+++徒然かたり+++嵐・大野智さん

嵐のリーダー・大野智さんについて、こっそり語ってます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< お誕生日おめでとう♪  TopPage  AAA2008in上海その1 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/94-5e67215f


AAA2008 in上海その2

arashi marks 
ARASHI 
ROUND ASIA2008
in SHANGHAI

(2008.11.15~16)


AAA2008 in上海その1 は⇒コチラ


2日目の16日。
ホテルの部屋から会場を見ると、昨日のこともあり、朝8時すでにグッズ売場に列ができていました。
販売は13時からということだったので、この日は16時頃、観光からホテルに戻ってすぐ、会場に行ってみました。
グッズ売場の列が直線で1列だけでしたので(混んでいる時は何重にも折返しさせられている)
チャンスとばかりにすぐに並びました。
結果、その後には列ができることはなく、これ以降は待たずに買えたようです。
開演時にはグッズ販売そのものが終了していました。
上海では、うちわ・クリアファイル・タオル・ステッカーを購入。
レートの関係もあるのでしょうが、日本で500円シリーズのグッズが、こちらでは720円相当。
フェイスタオルは2000円相当。高いです


2日目、ワタシ的に特筆すべきは、やはり大野さんの Happy Birthday song でしょう

毎年、夏のコンサートで潤くんのバースデーをお祝いしてきたし(今年は24hテレビで直接にはお祝いできませんでしたけど)、今年は福岡でニノのバースデーもお祝いできました。
でも、この智くんのバースデー時期にコンサートがあることって珍しいですよね。
2年前のソウルでもファンがバースデーソングを歌ってお祝いしたみたいだけど、私が参戦した回ではありませんでした。
今回、このチャンスを逃さずお祝いする気満々で、『お誕生日おめでとう♪うちわ』を新調していきました。

・・・と言っても、私に何の計画があるわけでもなく、漠然と会場でバースデーソングを歌うだろう・・・くらいしか考えていませんでした。
ただ、台湾や韓国の方々の情報網や熱さはすでに重々承知していますが、上海(中国)での客席の反応ってほとんど未知でしたから、日本人やオフィシャル参加者が頑張っても、どうかな?という懸念もありました。


でも2回目のアンコール『Beautiful days』が終わって、メンバーが捌けた後、
正面スタンド方向から、きれいに声が揃ったバースデーソングがサラウンドステレオのごとく、メインステージすぐ横の1階スタンドの私の席まで、聴こえて来たんです!!
もちろん私も、すぐに乗っかりましたよ。
みんなの声がステージ裏の大野さんの耳に届けと願いを込めて、何度も何度も繰り返しました。
すると、バーンと音響がなり、ファイトソングの前奏に合わせてメンバー登場
ファイトソング、大好きだしめっちゃ盛り上がったんだけど、そのままバースデーには触れずにメンバーは退散・・・・。


客席はさらに大きく揃った声で、再びバースデーソングを歌います。
私も、祈りを込めて一生懸命に歌いました。
「どうかどうかこの会場が一体となって気持ちを込めたバースデーソングが、大野さんや嵐メンの耳に届きますように。神様・仏様・松本様・・・・・(^人^ (^人^ )」

すると、ステージ中央のセットの真ん中(登場口)から、押し出されるように、ぴょこんと大野さんの姿が現れました。
ステージ前方まで出て行き、照れながら、会場の歌声にあわせて指揮をとるようなフリ。
ワンフレーズ終わったところで頭を下げて
「どうもありがとう。まさか上海で誕生日を祝ってもらえると思ってなかったから。忘れられない思い出になりました」

客席が一体となって歌うバースデーソングに包まれて、ひとり恥ずかしそうにステージに立っているリーダーは、ちょっぴり頼りなげにも見えたけど、見ていて私はとても幸せでした。
日本、中国、そしてアジアの各国から集まったファンがみんな一体となってお祝いしてくれている。
大野さんが今日までずっと嵐の一員であったこと、そしてその嵐が10年目を迎えてここにあること。これからも5人で一丸となって前進してくれること。
今回は、たまたま大野さんのお誕生日だけど、なんか客席みんなが、メンバーひとりひとりと嵐の存在すべてに感謝しているように感じました。

ちょっと間を置いて、後から他のメンバーも拍手をしながら登場。
「ほら、みんないろいろお祝いしてくれてるよ。あの辺なんて“リーダー、ちょっと早いけど48歳のお誕生日おめでとう”って書いてある」
と、ニノのジョーク。
「それはちょっとどころじゃなくて、早すぎだろう。」とひっそりツッコンでみる私。


では、みなさんにお返しにもう1曲。せっかくだからリーダーから曲のタイトルコールを・・・
「じゃぁ~みんな~いくぞ~!最後はこの曲ぅ~五里・・」
結局、言い切る前にジャーンと音が入ってしまい、大野さんらしくグダグダの仕切りに。
もちろんめっちゃ盛り上がりました。
最後の最後、メンバーは互いに「っした」「っした」(ありがとうございしたっ!、お疲れ様っした!の超短縮形みたいな感じ?)と挨拶を交わし、ひげダンス(アラフォー世代はわかりますよね?)の手のひらを上に向けたような動きをしながら、やけに楽しそうに捌けて行き、みんな大満足でAAA2008のオーラスは幕を閉じました。


今回、いつもの嵐コンの相方X(エックス)の他、嵐コンは初めてのお友達Yさん、うちのダンナさんと4人で参戦しました。嵐コンがはじめてのお友達は、相方同様、10年来の猿○石のファン仲間(通称:さるとも)です。
イベントがあるごとに集まってわいわいやってる飲み仲間であります。
さるともも毎年、海外オフィシャルツアーに行っていました。海外ツアーや遠征などでの最小単位(ホテルのツインルーム)になると、Yさんは相方Xの相方です。
Yさんはここ最近、キムタクにハマり、つい先日、東京ドームで初SMAPコンサートを体験しました。
そんなYさんの、初嵐コンを見ての感想。
「5人とも、同じように声援があるんだね」
私「そうだよ、嵐は誰が1番っていうのはないから」
潤くんファンの相方Xは、よく「潤様と翔くんは嵐のツートップだから」って言ってるんです。
だからYさんもそういう目で見てたのかな。
たしかに一般の人が嵐を外側から見ると、それは納得だと思います。
潤くんの人を魅せる美貌や引力、翔くんの品があって多才な面など、数多いジャニーズのアイドルグループの中から“嵐”というグループを際立たせるのに、多大な貢献をしていると思います。
でも、嵐を内側から見たら、それだけが魅力のすべてじゃないということはわかってもらえるはず。

私個人としては、嵐のメンバーは、ひとりひとりそれぞれに1番を持っていながら同時に残念な部分も持っていて。そのひとりひとりのアンバランスな部分こそが、嵐のバランスの良さだと思うのです。
もし5人の中で1人か2人だけ、すべてが完璧で非の打ち所のないメンバーが存在したら、このバランスの良さはなかったと思う。
そして何より、5人がそれぞれの長所を一番よく理解していて、バラエティー番組だったり、MCだったり、コメントだったり、その瞬間に誰をフューチャーすれば嵐として一番ベストかということをわかっていてるところ。

2日間のステージを見終えたお友達Yさんの感想。
「5人が、それぞれみんな一生懸命で、かわいくって5人全員抱きしめたかった」


関連記事
スポンサーサイト

<< お誕生日おめでとう♪  TopPage  AAA2008in上海その1 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://mados.blog96.fc2.com/tb.php/94-5e67215f




Copyright ©+++徒然かたり+++嵐・大野智さん. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。