+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


嵐BLAST in 宮城 レポ②  

DSC_0514.jpg DSC_0498.jpg

Arashi Blast in Myagi 
2015.09. 19,20 22,23
この記事はレポ②です。
嵐BLAST in 宮城 レポ①  ⇒ コチラ

※4公演分をまとめた、ごちゃ混ぜのレポになります。
自分の記憶(…というか印象)だけに頼った大野さん中心の覚書&感想です。
勘違いや思い込みも含まれると思いますのでご容赦ください(_ _)

【青空の下、キミのとなり】

この部分は、WSでも結構取り上げられていました。
曲はフルコーラスではなかったかもしれませんが、ダンスは(歌の間)はフルでした。
生でこの曲を見たのは初めてでしたが、大野さんは、肩がクイッと入る動きなど、安定のダンスでした。

メインステージで歌う嵐の後ろの巨大モニターには、
おそらく今の宮城の町の様子だと思うのですが、
きれいな景色とのコラボで前向きになれる映像でした。

【挨拶シャッフル】

1番目の相葉ちゃんの挨拶。
最初はもちろんシャッフルって気づかなくて

「5万2千人幸せにしてやるよ!」って
松潤のパクリかと思ったんだけど、

その後の翔くんの
「いっらっしゃいませ~!いらっしゃいませ~!」で合点がいきました。

…となれば、「大野さんは何番目?誰の挨拶とシャッフル?」と俄然楽しみになりました!


大野さん本来の挨拶は、松潤が担当。

「Myagiまつり、でぃ!」ってみんなで声を合わせたあと、

変声で
「ぃよろしくぅ」って。

松潤曰く、
「モノマネというわけではなく、あくまで自分の中での大野智のイメージはこんな感じ。」
だそうです。

大野さんファンにしてみたら
「ちげぇーよそんなんじゃないよ」ってレベルでしたが、

大野さんも、松潤ファンから
「ちげぇーよそんなんじゃないよ」って言われそうなレベルの松潤のマネをよくするので

ここはお互い様ということで

そして、いよいよ最後が大野さん。
翔さんのモノマネで、会場全体のテンションを盛り上げ次幕へと引っ張らなければいけません。
かなり重要なポジションです。
しかも、メンバーは挨拶が終わった順に、衣装替えのために舞台裏に引き上げていくので、
最終的に、広いスタジアムのステージに大野さん一人が残って5万2千人を相手にするわけです。

かなり緊張したみたい。
そして、そこはやっぱり大野さん。
カッコよさの追求よりも、お笑い系に走りがち。

「上の方、調子はどうだぁ~  下の方、調子はどうだっ

口を尖らせて、ヒップホップ風?、手はDJ風に動かしてるけど、
どことなくユーモラスで会場からは笑いが。

2日目のMCで話題に出たんだけど、
そんな智くんの挨拶も、メンバーからは好評で、
「完コピだった」とJ様のお墨付き!

逆にJ様は、ニノから
「(シャッフル挨拶のリーダーの中に)松潤が出てた」とちょっぴり物言いがついた。

J様曰く
「次の(ソロコーナーを控えた)相葉くんが大変だろうから、少しでも時間を稼ごうと思って。」

その言葉を聞いて、J担である私の相方は
「さすが潤様
song_0000000680_2.png

…と、すかさず目をハートにしてたけど


翔くん曰く
「それならそこも、大野智を通さないと」

私、心の中で
main@2x.png
「そうだ!そうだ!よく言った」

J様
「だってリーダーの挨拶、言葉数が少ないじゃん。どうやって時間稼いでるの?」

大野さん
「少ない言葉をゆっくり言うんだよ」

さすが大野さん!安定のオチの付け方!
appare.gif

大野さんはデジコンのDVDを見て翔くんの「まだまだまだまだ足んねぇぞ」などを研究したそうです。

今回のMiyagi Blastの東京でのリハの最中、目の前にいる翔くんに最後の英語の煽りをカタカナでメールしてもらったそう。
そんな英語部分はカタカナ発音のうえに、なんとなく誤魔化してる感じなんだけど、それもご愛嬌ということで。

「まだ×4、足んねぇぞ!」の煽りは、1日目と2日目だけで、3日目からはやらなくなっちゃった。
なかなか上手だったのに、恥ずかしくなっちゃったのかしら?

その代わり、4日目の挨拶で印象的だったのは、動き。

「もっと声ちょうだい!あらし~」と煽って客席から「あらし~」とコールもらうところ。

翔さんのジェスチャーは、客席に耳を傾けながら腕を回して、声を汲み取るようにするイメージなんだけど、
大野さんは両手を腰の後ろに当てて背伸びをし、ぴょこんっとミーアキャットのように客席の方に体を傾けてる。

その姿がなんとも可愛らしくて、客席からも
「かわいい~」という声と笑いが起きていました。

このあと、
相葉ちゃんソロ、ニノソロ。

再登場のあとは、Oh Yeah!、言葉より大切なもの、と続きます。
5本の花道の先の円形ステージが、タワーになってせり上がります。

【言葉より大切なもの】


いつも大野さんの歌い出しについて、いろいろ言われていますが、
私が感じるところでは、大野さんが音を外すというのは、メロディラインが崩れるのではなくて、
最初の出だしのキーが違って、そのキーのまま歌うという感じです。
ライブでは3回に1回くらいそんな感じの時があります。
宮城の4公演では、ハーフハーフでした。

まあ、ここで大切なのは「あるからーっ♪」ですので。


【Zero-G】

このブロックの〆の曲は「Zero-G」です。このブロックはピンク系のバイオレットのコートジャケットの衣装がカッコいい。

宮城で「Zero-G」は、ちょっと意外というか予想外でした。
でもデジコンが見れなかったファンには嬉しい披露だったんじゃないかしら?
腰を回す振り付けのところでは会場から「Fu~」って歓声が上がって盛り上がりました。

⇒ 続く
関連記事
スポンサーサイト

<< 嵐BLAST in 宮城 レポ③   TopPage  嵐BLAST in 宮城 レポ①   >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/905-7d424875




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad