+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


ジャニーズカウントダウン15→16レポ

Johnny's Countdown 2015-2016


一昨年のFNS歌謡祭のジャニーズメドレー。
次から次へと目まぐるしく、いろいろなグループが登場するジャニーズメドレーは、まさにジャニーズカウントダウン!
そのお祭り感覚が懐かしく、最近の歌番組の中でもハードリピのひとつでした。

でも最近のカウコンの様子では、もう嵐が戻る場所はなさそうだなぁって寂しく思っていました。

それが2年ぶりの放送復活!!ジャニーズカウントダウンコンサート。
しかも嵐が6年ぶりに会場の東京ドームに復活です\(^o^)/


私は、嵐のライブに初めて行くようになった2006年から嵐が紅白初出場を果たした2009年まで、4年連続で東京ドームのカウコンで年越しするのが恒例でした。
嵐が紅白の司会をするようになった5年間は、自宅でリアルタイムにテレビの紅白を見て、白組に投票するのが恒例になっていました。
そして、今年、まさかの嵐カウコン復活とともに、相方がチケットを当ててくれて、私たちも6年ぶりの参戦を果たすことができました。
私たちにとってもまさに「原点回帰」でした。


ドームでは、11時からライブが始まります。
今年は、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、中山優馬、ジャニーズWESTが
それぞれ3曲~4曲を披露。会場は若い熱気でめっちゃ盛り上がりました。

ちなみに、昔は嵐もオンエア前のライブに登場していました。
過去に、オンエア前のライブで披露した曲をまとめておきます。

06年→07年
11時ちょうど、トップバッターで登場でしたが、当時はまだブログ書いてなかったので忘れてしまいました。

07年→08年
「We can make it!」「Oh Yeah!」
「A Day In Our Life」「Happiness」。
「サクラ咲ケ」(オンエアCM中)

08年→09年
『We can make it!』
『Oh Yeah!』『風の向こうへ』


2007年→08年は、嵐初司会でした。
生放送オンエア前の「このあとすぐ!」のミニスポット。
会場の客席とともに練習していざ本番。
「大変なことが起こりました。入りきらずにカウントダウンの“カ”で終わってしまいました」と翔くん。
尺が合わずに切れてしまいました。

08年→09年、
翔さんを中心に「昨年は、途中で切れてしまいましたからね、ジャニーズ・カ・・・で切れちゃったから今年はそういう失敗をしないようにしましょう!」と気合を入れつつ、
「このあとは、ジャニーズカウントダウン!!」ということでバッチリうまくいきました!

09年→10年、
この年は、嵐紅白初出場で、NHKホールから駆けつけることになっていたので、ミニスポットのお役目は「修二と彰」こと亀梨くんと山Pでした。
嵐は、生放送オンエア開始とほぼ同時に東京ドームのダックアウト側からフィールドに登場、そのままセンターステージに駆け上がり、「Believe」でオンエアが始まりました。


今年もそんな感じで,いきなり始まるのかなぁ、と思っていました。
11時30分過ぎくらいで、フジテレビアナウンサーさんが前説のために登場。
これも毎回のことだったのですが、今年はなんと!伊藤アナが登場しました。
放送には出ないのに、このためだけに伊藤さんってヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。
オンエア復活に力入れてるなぁと感じました。

そして5分前くらい?に嵐が登場!
6年の間に、紅白の司会を経て、古巣に戻ってきた嵐は、もはや余裕があります。
翔さんを中心に客席に歓声を上げるように呼びかけがあって、みんなで声を合わせて、ミニスポット。
もちろん、バッチリ!決まりました。


その後、同様にオープニングのタイトルコールが有り、CM中にメインステージから小トロに乗って、客席の中をセンターステージに移動。
大野さんは移動中、アリーナ席のお客さんに
いつものファンサを振りまいていました。
センターステージに5人揃って、スタンバイ。

私は、1曲目は「愛を叫べ!」だろうと思っていたのですが、
スタンバイ中のフォーメーションが、横一列じゃないな…と。

そしたら、まさかの「truth」ですよ。
リクエスト上位3曲には入っていたけど、どうせやらないんだろう…っていうのが自分の中に定着しちゃってたものだから、びっくりしました。

そして目の前の光景より、今まさにテレビの前で歓喜に沸いているだろう全国のサトシックの光景が思い浮かびましたよ。

嵐は曲紹介をするメンバーが交代でメインステージにスタンバイして、曲を紹介すると舞台裏に姿を消します。

大野さんは2回くらい、メインステージでスタンバイしていたことがありました。
いずれも、ほんとにフラットにカメラの前でただじっと立ってスタンバイし、曲紹介(本番のハイテンション)が終わると、まったく普通の歩き方で何事もなかったようにその場をあとにする感じでした。
これ、去っていく後ろ姿が本当に普通過ぎて、道でも歩いてるのかってくらいでした(笑)


ところが、パフォーマンスのあとだと、これが全く違うんですね。
各曲ごとに書きます。


【スペシャルコラボメドレー】
どのチームに大野さんが混じっているのか、どの曲で登場なのか、一切わからないので、
見逃がさないために、ずっとメインステージの登場口を双眼鏡でロックオン!
嵐メン、それぞれ出番が終わっても、大野さんの登場はまだ。
東山先輩との「仮面舞踏会」が見たかったけど、大野さんいないし。
「アンダルシア」は光一くんと東先輩のツーショット。

次の曲に備えて、ずっと登場口を双眼鏡でガン見してました。
するとアンダルシア、途中で登場して来たのです!
オンエアではカメラが足元からなめて大野さんを映すアングルでしたが、それはそれでカッコよくて興奮しましたが、
現地で裏から登場してくる大野さんの姿を発見し、
「キタ━(゚∀゚)━!キタ━(゚∀゚)━!智くんキタ━(゚∀゚)━!」と声に出してはしゃいでしまいました。
この登場の様子が関西ローカルのWSで紹介されたそうです。
フォロワーのこっちぇ@実況 さんに許可を頂いて、動画ツイートを紹介させていただきます。‏


アンダルシアは、歌のソロがあっただけでも嬉しかったのですが、最後に踊りだした時は、ゾクッとしました。

そんなクールな様子とは打って変わって、歌い終わると、
ちょこちょこと東山さんに近づいて、ぴょこぴょこと跳ねるような感じで後ろをついて捌けていきました。


【グループチェンジメドレー】
チェンジの相手がNEWSだというのは分かっていたので、NEWSの登場までは落ち着いて待てました。
バクステにNEWSが登場!Monsterが流れると、嵐もメインステージでスタンバイ。
緩い感じだけど、ほぼフルでMonster踊ってました。
オンエアでは、大野さんまでカメラアングルが回ってなかったけど「♪僕の記憶が全て消えても~」の振りも5人そろってちゃんとやってました!

「NEWSニッポン」では、綺麗なフェイクが聞けて、感激!この時も、テレビの前のサトシックの歓喜の姿が見えました(笑)
歌い終わったあと、大野さんはカメラに向かって、蛇拳のような妙な動きをしておどけているのがオンエアでも確認出来たと思います。

【初夢2ショット】ベスト5発表の間、司会の嵐はメインステージの隅に上がったままでした。
でも、途中から松潤と大野さんがいなくなったので、もしかしたらこの2人は翔さんに続き、ベスト5に入っているのかも!?とドキドキ。

見事、第4位に「東山紀之・大野智」でランクイン!
やった~\(^o^)/ でもここまでは、やや想定内。
驚いたのは、選曲が「日本よいとこ摩訶不思議」だったこと。
…と思う間もなく、ヒガシ先輩がローンダート&バク宙で登場したこと\(◎o◎)/!

東山さんと大野さんがアクロバットでクロス!
これには会場も、ものすご~く湧きましたよ
そして貴重な上ハモも聞けて、本当に幸せすぎます。

歌のあと、大野さんが茶目っ気たっぷりに東山さんに背中を預けて、先輩もそれを受けてくれたのも嬉しかったのですが、
私はぜひ智ファンにお伝えしたくて、これを終演後に呟きました。

この様子は嬉しいことに後日、ZEROで見せてくれましたね!


このカウコンの様子は、ヒガシさんの奥様も見ていらしたようですね!
ヤックンのブログにありました⇒http://ameblo.jp/yakumaru-hirohide/entry-12113583496.html

第3位の河合くんの松潤のモノマネ。
これ、2008年の上海公演でも見ました。
2008年のアジアツアー、上海公演の時だけ、バックのJrが、当時デビューを控えていると噂される、Kis-My-Ft2とA.B.C-Zで、彼らのパフォーマンスコーナもあったんですね。
その時に、みんなにそそのかされて河合くんちょっと披露してくれました。でも2ショットではなかったので、今回は貴重でした。


【モンキースリー】

そういえば、今回も年越しの瞬間は大野さんだけにロックオンしていましたが、とくに変わったことはしていませんでした。
強いて言えば、隣にいたニノとちょっと会話を交わしていたかも。

初夢2ショットの時に、大野さんは出番が終わっても、舞台裏に行ったまま司会に戻ってこなかったので、最初は、もしかして、ベスト3にもう一度入ってるのかも?なんて欲張ったことを考えてしまいましたが、
すぐに、年男の袴に着替えてるんだと思い直しました。

オンエアが終了したあと、東山さんとアツヒロさんを除いて、全員そのままステージに残っていました。
そして翔くんが「オンエアでは時間がなかったので、改めてみなさんに今年の抱負をお聞きします」とういことで、
お兄さんグループからデビュー順にインタビューしていき、抱負を語ったグループから退場という段取りになりました。

KinKi Kidsの順番になり、抱負を尋ねても
「岡田~、こんなになっちまって!岡田~」とモンキー3の岡田くんのパネルにばかり絡んでまともに答えてくれません(笑)
翔くんが懲りずに尋ねても「いいの?俺らに喋らせたら終わらないよ?ずっとしゃべっちゃうよ?それでもいいの?」
「いや、それはそれで困ります」
とまともにインタビューが進まない中、
光一くんが「自分が年男の時は、カウコンの中継がなかったからこういうのなかった」とこぼすと、
それまで無言だった大野さん、
すかさず(自分の猿耳を)
「付けます?」  「要らん!」
大野さんナイス!

そして、各グループすべてにインタビューが終わり、ステージには嵐だけが残りました。
ちなみに、パネルの岡田くんは、ジャニーズWESTの重岡モンキーが一緒に連れて帰ってくれました。

翔くんが「改めて年男の大野さん、今年はどうですか?」って振ってくれたんだけど、
「(カウコンでの)年男ってこんな感じなのかぁ」みたいなことを言っていて、今年の抱負で〆というよりちょっとグダグダになってしまった感が(^^;
松潤が「今年は嵐もアリーナツアーやります!」って付け足してくれました。

そして最後の最後に捌けていくところで、大野さんは翔くんに促され(Sexy ZoneのSexyバイバイからの流れで)
振り返りざまに「sexyモンキー」と言い置いて去っていきました。


今年のカウコンは嵐ファン的に、テレビで見ても会場とまったく同じように楽しめたと思います(ほぼオンエアに乗っていた)
そして大野さんファンにとっては、本当に中身の濃い、特大のお年玉でした!!

6年ぶりに参加しましたが、2006年にはじめて参加した時からずいぶん様子も変わりました。
2006年に初めて参加した時は、ちょうどNEWSが飲酒騒動の謹慎期間が解けて、まさにカウコンで活動再開をした年でした。
それから4年連続でカウコンに行ってたわけですが、山PやKAT-TUNが人気絶頂、もちろん赤西くんや田中くんもいたし。
関ジャニ∞も人気上昇中。錦戸くんは関ジャニとNEWSの間を行ったり来たりしてた。
そして当時のカウコンといえば、お馴染み「修二と彰」。
後輩たちの勢いに押され気味の状況の中で、嵐が司会として抜擢され、台頭して行く様子もリアルに見てきました。
2008年当時のブログにも書いたのですが、
全出演者全員でマッチのミッドナイトシャッフルを歌っているとき。曲の途中で丸型のセンターステージが、ウエディングケーキのように3段にせり上がり、
気づいたら、ガツガツした後輩はもちろん、先輩たちよりも上の、TOPの段に立たされているのは、大野さん・翔くん・潤くんの嵐3人でした(注・ニノと相葉ちゃんは年男紹介の為に、別の場所にスタンバイ中)
あの時は、ジャニーズの中でトップに祀り上げられることに勝手に恐怖を感じていました。
今は、安心してみていられるし、嵐自身も、先輩や後輩から信頼を得ているような気がします。

あの当時と違うのは、勢いのあった後輩グループの構成がずいぶん変わってしまったこと。
会場で田口くんは、脱退については特に触れずに平静を装っていましたが、KAT-TUNの乗った大トロが回ってくるときには、客席のあちこちから「田口!田口!」と悲痛な呼び掛けがたくさん起こっていました。
そして飛び入り参加の山P。奇しくも「修二と彰」の再結成は私の参戦と同じ6年ぶり。

あの山Pがオンエア後の挨拶で言っていました。
「2年間、音楽活動をしていなかったので、キャーキャー言われることがなくなって、今日は久しぶりに嬉しかった。」って。
そして客席に請いました。
「お願いがあります。もう一度、みんなで“山Pって呼んでください”」って。
会場の「山P!」の呼びかけに、「ち~ん」ってお坊さん(月9ドラマ)のポーズで答えていましたけど。

年が明けて、ジャニーズの世界にもいろいろなことが起こっていますが、
嵐というグループが変わらず存在してくれているのはありがたいことですね。
そして、やっぱりジャニーズのタレントというのは、個人活動においても、CD発売やライブなどのグループ活動があってこそ、というのがわかります。

大野さんファンとしては、年末年始~春にかけても楽しみしかないので、今はその幸せを満喫しましょう。

Johnny's☆Countdown2007→2008レポ
過去記事 ⇒ コチラ
Johnny's☆Countdown2008→2009レポ
過去記事 ⇒ コチラ
Johnny's☆Countdown 2009→2010レポ
過去記事 ⇒ コチラ
関連記事
スポンサーサイト

<< 01/22のツイートまとめ  TopPage  大野智、後輩と協力プレイ!パズドラCM >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/926-c7163762




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad