の先っぽ、という5箇所のポイントに、
ダースベーダーのようなロボットが1体ずつ計5体います。

これはおそらく、このロボットの中に嵐が入って動き出すんだな、というのは、想像つきます。
(アラフェス2012の花道の5箇所のポイントに置かれた風船から嵐が登場したののデジタル版、みたいな感じ)

そして、いよいよ場内が暗転して、予想通り、ロボットが動き出して、それぞれメインステージに向かって動き出します。
が、この時点で誰がどれかわかりません。
最初に、1体だけ、青の電飾がロボットをふちどります。
あ!っと思ったら、会場全員のファンライトが青一色に光っていました。

このように、ロボットが一体ずつ順番にメンバーカラーの電飾にふちどられ、その度に客席のファンライトがそれと同じ色に一斉に変わるのです。

こんなのっけからファンライトの演出があると思いませんでした!

前半の曲は、かなりファンライトで制御された光の演出が施されていました。

本当に細かくプログラミングされていて、例えば黄色一色になっているエリアでも、
中にまばらに白になっているライトがあるんですが、その白い部分が移動することによって、
光が生き物のように動いて見えるんですね。

その姿を変えながら、客席を彩る光の海は、圧巻でした。

【私の疑問=自問自答】

 ファンライトは、どっちが表?
「うちわ」としてみると、嵐メンの写真をステージに向けたくなるけど、それでも光は届くの?

 届きません。

私の席はバックステージ側のスタンドだったので、アリーナのお客さんが全員後ろ姿だったわけですが、
アリーナの光の演出は一切見えませんでした。
ファンライトを手に持つときは、当たり前だけど、写真を自分の方に向けて、ライトを表にしましょう。

なので、プログラミングで制御されているとき、自分のファンライトがどのような光り方をしているのか、
実は自分ではわからないのです。

 メンバーに担当カラーをアピールしたい時はどうするの?

 トロッコでのお手振りサービスタイムの時は、制御が解かれています。

私は自動的に青に戻っていました。
周りを見ても、オープニング前の思い思いの色とりどりに戻っています。
制御を受ける前につけていた色に自動的に戻るんだと理解しましたが、
手動のカラーチェンジの順番がたまたま青が一番最初だからなのかな?
もし、智くんのトロッコが近づいて来たら、自分のライトが青になっているかチェックしたほうがいいかも。

 前の人にファンライトをペンライトのように高く掲げて振られたら、どうしよう。

 開場前、不安でした。
自分自身も、ファンライトをペンライトとして扱ううちに、ついうっかり掲げてしまわないよう気を付けよう!と肝に銘じていました。
でも幸いなことに、私の席一帯にはそういうお客さんは一人もいなくて、
逆にトロッコが近づいても、うちわアピールができない分、ふだんより視界を遮られるストレスなく見られました。
でも、別の席のお友達の周りでは、やはり高く掲げてしまう方が続出したようです。

【感想】
今回のファンライトの演出は、
会場が一斉に同じ色に染まる…というような単純なものではなく、
緻密に計算され尽くした、生きた光の演出でした。ドームならではの壮大な景色だったのでは?
イルミネーションショーとしても素晴らしかったと思います。

ただ、やっぱり、参加している本人は、そこまで細かいところは見てないんですね。
どんなに天井席にいたとしても、やはり神経を集中させて注目するのはステージ上の嵐。
お付き合いで来て、米粒の嵐には興味ないようなお客さんには楽しめる光景だと思いますが…

あと、お客の立場からしてもペンライトに想いや意志を込めていたところもあると思うんです。
「風景コン」だったかな?赤と青緑に光るペンライトだったとき。
私は「Everything」の♪赤から青に変わるシグナル~の歌詞に合わせて、
自分のペンラを赤から青に変えるのが楽しみだったりした。

「いえ~い!」というステージからの呼びかけに、ペンラを振って答えて意思疎通、みたいなところもあると思う。
「Oh Yeah!」や「A・RA・SHI」とか、ペンラが一斉に同じ動きをするのが一体感も感じられると思うんだけど。
うちわ型だと手に持っているだけで、あまり大きい動きはできない。

曲によっては、制御で光を消されてしまって自分の意志では点灯できない場面もあって、
なんか、こちらの意思は全く無視で、
逆に、素晴らしい光の演出であればあるほど、
「私たちは照明器具か!?」って思わなくもなかったです。

ちょっと辛口だけど、ファンの方にもペンラに込めた思いがあるってこともわかってほしいです。

でも、一生、ペンラを封印されたわけではないと思うので、
今回のこのデジコンに関しては、光の演出もライブの見どころってことで、コミコミで楽しもうと思います。

【追記】
さきほど福岡2日目の公演が終わって、ネットに上がっているレポを見ました。
最後の挨拶の時、お客さんの意思で、ファンライトを挨拶をしているメンバーカラーに統一したとのこと。
一方的に受信するだけでなく、ファンから嵐へのエールを発信するツールとしても使えてよかったですね。
こうやってツアーが進むにつれ、徐々に嵐とお客さん相互にライブを作り上げて行って、最高のものにしていけたらいいですね
関連記事
スポンサーサイト

<< デジタリアンツアー初日~大野さん感想  TopPage  11/14 福岡初日後のつぶやき >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/846-162afeae




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。