+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


嵐BLAST in 宮城 レポ①  

DSC_0514.jpg DSC_0498.jpg

Arashi Blast in Myagi 
2015.09. 19,20 22,23

お天気に恵まれた、気持ちの良い4日間(公演日)でした。

4公演分をまとめた、ごちゃ混ぜのレポになります。

※私はメモなどを取っていないので、自分の記憶(…というか印象)だけに頼った大野さん中心の覚書&感想です。
勘違いや思い込みも含まれると思いますのでご容赦ください(_ _)


【オープニング~ワイルドアットハート~】

メインステージ正面の巨大モニターの上(高いところ)にある、嵐の王冠マークのオブジェに姿を現した5人。

ワイルドアットハートの前奏
♪Ah~Ah~Ah~Ah~♪Ah~Ah~Ah~Ah~

と歌ったあとに、ジャンプをしてオブジェ上から姿を消す(奈落に落ちる)

…とほぼ同時に、アリーナセンターから伸びる5本の花道の先に、それぞれ姿を現す5人。

その時間差、わずか1秒あるかないかの見事なテレポーテーション!

1日目はその仕掛けが全く分からずにすっかり騙されました(^^;


1日目
大野さんの前髪が、変な横分けだなぁという違和感はありました。
そして事件は起きました。

なぜか大野さん一人だけが、先にジャンプして消えてしまったのです。
最初は、一番右端にいた大野さんから順番に消えていくのかと思ったら、
他の4人は、大野さん消えても平然としています。
少しして、残り 4人全員でジャンプをして消えました。

…な、なんだったんだ?今の?
ワンテンポならまだしも、大野さんが消えるタイミングはあきらかに1小節くらい早かったです。
大野さんがそんなミスをやらかすなんて、有り得ない。
そしてその状況に平然と動じない4人もちょっと不気味。

2日目
本日は5人タイミングを合わせてのジャンプ⇒テレポーテーション。

やはり昨日のは大野さんのミスだったのか?
いや、ミスだとしたらMCで真っ先にネタにされそうなものだが。

それにどう考えても、メインステージのあの高さからスタンドよりの地上に一瞬にして瞬間移動はできるはずがない。

やはり最初に高いところに登場する5人はダミーっぽい。
私の中で、すご~く精密なプロジェクションマッピングによる3D映像か、とても精巧なアンドロイド説が浮上。

3日目
自分の説を検証すべく、5人の顔に注目。
5人とも、マダムタッソーのような皮膚感と無表情さ。
相方によると、相葉ちゃんのマネキン感が半端ないらしい。
私の中では、アンドロイド説に決定。
しかし、今日も5人揃ってジャンプをして消えたけど、微妙なタイミングのズレやジャンプの高さ、足の曲げ方の個性など、まったく動きに不自然さは感じられない。

4日目
最終検証。
♪Ah~Ah~Ah~Ah~♪Ah~Ah~Ah~Ah~
と歌いながら、振り付け通りに会場を指差す5人(体)。
そして松潤(ロイド)が
「行くぜ!宮城~!!」と客席をさしながら煽るんだけど、その動きもとても滑らか。
でもよく見たら、5本の指の開き方が、ずっと同じ間隔だった。
いわゆる、“豚手”みたいに中指と薬指の間隔が一番広いんだけど、その不自然な間隔がまったく変わらなかった。

やはり、マツコロイド並の精巧なアンドロイドに間違いないよう…と私の中での結論。
凄いヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

もし、そうだとすると、1日目は智(ロイド)を操作している人が、誤って一足先にジャンプさせて消してしまったもよう。

ちなみに、ネット上の「智くんの表情がこわばっていた」レポのいくつかは、本人ではなく、まさかのアンドロイド?とは知らずにこの表情を見た感想も含まれるのでは?と思ってます。


【PIKA☆NCHI】

センターステージでガッツリ(ただし今の嵐なりのガッツリ)踊ります。
ハワイのステージを思い出します。

ハワイでの思い出より⇒
「 PIKA☆NCHI」は、相葉ちゃんと松潤が前で歌ったあと、後ろでニノ・翔・大野さんの3人がジャンプするところ。その時の大野さんがジャンプ(体を反らせて両足を膝から後ろに曲げるジャンプ)が、本当にその形がバッチリ決まっていて、まるで空中でグラビアのように止まって見えました。
コレ(横からの映像でしたがDisc2の方に収録されてます)
DSC_0062.jpg

果たして、このジャンプを宮城でも見られるのかどうか!?
期待…





……残念ながら、3人のジャンプは無しでした。飛び上がらずじまい。


でも、宮城で別のシーンが見れたんです!

ハワイDVDのDisc2、大野さんの単独インタビューで、このジャンプの時に
「歳食ったなぁ。ヤバイなぁ、ってみんなで顔合わせたの覚えてる」
って語っているのですが、

宮城でも、大野さんが↑の感じで、隣の翔くんに向かって、笑いかけていました。

やっぱり大野さんの笑顔が見れると嬉しいなぁと思った瞬間でした。

当人たちは、ジャンプを省略した確信犯である笑いのようでしたけど。

そして、この場面で翔くんと顔を見合わせて笑い合う様子は、4公演すべてにおいて見ることができました。

【Happiness】【Troublemaker】

会場に入った時に、まず気になった、アリーナ座席上に張られたワイヤーと、
センターステージ上にぶら下がっている銀色の球体。
球体は、それほど大きく見えないんだけど…
まさか、HITACHIのLED照明のCMのように、底の部分が開いて、嵐が球体の中に吸い込まれる!?

アルミのような材質に見えた銀色の球体部分は、実はテント(消防服?)のような材質で、
ハラっと落ちると、中心部分の骨組みだけになりました。
そしてその中心部分に、まるで遊園地のゴンドラのような状態で5人束になって、
2曲の間、アリーナ後半から後方スタンドに向けて空中遊泳。

3日目

オープニング前から球体はいつもの場所(センターステージ真上)にぶら下がっていました。
でも曲が進んでも、球体のまま動く様子がありません。
あれ?たしかHappinessで空中遊泳していたはずだけど??

でも嵐の5人は、とくに変わったことなどない様子で、5本の花道に三々五々散っていきました。
メンバー同志が同じ方向へ行ってしまうなどの動線の混乱もなく、キレイに花道を入れ替わったりしています。
あまりに自然な動きなので、この曲で空中遊泳していたのは、私の勘違いかと思ったくらいでした。


では、あの球体の出番は!?と見ると、ぶら下がったままの球体がだんだん萎んで来て、ハリがなくなって情けない形になってきました。

【Love Rainbow】で大トロで中央から2手に分かれて外周を回るのですが、トロッコが出発したあと、
スタッフの人たちが球体を引き寄せて下におろし、かなりの人数のスタッフでゴンドラを解体して片付けていました。

もし、開演前から不備があることがわかっていたのであれば、最初から空中に取りつけていなかっただろうから、
本番中に何かのアクシデントが発生したのでしょう。

だとしたら、なんの混乱も不自然さも感じさせずに、花道でのパフォーマンスにさらっと変更をやってのけた5人およびスタッフは流石だなぁと感じました。
もちろん、天候などの影響で飛べない場合を想定してのBパターンも用意してあったでしょうが、さすがのチームワークです。

宮城ひとめぼれスタジアムのひろ~い客席の頭上を、中央のバーを背に5人ぎゅっと束になって括りつけられて飛んでいる様子は、なんとも斬新でした(笑)

⇒ 続く
関連記事
スポンサーサイト

<< 嵐BLAST in 宮城 レポ②    TopPage  宮城BLASTの前に >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/904-b40cbdac




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad